Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「コロロギ岳から木星トロヤへ 《小川一水:ハヤカワJA》」


にょいにょいにょい。
いぇー。今日は休みだったんだぜー! どうしたって言うんだ!? 土曜だというのに!?え、土曜日に休んで罰当たらない? だいじょうぶ? 大丈夫だよね、だって土曜だし?

バチ、当たりましたwwww
まさかのパンクw 朝からスペアに交換したりタイヤ屋に行ったり。キツイわぁ。
タイヤ屋さんといろいろ相談した結果、ニュータイヤに交換することに。
いやぁ、やっぱりニュータイヤは良いなぁ。

コロロギ岳から木星トロヤへ (ハヤカワ文庫JA)
「コロロギ岳から木星トロヤへ 《小川一水ハヤカワJA》」
てな訳で今日の獲物はコレ!! 帯は……えー。帯いる?
「『天冥の標』をご愛読いただいている皆様、おつかれさまです。第Ⅵ巻『宿怨 PART3』まで読んで、いやもう、とてつもなく面白いんだけど、あまりの展開に居たたまれなくて、ちょっとこのあたりで小休止を、という方向けに、さっくり読める短めの長編を一冊書き下ろしていただきました。それもコミカル版の『時砂の王』とも言うべき時間SFなんですが、楽しく驚きながら読んでいるうちに不意打ちのように」とのことで。なげぇよ。長すぎるよ。
いやぁぁ、いかにも小川一水らしい小品ですな。面白かった。小川一水の長編と言えば、やれデウス・エクス・マキナだとか、やれご都合主義だとか、まぁそんな見方もあるじゃないですか。
でもほら、コレはすごいわ。
デウスがエクスマキナしてないもん。突然出てきたりしない、ちゃんと最初からいる。すげぇわ。小川一水の、一つの完成形なんじゃないだろうか。
すばらしい、と言えると思う。
【竹】

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tooshyshyboys.blog91.fc2.com/tb.php/1668-61d54f42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。