Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「革命は恋のはじまり-え?後宮解散ですか!?- 《小田菜摘:B's-LOG文庫》」


にょーいにょい。
いやぁ、あついあつい。
日曜日は! 県立美術館に行ってまいりました!
青森県立美術館は、常設展示の他に企画展もワリと定評があって。そのうち行こう、と思いつつも、まーなんだかんだ言って近くないですからね。
さっぱり行けてなかったんですがようやく。

最近の美術館らしさ、と言うか、建物そのものもアートだぜ、と言わんばかりの白亜の建物。んで、入り口が7つもありやんの。どうなってるんだ……
なんか係のおばちゃんに「コレどうなってんの」って聞いたら「どこからでも入れる、どこからでも出れる、と言う便利さと、不便さとがあるんですよ」って言ってました。不便……w
んで、県美の代名詞、常設展示の「あおもり犬」。 なんか、おあづけされてる感が、哀愁漂う……

実は結構でかい

と、あと、よくわからないけどたぶんコレもアートなんであろう、なんていうの、なんか倒れてるっぽいコンクリ
アートってなんなのか、さっぱりわからない


全体的には、面白かったです。
遠いけどww
最短距離を狙って山廻ってったけど、まぁ近くは無いわw まぁでも片道2時間弱くらいだから、思ったよりは早く着いたかな。

革命は恋のはじまり ~え? 後宮解散ですか!?~ (ビーズログ文庫)
「革命は恋のはじまり-え?後宮解散ですか!?- 《小田菜摘B's-LOG文庫》」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「『私の人生計画どうしてくれるの(泣)』----ドンカン元(?)寵姫とカタブツ少尉のどん底からはじまる……きゅんとじれったい恋」とのことで。あらすじ的には「オズトゥルク王国の後宮でしのぎを削り、遂に皇帝のお召しを受けたナクシュデル。しかしそのだいじな夜に……革命? 皇帝は国外逃亡? え!?」とかなんとか。
いやぁ、まさかの、小田菜摘 B's-LOGデビューです。
昨今流行の強気女子×鈍感男子、かと思いきや、奥手女子vs奥手男子、と言うちょっと新しい方程式でした。
シリーズ前提の話ですが、うーん、コレはどうかなぁ。
面白いけど、B's-LOGで人気が出るかどうかは微妙だと思うんだけど……
いや、この組み合わせは面白いし、今後のリュステムくんの活躍も結構楽しみなんだけど、シリーズとして上手く続く気がしないなぁ。
【竹】

スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「昭和元禄 落語心中(1-2) 《雲田はるこ:ITANコミックス》」


にょーいにょい。
あっちーわー。今日は真夏日だったらしいですよ。マジかよ。なんのために本州最北端とか言ってんだまったく・
TUTAYAでちょいちょいCD借りたりしてるわけですが。
杉良太郎のCDが無いんですよねー。なんでだ。
みんな聞きたいだろう、杉様。

昭和元禄落語心中(1) (KCx ITAN) 昭和元禄落語心中(2) (KCx(ITAN))

「昭和元禄 落語心中(1-2) 《雲田はるこITANコミックス》」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯はめんどくさいのでパスで。
いやぁ、すっげ面白かった!
与太郎くん良いなぁ。八雲師匠の男前っぷりと言い、いやぁ、たまらん。
正直、助六さんがいまいち好みでは無いのでwww 第二部はどうかなぁ、とは思うのですが。
でもいいなぁ。やっぱ、落語聞こうぜ落語。
TUTAYA、意外と落語のCD多くてうっはうはなんだぜ
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「月の影 影の海(上下)-十二国記- 《小野不由美:新潮文庫》」


にょいにょいにょい。
最近ちょっと忙しいから、ついついクロスワード雑誌とか熱心に取り組んだりしたりなんかして
忙しい時って、しょうも無いことやりたくなるよねw
ええ、現実逃避です。

月の影 影の海(上) 十二国記 (新潮文庫) 月の影 影の海(下) 十二国記 (新潮文庫)
「月の影 影の海(上下)-十二国記- 《小野不由美新潮文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は
上巻「絶対、帰るんだ! 平凡な少女の人生は、異界で知る裏切りや戦いで一変。生への執着が迸る、シリーズ本編第一作」
下巻「全てはこの瞬間のため! 裏切ること、信じることを知った旅。その果てに少女を待つ途轍もない「決断」とは。」
とのことで。
十二国記、3度目の刊行です。新装版です。正直、くるみ直しが大嫌いなワシですが。とは言え、これは買わざるを得ないだろうよ……
てなワケで、積読も山のようになっているにもかかわらず、再読しちゃったわけですが。いやぁ,やっぱ楽俊格好いいなぁ。たぶん、日本で一番男前なネズミだと思うわ。
つか、てっきり毎月連続刊行なんだとばかり思っていたら、次は9月かよ…。
こりゃあ、新作にたどり着くのはいつになるんだww
【松】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ラッキードッグBLAST(2) 《渦八:MFコミックス》」


にょーいにょい。
ううう。
暑い……。つか、蒸す。キツイ。いつも言ってることですが、ワシ、とりわけ湿気に弱い生き物なので……。
そうそう、拍手押して頂いて有り難いやらうれしいやら申し訳ないやら。
ありがとうございます。

ラッキードッグ1BLAST 2 (MFコミックス ジーンシリーズ)
「ラッキードッグBLAST(2) 《渦八MFコミックス》」
手なモンで今日の獲物はコレだ! 帯は「賭けてみたくなる男なのさ、ラッキードッグ。  1932年アメリカを舞台に繰り広げられるマフィア幹部5人の男たちのアツい脱獄劇! 波乱の逃亡編、スタート!!」とのことで。あらすじ的にもそんなカンジです。
大丈夫、大丈夫。健全健全。
臓物描写が無くなってずいぶん読みやすくなりましたな。
しかし、やっぱりジュリオがいまいち可愛くない……なんてこった。今回表紙にもなってるベルナルドがなかなかヒロインっぷりを発揮しましたが
実はルキーノ好きなんだよねぇw
もっと活躍しないかしらん。デイバンについてからか。
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「毒舌姫と精霊の祝福 《せひらあやみ:コバルト文庫》」


にょいにょいにょい。
恥ずかしながら生きて帰って参りました。司会の玉置宏です。うそです。
仕事忙しくってねぇ。。。(言い訳のレパートリーが仕事しか無い)

イヤもうホント、正直結構忙しくて、しかもそれがぜんぜん落ち着いたカンジでも無く。
このまま盆までノンストップ、というカンジでして、いやぁ、ここ書いてる余裕あるのかしら。

毒舌姫と精霊の祝福 (コバルト文庫)
「毒舌姫と精霊の祝福 《せひらあやみコバルト文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ! 帯は……アレ?実が無いのでパス。あらすじ的には「田舎町で養父と二人暮らしのクリスタは、緊張するとド毒舌がクチから飛び出す悪癖に悩まされていた。こんな有様では友達も作れないし恋も出来ない、と思い悩むクリスタだが、ある日謎の貴公子に拉致され……」とかなんとか。
うん。
なんか最近こういう強気女子的なヒロインの話が増えたかしらん? まぁわりと好みのアレなんでどんどん増えて欲しいですけどww
なかなか面白かったです。
ところどころ強引かなーというトコロも無いでは無いですが。でもワリと甘々でストレートで読みやすいです。
一応頑張れば続きも出せるかなー、というカンジの作りにはなってますが、ま、コレで終わった方が良いんじゃ無いかな。
【竹】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。