Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「一華後宮料理帖(2) 《三川みり:角川ビーンズ文庫》」


にょーいにょいー。
いやぁ、なんというか、年を取ったせいか最近メンタルが弱っております。
フィジカルはかなり前から弱っております……
健全なメンタルを維持するためには、やっぱ、軽い運動からしないといけないのかしら。

一華後宮料理帖 第二品<一華後宮料理帖>
「一華後宮料理帖(2) 《三川みり角川ビーンズ文庫》」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「『この気持ちは、決して許されない----』 『食』を愛する皇女の中華後宮記、第2弾!!」とのこと。あらすじ的には「明来告知。妃嬪の序列を決めるこの一大儀式を前にして、後宮はぴりぴりとした緊張感に包まれ始める。儀式をつつがなく終えるため、四夫人達を落ち着かせよ、と命じられた理美と朱西は四夫人達に夜食を提供するのだが……」みたいなカンジ。
いやなかなか。三川みりですなぁ。
1巻読み終わった段階では「なんだこりゃこりゃ」と思ったりもしたんですが、さすがの三川みりというか、なんか面白いんだよなぁ。シュガーアップルフェアリーテイルも入り口は妙にふわっとしてたのに、中身はかなりしっかりしてて、読み進めるごとに手応えにびびる、みたいなカンジだったんですが。
この一華後宮料理帖、2巻にしてすでにそんな手応えを(ワシが勝手に)感じとりつつある。
3巻も買ってあるからなるべく早く読もう。
コレ、多分だけど、もうラストまでの道のりがある程度かっちりできあがってるんだと思われるんだけど、あまり引き延ばさないで作者の思惑通りやって欲しいなぁ。
それと、関係ないけど、少女小説ってのは巻数表記できないしきたりでもあるのかね?
【梅】

スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「かわいいひと(4) 《斉藤けん:LaLaHC》」


にょいにょーいー。
いやぁ、スピリッツあるじゃ無いですか。ビッグコミックスピリッツ。正式な発売日は月曜日でありますが。
平成も29年目ともなると、この片田舎でも発売日に週刊誌がやってくるんですが。
イヤさ、やってきていたのですが。今までは。
どうもここ最近、月曜日に見かけないんですよ。月曜日、朝探しても昼探しても夕方探しても、いっくら探しても見つけられない。
イヤ別に、火曜日に読めるんで良いですけど。


かわいいひと 4 (花とゆめCOMICS)
「かわいいひと(4) 《斉藤けんLaLaHC》」
てなこんなで今日の獲物はこれ! 帯は「かわいい(死神顔の)お花屋さんは好きですか? 死神系男子のピュアラブコメ☆」とのことで。あらすじ的には
・今は少しお太りになられた
・みたいじゃない 天使だ!
・鈴木家で客人に肉を焼くのは歓迎の証だ!!
の三本立てで。なぜかみんな鈴木兄ww
もうさぁ、こんな、ただかわいいだけの少女漫画なんて許されるの!? くっそ、花園くんも日和ちゃんも可愛すぎるだろ……。。
日和パパの籠絡されっぷりもハンパ無いし。
こんな真正面から正攻法の少女漫画、久々に読んだけど、いやぁすげぇなぁ。
日和ちゃんがたまに攻めっ気出してくるところ、ホントかわいいよね!
【松】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「これは経費で落ちません!(2)-経理部の森若さん- 《青木祐子:集英社オレンジ文庫》」


にょいにょい。
職場が変わったとか、季節が変わったとか、あるいはなにが変わったのかよくわかりませんが、どうもこう、残業が減りそうです。
んで、ぼちぼちこの北国も春めいてきてですな。
だから、すこしは気力が続くんじゃ無いかなぁ。などと、自分に期待しているわけです。
あと、自由な時間が増えた結果、何ら生産性のある何かをするでも無く、amazonプライムビデオとか見ちゃってるダメ人間。

