Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「毒舌姫と黄金の慈雨 《せひらあやみ:コバルト文庫》」


にょーいにょい。
まぁ、もう12月になろうかってところですから。
そりゃ、道路も凍結しますわ。
ワリと市内で交通事故多発です。
くわばらくわばら。

毒舌姫と黄金の慈雨 (毒舌姫シリーズ) (コバルト文庫)
「毒舌姫と黄金の慈雨 《せひらあやみコバルト文庫》」
てなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「“祝福の姫”の婚約は不幸を呼ぶ!? 婚約中の毒舌姫に受難が降りかかる!」とかなんとか。あらすじ的には「緊張すると心にもない毒舌を吐いて相手の触れられたくない部分を鞭打ってしまうという呪いに苦しめられるクリスタ。隣国の王子アロイスとの婚約を済ませ遂に社交界デビューしたモノの、下町育ちのクリスタにはなかなかなじめない。そんな中、クリスタの婚約は災いを呼ぶ、との噂が流れ出し……」とか。
不覚にもちょっと面白かったw まぁ、相変わらずお軽いカンジです。
「くさいものには蓋! というのが、我がノクトベルク国の政治理念なのです」とか、むしろ堂々と言われると格好いいわ、なんかww
正直、この話はここで終わった方が良いんじゃねぇかっていう気がするんですが、続き出るのかな、コレ?
【梅】

スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「縁談-独り身同心(1) 《小杉健治:ハルキ文庫》」


にょいにょいん。
ワシ、勿論のこと下っ端なので、まぁまぁお使い仕事とか多くて、日中、クルマで走り回ってることが多いのですが。
んで、クルマ乗ってるときはワリとRABラジオ聞いてるのですが。
今日の午後、なんか「あなたが冬眠するとしたら? 冬眠前はなにを食べたい? むしろ冬眠あけになにを?」みたいな話をしてたんですが。
(田舎の昼間のAMなんてこんなもんです)
いやさぁ、冬眠する世界だったら、いろいろ準備とか、必要だろうね。
「今年流行の冬眠アロマはコレだ!」
「忘れてない? 冬眠前の防犯対策チェック」
「あなたはどっち? タヌキ派?クマ派? 冬眠タイプ判断」
「花粉症対策はまずここから、冬眠前のケアをしっかりと!」
「自宅で冬眠はもう古い、隠れたオススメ冬眠の宿」
「寝坊じゃすまない! ハイテク目覚まし特集」
「プロが教える、太らない食い溜め術」
「歴史群像増大号~ナポレオンは3日しか冬眠しなかった!?」
「こっそり教える、冬眠メイクのコツ」
……
いくらでも思いつくね。

縁談―独り身同心1 (ハルキ文庫 こ 6-21 時代小説文庫 独り身同心 1)
「縁談-独り身同心(1) 《小杉健治ハルキ文庫》」
てなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「独り身同心 × 高貴な女 × 妖艶な女  2人の花の間で心揺れる同心・井原伊十郎。この男、無類の女好き!?」とのことで。あらすじ的にもそんなカンジで「北町奉行所の定町廻り同心、伊十郎は30過ぎてもまだ独身であることを上司に責められ、出戻りの美女との縁組みを強要される。縁談相手・百合の美しさに一目惚れした伊十郎だが、妖艶な音曲の師匠尾藤の魅力にも揺れ、さらに対決した女怪盗「ほたる火」の正体に気を揉み……」とかなんとか
いやー、伊十郎、意外とデキル子なんだが、いやしかし。
なんというか、まさかの「キャッツ・アイ」テイストww
おふじさんと百合さんが、なんか美人なのでむかつきますww
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「たいようのいえ(6) 《タアモ:デザートKC》」


にょーいにょい。
いやぁ、もう今年も1ヶ月そこそこですよ。もうね、仕事が忙しすぎてろくろく本屋にも行けないという緊急事態です。
普段なら一週間のウチに5回は本屋に行ってるワシですが、最近は2日に1回が限度、と言うか。
キツイ。
なんかねー、本屋行くたびに「買い逃しがあるんじゃないかなー」という得体の知れない疑念に駆られる

たいようのいえ(7) (KC デザート)
「たいようのいえ(6) 《タアモデザートKC》」
てなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「新しい想いが加わる。 相手の幸せも、自分の幸せも、両方かなえたい…だけど!? 大ヒット中! 年の差幼なじみの同居ストーリー!!」とかなんとか。あらすじ的には
・萌えの対象だと思ったらちょっと楽になっちゃった
・オレ…どうしてモテるんだろう
・古典的すぎて呆れている…!!
の三本立てで。
相変わらず、ちょんまめの魅力がよくわからない。
あと、目玉ってやっぱ強烈だな。なんか、真魚ちゃんの作ったプレゼントの包装、どんな花でも、どんな星でも、それなりに可愛くなりそうなのに、目玉がついただけでこの得体の知れないキモさ。たまりませんな。
あと実は、この巻は全編にわたって「杉本さん」でした。がんばれ。
あと、コロッケ短編、改まってしげしげと観ると、正直、コロッケの絵柄、可愛くないなwww
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「光の楽園(3)-十騎長サグディン-《涼原みなと:C☆NOVELS FANTASIA》」


にょいにょーいー。
気がつくと、もう11月ももう終わりそうです。
はー、年を取るたびに1年が速くなってきますなぁ。
そうそう。常々、新時代の時代劇、ヌーベル時代劇ブームが来るぜ、と言い続けているワタクシでございますが。
戦国鍋TVはそのそれじゃないですww
でもおもしろいよなー。
AKR47の「討ちたいんだ」、アレなんでまだカラオケに入ってないんだ……。
浅井三姉妹のAZAISMとアザイドロップはカラオケ入ってるので、今猛烈に聞き込み中です。

