Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「高杉さん家のおべんとう(7) 《柳原望:MFコミックス》」


にょいにょいにょい。
いやぁ、ふらりとスーパーに寄ったらパイカが思いがけず安くてですね。思わず買ってしまったので、あわくって帰って何となく煮物にしました。
パイカとゆで卵の角煮風。
この、バラ特有のトロリ感と軟骨のコリコリ感の共存共栄っぷりがたまりませんな、パイカ。

高杉さん家のおべんとう 7 (フラッパーコミックス)
「高杉さん家のおべんとう(7) 《柳原望MFコミックス》」
てなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「空のお弁当箱を返したら…無口な彼女が、すっと笑った  おべんとうを通じて。ゆっくりと家族になるハートフルストーリー 最新刊!」とのことで。あらすじ的には
・今年の目標 学問と現場の両立
・主婦業じゃんそれ~~~~~
・あとは女性の気持ちも読み解けるようになるといいんだけど
の三本立てで。
いやぁ、ごめん。
この本で、はじめて、ハルっちキモイと思ったわww 「久留里のパンツ ない」じゃねぇよwwwwww 何やってやがる。
あと、丸宮兄の機を逃さないっぷりにほんのりむかつきますw なんだろ、なんつーか、鉄のハートっぷりがアレなのかな。
あとはまぁ、香山さんの旦那がこれから登場するのかな。楽しみっちゃ楽しみですが、もう久留里も高校卒業に向けて走り出してるんだなぁ。
【竹】

スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「革命は恋のはじまり-絡まる希望と途切れぬ想い- 《小田菜摘:B's-LOG文庫》」


にょいにょーいー。
いやぁ、ガリレオ、結局2-3回見逃しましたが、まぁまぁ面白かったですね。
ただ、最終回の聖女の救済、原作読んだときはかなり良かったんですが、なんか、ドラマだと、あらそ、っていうか……
まぁ、そこそこいろいろ違ったしな……
つか、ヌメロンが終わったあと番組が、まさかの人狼ww え、コレってテレビ番組になっちゃうの?
まぁ、ディプロマシーと違って胃が痛くなる系じゃないから、良いのかな。
ディプロマシーはやせそうになるほどつらくて、正直日常生活を送れなくなるけど。人狼は、普通に楽しいよね。

革命は恋のはじまり ~絡まる希望と途切れぬ想い~ (ビーズログ文庫)
「革命は恋のはじまり-絡まる希望と途切れぬ想い- 《小田菜摘B's-LOG文庫》」
てな訳で今日の獲物はコレ! 帯は「麗しの王太子殿下、ついに動く!!  鈍感カップルのじれったい恋に協力ライバル本領発揮----!?」とかなんとか。
あらすじ的には「国民皆義務教育の開始に備え、女性教員育成のための研修会が始まった。上流階級の女性ばかりが集まる研修会で、早速腫れ物扱いされるナクシュデルだったが……」とかなんとか。
王太子殿下、年相応の余裕の無さでちょっと安心したわww
つうか、今回はお兄ちゃんの印象が強すぎてリュステムって居たっけ、みたいな。いやゴメン、いたいた。話の流れとしてしょうが無いんだけど、アイハンの出番が少なくなったのががっかりですよ。
まぁでも、お姉ちゃんという最強の見方を手に入れて、次巻以降王太子殿下のイケイケの攻撃が見れるってことでしょうか。リュステムもなぁ。しょうが無いんだけど、もうちょっと頑張れw
あと、お兄ちゃん良いねwww
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「コロロギ岳から木星トロヤへ 《小川一水:ハヤカワJA》」


にょいにょいにょい。
いぇー。今日は休みだったんだぜー! どうしたって言うんだ!? 土曜だというのに!?え、土曜日に休んで罰当たらない? だいじょうぶ? 大丈夫だよね、だって土曜だし?

バチ、当たりましたwwww
まさかのパンクw 朝からスペアに交換したりタイヤ屋に行ったり。キツイわぁ。
タイヤ屋さんといろいろ相談した結果、ニュータイヤに交換することに。
いやぁ、やっぱりニュータイヤは良いなぁ。

コロロギ岳から木星トロヤへ (ハヤカワ文庫JA)
「コロロギ岳から木星トロヤへ 《小川一水ハヤカワJA》」
てな訳で今日の獲物はコレ!! 帯は……えー。帯いる?
「『天冥の標』をご愛読いただいている皆様、おつかれさまです。第Ⅵ巻『宿怨 PART3』まで読んで、いやもう、とてつもなく面白いんだけど、あまりの展開に居たたまれなくて、ちょっとこのあたりで小休止を、という方向けに、さっくり読める短めの長編を一冊書き下ろしていただきました。それもコミカル版の『時砂の王』とも言うべき時間SFなんですが、楽しく驚きながら読んでいるうちに不意打ちのように」とのことで。なげぇよ。長すぎるよ。
いやぁぁ、いかにも小川一水らしい小品ですな。面白かった。小川一水の長編と言えば、やれデウス・エクス・マキナだとか、やれご都合主義だとか、まぁそんな見方もあるじゃないですか。
でもほら、コレはすごいわ。
デウスがエクスマキナしてないもん。突然出てきたりしない、ちゃんと最初からいる。すげぇわ。小川一水の、一つの完成形なんじゃないだろうか。
すばらしい、と言えると思う。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「昭和元禄 落語心中(4) 《雲田はるこ:ITANコミックス》」


