FC2ブログ
Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「口入れ屋お千恵繁盛記(1) 《桑島かおり:富士見新時代小説文庫》」


にょいにょいにょいん!
あけましておめでとうございました。
旧年中はいろいろとお世話になりました。本年も一つよろしくお願いします。
お世話した覚えの無い方は今年こそひとつよろしくお世話してあげてください。
いやぁ、今年の年末年始は怒濤の8連休をいただきまして。たぶん、学校卒業してから初なんじゃ無いかな。すごいわ、八連休。会社なくなっちゃったりしないのかな? こんなに休んで大丈夫なのかな。
まぁ、んで、ほら、ワタクシ、トモダチ居ない派閥の生き物じゃ無いですか。
なので、まぁ連休中も独りであちこちフラフラしてたんですが。
ショッキングな事案が発生しましたよ。
なんと、十和田にこの店ありと言われた(?)本格中華家庭料理の夢蘭が無くなってる!!!!!!
マジカヨ……。
あそこの汁無し担々麺がちょー旨かったのに……。
ワシはこの先、どこで担々麺を食えば良いんだ……。県南界隈で、いわゆる陳麻婆豆腐とか汁なしの本格系担々麺を心安らかに食える店が無くなったぞ。
……
二戸か盛岡に遠征しないと駄目かなぁ。
どっか気軽に行ける近所にねぇかなぁ、汁無し担々麺。

口入れ屋お千恵 繁盛記(一) (富士見新時代小説文庫)
「口入れ屋お千恵繁盛記(1) 《桑島かおり富士見新時代小説文庫》」
てなこんなで今年一発目はコレ! 帯は「新創刊!! 女が女らしく生きるための答えは口入れ屋“百合花”にございます」とのことで。あらすじ的には「深川は三好町に店を構える小さな口入れ屋“百合花”。女人専門のこの口入れ屋の女将は訳あって町人に身を落としたもと御家人の娘、お千恵。今日も今日とて明日の生き方に悩む女性たちが暖簾をくぐる……」とかなんとか。
コレね、新創刊なんですよ。富士見書房がお送りする時代小説レーベル。
まーなんてんですかね。
創刊の作家陣のラインナップを見ると一目瞭然というアレもありますが。
時代小説共和国がその裾野を広げるために荒れ地を開墾し始めた、というようなことでは無く。
ライトノベル帝国がその勢いをかって時代小説共和国の領土にどやどやと攻め込んできた、という風情ですな。
いやホント、コレライトノベルだわ。
いやね、ワシ、小説は所詮小説だから、どんな無茶な話でも、別にそれはそれで良いと思ってる派閥の人なんですけどね。でもさ、それなりに、作中に相応の説得力とか説明とかが必要だと思うんすよ。
女将の世間知らず加減もさすがにちょっとあんまりすぎるような気もするし、その世間知らずお嬢のお千恵さんが進退窮まって、結果口入れ屋って言うのも、もう一つ説明がほしい気もするし。組合的なモノとかなんかないのかね。
全体的にご都合展開のライトノベルといった風情で、ガチ感が少ないんですが、コレはコレでってカンジなのかな。ただコレ、こんなカンジだと、売れるのかなぁ。いまいち客層が見えないというか、不安。
【梅】

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tooshyshyboys.blog91.fc2.com/tb.php/1686-51f1fc96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。