光の楽園III - 十騎長サグディン (C・NOVELSファンタジア)
「光の楽園(3)-十騎長サグディン-《涼原みなと:C☆NOVELS FANTASIA》」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「恩寵の地エデインを舞台に紡がれる列伝  辺境育ちの新米十騎長 禁忌の森への探索にかり出され……」とのこと。あらすじ、面倒だからパス。
ダリノック、ワリと序盤から、アレだなーと思ってたんですが、ははははは。
いや、定番と言えばありがちですが、しかし王道は良いモノだから王道たりえるのですよ。うんうん。
このシリーズの根底に流れる差別意識ってのがこう、ホント、ちょっとキッツイですよねー。それが常識になってるのがツライというか。
しかし、この列伝の本編にあたる本紀部分って、出るのかなぁ。ちょっと厳しい気もするんだけど、でもちょっと気になるんだよなぁ。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「囚われの歌姫-政変はウードの調べ- 《貴嶋啓:X文庫ホワイトハート》」


にょーいにょいにょい。
いやぁ、とうとう雪が降り、もうね、道路の混雑ぶりがハンパ無い。
今日は朝から夢の大橋で大型が7台だか巻き込んで事故、橋封鎖、とかでもう市内はパニックです
まぁそりゃ、11月ももう下旬ですから、そりゃあ雪も降るべってことですが。
先週タイヤ交換しといて良かったなぁ。

囚われの歌姫 ~政変はウードの調べ~ (講談社X文庫―ホワイトハート)
「囚われの歌姫-政変はウードの調べ- 《貴嶋啓X文庫ホワイトハート》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「運命の出会いは突然に! 切なさ満載のアラビアン・ラブロマンス」とのことで。あらすじてきには「帝国の第二宰相の娘でアリながら母の身分が低く、屋敷の中で虐げられていたセルマ。せめてもの気晴らしに、と忍んで出かけた街中で、不穏な会話を漏れ聞いてしまう。正体不明の怪しい男に、スパイと間違われて拉致されてしまうのだが……」とかなんとか。
意外と面白かった(失礼な表現)
正直、最初の、拉致されて尋問されて……のあたりはぜんぜんダメって言うか「コレじゃない」感がすげぇ強かったのですが。無理矢理系は嫌いなのです。
そこを乗り越えたら読めた。
ワリとアラビアンってところが珍しいですが、それ以外のところはいかにもホワイトハートってカンジで。
うん。良いんじゃないでしょうか。
ちょっとこう、本筋と関係ないあたり(海賊とか坊ちゃんとかそのおつきの護衛とか)のドヤ感というか、ちょっとこう、良いよそこそんな頑張らなくても、みたいなカンジは見受けられますが。
この作者の、全くの新作が期待されます。
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「信長のシェフ(5) 《西村ミツル/梶川卓郎:Houbunsya Comics》」


ほにょほにょ。
いやぁ、どうよ。時代劇ニューウェーブ、そんな時代が遠からず来るぜ、と口を酸っぱくして主張していたワシですが。
こないだの「みをつくし料理帖」、そして今やってる「猿飛三世」とか、すでにちょっとキてるなー、と思ってたんですが。
なんと1月から、よりにもよって金曜ナイトドラマ枠で「信長のシェフ」が連ドラか決定です!! しかも信長がミッチーwwwww
やっべぇ、ちょー観てぇww
もうね、本屋で週刊漫画TIMESの表紙観て、びっくりして二度見しちゃいましたよ。
楓さんまでキャスティングされてるので、いったいどこまでやるのかが気になりますが。

信長のシェフ 5 (芳文社コミックス)
「信長のシェフ(5) 《西村ミツル/梶川卓郎:Houbunsya Comics》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「強大な力を持つ宗教組織・石山本願寺。そこに奇妙な菓子を作る料理人がいるという。その料理人とはいったい!? 堺は信長様と共に滅びることになりましょう!」とのことで。あらすじ的には
・素直なやっちゃな… 気にいらん 気にいらんわ
・めしと同じ神聖な食べ物 弄ぶのはよくない
・それでも 死なないで欲しいとは言わせてくれないのですか
の三本立てで。
森可成、なかなかスポットの当たらない人ですが、格好いいわぁ。あと、楓さんの不遇っぷり。
今井宗久のゲスっぷりもたまりませんが。
まぁ、次巻の森様の死に様に期待大です。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「不器用な匠ちゃん(1) 《須河篤志:MFコミックスフラッパー》」


にょいにょいにょい。
あーもー仕事かたづかんわー
雨だし。ちょー雨だし。
なんかもう、いろいろと追い詰められた結果、現実逃避としてのクロスワードパズル。
しかもノーヒントナンクロ。

不器用な匠ちゃん 1 (フラッパーコミックス)
「不器用な匠ちゃん(1) 《須河篤志MFコミックスフラッパー》」
てなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「恋なんて無縁のものだと思ってた。 二十歳の初恋に戸惑う“指先☆ラブコメディ”! 手先は器用、女子としては不器用な歯科技工士・藍川さん。真面目に働く毎日の中、まさかのアレな出会いで秘密の趣味がバレちゃった!」とのことで。まぁあらすじもそんなカンジです。
まーアレだね。
作る系のオタクって偉いなぁ、と。
ほら、消費するだけのオタクとは、やっぱ人間としてのランクが違うよね。
まぁ物語だからしょうがないとは言え、藍川さんは詰めが甘すぎますww もうね、知らない人の前ではじけすぎ。「ククリ!」じゃねぇっつのww
ワシなんか、人前で少女小説の話なんかひと言たりとも口に出したことがねぇよw
それはさておき、結構展開早いですね、というカンジ。
次の巻で終わらせる気か?
【梅】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。