FC2ブログ
Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「お約束コンサルタント 鈴木王道(2) 《高津ケイタ:YOUNG KING COMICS》」



にょいにょい。
どうも、ワシです。

イヤですね、友達のいないワシでございますから。
そうちょくちょくあると言うほどでも無いんですが、まぁ、独りで外で呑む、というシーンもあるわけですよ。主に一人旅の夜に、とかですが。

んでね、独りだからまぁ当然のように、居酒屋でカウンターに座らせられるわけですよ。
まぁネット見ながらちまちま呑んでたらですな、同じカウンターのカップル、今風に言うとアベックが、若干声が大きくて聞くともナシにぜんぶ聞こえるんですよ、やりとりが。
もうね、サントリーサタデーウェイティングバー。
聞こえてきた情報を整理すると(そしてワシの願望をアレして勝手な設定も脳内で付け加えた結果)
まぁ、カップルの男女をそれぞれ「星彦」と「里美」と仮定しますわ。
・居酒屋マスターと星彦と里美は三人幼なじみで腐れ縁。
・全員同級生で30くらい。いやもっと若いかも。
・マスターはモテモテの学生時代だったけど星彦はそうでも無かった。
・里美は自称腐女子。
・里美がイケメンに振られると星彦はやけ酒につきあわされる。
・星彦曰く、酔いつぶれた里美を負ぶって家まで連れて帰ったら里美の親父さんに怒られたのは理不尽だ
……などなど、イヤもうここ数年のアバンティ風聞き耳独り酒の中でも5本の指に入るくらい面白い。
イヤ勝手に脚色してるけど。
あだち充か!…いやいや、あだち充はこんな話になるはず無い、どっちかって言うと星里もちるだな、とか。コレ月9だったら3ヶ月後にハッピーエンドになるから良いけど、花王愛の劇場でこの設定だったら今後どうなるかなぁ、とか。もうね、スマホ見てる場合じゃ無いwww
もうね、独り酒のコミュ障がついつい横から口挟んじゃいましたよ。
どう言う話の流れか、里美がシークァーサー果汁100%をグラスでぐいっと煽った結果、ペケの頃の新井理恵の効果音的な「ぶぼぁっ」とか言ってむせたんですわ。星彦大爆笑。
「おまえ豚の鳴き声みたいな音出してんじゃないよ」とかいって。
さすがにそれは良くない、幼なじみとは言えたとえがひどすぎる、と思ってですな。
「いやいや兄さん、それは良くない『豚みたい』は良くないよ。もっとちゃんとこう、『子豚みたいにカワイイ鳴き声』とか、そういう表現にしないと」

と、言う話が、すげぇ面白かったんですが、会社で披露するような話でも無いし、どうにもこうにも言う相手がいなくてですな。ワシ友達居ないし。かてて加えて、酔いが覚めてから振り返ると、言うほど面白い話でも無い(酒の席での面白い話なんて言うのはまぁそんなモンですが)
で、披露する場として思い出したのがここ、このブログなのです。
マジか。

お約束コンサルタント 鈴木王道 2巻 (ヤングキングコミックス)
「お約束コンサルタント 鈴木王道(2) 《高津ケイタYOUNGKINGCOMICS》」
てな訳で。帯は「ベタとは先人の残した遺産。偉大なる人類の叡智。」
あらすじ的には「人々の悩みを「ベタ」を駆使して解決するお約束コンサルタント。あらゆる難題を『ベタ』で解決し続ける所長の鈴木はいったい何者なのか、その異常とも言える能力の源泉とはいったい……」とかなんとか。
まさか2巻が出るとは思ってなかったww
1巻の段階ですでにそこそこ風呂敷広げてたので、こんな漫画で大丈夫なのか…なんて勝手に不安視してたんですが。案外きっちり終わったのでびびるわ。
【梅】

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tooshyshyboys.blog91.fc2.com/tb.php/1699-50b95b6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。