にょいにょーい。
いやぁ、蒸しますわぁ。ワシ、ちょいちょい言いますけど、とりわけ湿気に弱い生き物なので。
キツイ。
そんな中、今日は久々にお勝手に立って。
キノコとベーコンのXO醤炒め、キクラゲとニラ玉のスープ、レタスと山東菜とツナ缶のサラダっぽいの、と、お総菜のウニご飯。
なにより、ウニご飯うめぇ。

昭和元禄落語心中 4 ([特装版コミック])
「昭和元禄 落語心中(4) 《雲田はるこITANコミックス》」
今日の獲物はコレ。帯は特装判のアレなので捨て。あらすじ的には、、まぁいいか。
いやぁ、菊比古さんの幸薄いことったら。やっべぇ、好きになりそうですww
先代八雲の闇って言うか、過去のアレがね。まぁありそうと言うか、無難なところに落ち着いてほっとしたというか。みよ吉さんの心中がうかがい知れない分、なんか先代八雲のおっちゃんには安心したわ。
ホント、みよ吉さんなんなんですかね。
っていうか、小夏ちゃん(幼少ver)可愛いね。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「残月-みをつくし料理帖 《髙田郁:ハルキ文庫》」


にょーいにょい。
いやぁ、遂に入梅ですよ。
もうね、たった二日雨が降っただけで、路肩の草の伸び具合が半端ないww
目に見えて違う。
田畑にも恵みの雨になりましたかねぇ。

残月 (ハルキ文庫 た 19-10)
「残月-みをつくし料理帖 《髙田郁ハルキ文庫》」
てな訳で今日の獲物はコレ! 帯は「悲しみの雨は上がり、希望の光が降り注ぐ----  澪とつる家が迎える新たな日々。決意の第八弾!!」とのことで。あらすじ的には
・戯作者、朗笑する
・坂村堂、暴走する
・種市、覚悟する
の三本立てで。
いやーー! 清右衛門先生ステキ!! 断然清右衛門派の私でございますが、いや、もうね、男前すぎるわ。
比べて坂村堂さんの動揺っぷりったらアナタ。ある程度しょうが無いとはいえ、いや。
つかね、登龍楼さん、もう少しできる子じゃなかった?ww 急に小物っぽくなりましたが。いやもうなんというか、今後コレどうなるんだろう。摂津屋が積極的になんかしてくれるとも思えないしなぁ。
若旦那も、今後絡んでくるのかしら?
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ちはやふる(21) 《末次由紀:BLKC》」


ふわふわ。
いやぁ、ワシ、年に1回か2回くらいの頻度で、なるんですけど。
クロスワード雑誌買っちゃったww
やる暇なんか無いのにww
でも、ナンプレやってると落ち着くわー。そう、ワシは世界文化社派です。

ちはやふる(21) (ちはやふる (21))
「ちはやふる(21) 《末次由紀BLKC》」
てな訳で今日の獲物はコレ。帯は「信念が、こじあけた道」とのこと。あらすじ的には
・運命戦は 運命じゃない
・私のために!!
・バカ増えた----!!
の三本立てで。原田先生無双www やばい、格好いいわ。
今回はあまりに原田先生過ぎて机くん出番無し(いやあるけど)
とりあえず、小作くんは大石天狗堂の広告塔になれるのだろうか。しんぱい。
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「黄金旋律-旅立ちの荒野- 《村山早紀:PHP文芸文庫》」


ほにょほにょ。
いやぁ、忙しいですねぇ。世間様一般が忙しいのか、訳のわからない見積もり依頼とかもバンバン舞い込んできたりなんかして。なんだコレ、みたいな。
そういえば、日曜10時って、ネタ番組やってるんですね。まさか、八戸出身何とかのあどばるーんを全国ネットで目にする日が来ようとは。びびった。
案の定、箸にも棒にもかかってないカンジで微苦笑、というか。
どうなんですかね。
システム的に、あの番組から芽が出るのは不可能に近いと思うんですが。

黄金旋律 (PHP文芸文庫)
「黄金旋律-旅立ちの荒野- 《村山早紀PHP文芸文庫》」
てなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「『あの約束』を胸に、少年たちの冒険は始まる  『コンビニたそがれ堂』で話題の著者が描く、心震わせる温かな感動に満ちた物語」とかなんとか。「優秀な兄を亡くし、どこか軋んだ家庭で健気に頑張り続ける臨だったが、ある日、不自然な家族は遂にその限界に達し……」とかなんとか。
いやぁ、最初、どうなるのかと思いましたが。
まぁ、村山早紀らしいのかな。
何より、読み終わった段階で「え、コレまさか続くの?」って言うのがびっくりした。いやまぁたしかに、伏線回収してないし、順当に言ったら続くんだろうけど。なんかワシ、勝手に終わるテンションで読んでたから、なんか、ねぇ。
ソウタには頑張ってほしい。
【梅】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。