Posted by JET   0 comments   0 trackback

「この日記の歩き方(2006)」


にょいにょい。
イヤ今さらなんですが。コレはいったい何なのかということをですな。
まずもってこのページはTooShyShyBoysサブメンバーであるところのJETによる読書感想日記です。
主たる対象は少女小説を主力とするライトノベル、少女漫画、レディコミ(女性向け漫画)あたりですな。たまに思いついたようにギャンブル漫画とか野球漫画とか良くわからないエッセイとか読むことも無いではないですけどね。でもそれはまぁ例外的な。
んで、一度買った本をもう一回買っちゃったりとかしないように、作者名とレーベル名で検索できるようになってます。短期記憶能力と長期記憶能力に難のあるワシにはちょっと便利。
それにプラスして、ワシ的なお気に入り度、を、5段階で表示しております。すなわち松竹梅餅毒。それぞれのニュアンスはこんなカンジです。


【松】 : 傑作。コレの良さについて誰かと語り合いたい(しかし友達が居ないのでなかなかそうもいかない)。あなたに会えて、よかったね、きっと、私。相撲で例えるなら呼出し 寛吉。

【竹】 : 佳作。相手を選んで是非お勧めしたい(しかし友達が居ないので(ry))。費やした時間・金額、それを凌駕して楽しめた。読むに値する。スーパーマリオで例えるなら1upキノコ。

【梅】 : ワシ的に面白かった。しかしコレを余人に勧めるのは果たしてどうか。イヤ面白いよ? おもしろいんデスケドネー。料理で例えるならコンニャク入りカレー。

【餅】 : 凡作。そもそも語るべき言葉がない(しかし友達が(ry))。強いて言い表すと、どうにも興味が持てないタイプ。おしゃれイズムで例えるなら森泉のポジション。

【毒】 : ××。この作品の××っぷりについて誰かに語って聞かせたい(しかし友(ry))。むしろその××ぶりに価値を見いだしたいタイプ。エリザベス宝石で例えるならMr.デーブマン。


というカンジでひとつ。

あとねー、お勧めってさぁ、相手あってのことだと思うのよねー。
本を勧めるってのはひとつの対話であって。相手のことを知らないと出来ないことだと思うのね。当たり前だけど。ワシが今までの……年の人生の中で誰彼かまわずお勧めして然るべきと思ったのは「ぽっかぽか 《深見じゅん:YOU COMICS DX》」だけですなぁ。
あとはほら、ヒトによって合う合わないあるしねぇ。正直、相手の好みがわかってればワシ的に餅判定であっても充分お勧めする余地はあったりするわけで。まぁ好みもいろいろですからなぁ。
まぁそんなワケで、「ワシ的お気に入り度」は本の評価とかとしてはワリとアテになりませんよ、ということが本題なのでした。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tooshyshyboys.blog91.fc2.com/tb.php/729-efef7301