これは経費で落ちません! 2 ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)
「これは経費で落ちません!(2)-経理部の森若さん- 《青木祐子集英社オレンジ文庫》」
てな訳で今日の獲物はこれです。帯は「その経費、本当に必要ですか? 使える経費の多い社員は、たまに足を踏み外しかける----。経理女子の目線で見るお仕事ドラマ第2弾!」とのことで。
まぁ、今めっきり人気のこのシリーズ、さっそく読んでみましたが、いやー面白い。相変わらず森若さん仕事できるわぁ。つうか天天コーポレーションさん、みんな仕事できるよねぇ。
1巻の時は、ワリと「人間って、良い人もいないし悪い人もいない。ちょっとづつ良いしちょっとづつずるい」みたいな話だったんですが。今回はガッツリやらかしちゃってたりしますなぁ。
仮に職場に実際にいるとしたら、皆瀬さんも太陽も嫌いだわーwww
皆瀬さんみたいな人生の手練手管が上手なヒト、イヤだわーww そうしたら綺麗にトクできるのか。たいしたものです。
【松】


Posted by JET   0 comments   0 trackback

「お約束コンサルタント 鈴木王道(2) 《高津ケイタ:YOUNG KING COMICS》」



にょいにょい。
どうも、ワシです。

イヤですね、友達のいないワシでございますから。
そうちょくちょくあると言うほどでも無いんですが、まぁ、独りで外で呑む、というシーンもあるわけですよ。主に一人旅の夜に、とかですが。

んでね、独りだからまぁ当然のように、居酒屋でカウンターに座らせられるわけですよ。
まぁネット見ながらちまちま呑んでたらですな、同じカウンターのカップル、今風に言うとアベックが、若干声が大きくて聞くともナシにぜんぶ聞こえるんですよ、やりとりが。
もうね、サントリーサタデーウェイティングバー。
聞こえてきた情報を整理すると(そしてワシの願望をアレして勝手な設定も脳内で付け加えた結果)
まぁ、カップルの男女をそれぞれ「星彦」と「里美」と仮定しますわ。
・居酒屋マスターと星彦と里美は三人幼なじみで腐れ縁。
・全員同級生で30くらい。いやもっと若いかも。
・マスターはモテモテの学生時代だったけど星彦はそうでも無かった。
・里美は自称腐女子。
・里美がイケメンに振られると星彦はやけ酒につきあわされる。
・星彦曰く、酔いつぶれた里美を負ぶって家まで連れて帰ったら里美の親父さんに怒られたのは理不尽だ
……などなど、イヤもうここ数年のアバンティ風聞き耳独り酒の中でも5本の指に入るくらい面白い。
イヤ勝手に脚色してるけど。
あだち充か!…いやいや、あだち充はこんな話になるはず無い、どっちかって言うと星里もちるだな、とか。コレ月9だったら3ヶ月後にハッピーエンドになるから良いけど、花王愛の劇場でこの設定だったら今後どうなるかなぁ、とか。もうね、スマホ見てる場合じゃ無いwww
もうね、独り酒のコミュ障がついつい横から口挟んじゃいましたよ。
どう言う話の流れか、里美がシークァーサー果汁100%をグラスでぐいっと煽った結果、ペケの頃の新井理恵の効果音的な「ぶぼぁっ」とか言ってむせたんですわ。星彦大爆笑。
「おまえ豚の鳴き声みたいな音出してんじゃないよ」とかいって。
さすがにそれは良くない、幼なじみとは言えたとえがひどすぎる、と思ってですな。
「いやいや兄さん、それは良くない『豚みたい』は良くないよ。もっとちゃんとこう、『子豚みたいにカワイイ鳴き声』とか、そういう表現にしないと」

と、言う話が、すげぇ面白かったんですが、会社で披露するような話でも無いし、どうにもこうにも言う相手がいなくてですな。ワシ友達居ないし。かてて加えて、酔いが覚めてから振り返ると、言うほど面白い話でも無い(酒の席での面白い話なんて言うのはまぁそんなモンですが)
で、披露する場として思い出したのがここ、このブログなのです。
マジか。

お約束コンサルタント 鈴木王道 2巻 (ヤングキングコミックス)
「お約束コンサルタント 鈴木王道(2) 《高津ケイタYOUNGKINGCOMICS》」
てな訳で。帯は「ベタとは先人の残した遺産。偉大なる人類の叡智。」
あらすじ的には「人々の悩みを「ベタ」を駆使して解決するお約束コンサルタント。あらゆる難題を『ベタ』で解決し続ける所長の鈴木はいったい何者なのか、その異常とも言える能力の源泉とはいったい……」とかなんとか。
まさか2巻が出るとは思ってなかったww
1巻の段階ですでにそこそこ風呂敷広げてたので、こんな漫画で大丈夫なのか…なんて勝手に不安視してたんですが。案外きっちり終わったのでびびるわ。
【梅】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。