Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「銀砂糖師と金の繭-シュガーアップル・フェアリーテイル- 《三川みり:ビーンズ文庫》」


にょーいにょいん。
いやー、まいったね。なんかしんないけど、いっそがしいわぁ。
すっげ気温低くてですね。尋常じゃない寒いんですけど。それより何より乾燥がきつくて。
龍角散ののどすっきり飴、大活躍です。

シュガーアップル・フェアリーテイル  銀砂糖師と金の繭 (角川ビーンズ文庫)
「銀砂糖師と金の繭-シュガーアップル・フェアリーテイル- 《三川みりビーンズ文庫》」
てな訳で今日の獲物はこれ。帯は…あれ、コミカライズのお知らせなのでパス。あらすじ的には「ラファルの剣に貫かれ、命を落としかけたアンはついにシャルに告白。エリルの力によって一命を取り留めるが、しかし命を拾った代償に砂糖菓子職人としての感覚を失ってしまう。アンは一から修行し直し再び砂糖菓子を作ろうと意気込むのだが……」とかなんとか。
いやー今回は、なんか、全員が全員、立ち位置を確認した、と言うことでよろしいのではないでしょうか。いかったねー。
アンの職人っぷり、シャルの妖精王っぷり、エリオットの銀砂糖職人っぷり、ブリジットの乙女っぷり、グレンさんのベテランっぷり。なかなかです。ミスリルの覚悟もすばらしい。いや、単なるコメディリリーフかと思いきや、前巻からのこのかっこよさ。惚れそうです。
【松】

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tooshyshyboys.blog91.fc2.com/tb.php/1627-c08af96c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。