Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「けずり武士(2) 《湯浅ヒトシ:ACTION COMICS》」


にょいにょいん。
あー。なんか、会社でふっるいデジカメ使ってたりもするんですが。xDピクチャーカードなるものが何かダメになっちゃって。
うーい、んじゃワシ買って来まっさー、なんて気楽に請け負ったらどこにも売ってないのね、今時。
どこ行っても「取り寄せになりますー」っていわれちゃって。
うーん。通販かー

けずり武士(2) (アクションコミックス)
「けずり武士(2) 《湯浅ヒトシACTIONCOMICS》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「うまさが心と体に染み渡る!! 激動の幕末、完結の第2弾! 食べることは生きること…斬っては食う! 痛快大江戸グルメ活劇!!  煮凝り、胡瓜揉み、うな丼、西瓜、蕎麦、山吹飯、ナスの糠漬け、握り飯、削り節……」とのことで。あらすじ的には「盟友ともいうべき天本を見送った荒場城は、お由真の正体と目的を問いただすのだが…」という。
いやぁ、まさかの完結巻だったぜー。くそう、終わるのかよーーーー。
もう一冊くらい読みたかったなぁ。。。。桁外れに面白いだけに、悔やまれるわぁ。 相変わらずお婉さんがカワイ色っぽいぜ。
やっぱり舞台の幕末加減がちょっとガッツリ作用しすぎというか、一気に終わっちゃったなぁ。
お婉さんの出番が少なかったのもあって、ワシ的にはちょっと不完全燃焼だったんだぜ
【松】

スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「それでも世界は美しい(1) 《椎名橙:花とゆめCOMICS》」


にょいにょーいにょいー。
いやね。ワシは結構長い期間ライトノベル(少女小説を含めて、ね)を読んでるんですが。いや、ワシもまだ若いから、言うほどのキャリアじゃないですけどね。まぁでも、ライトノベルに関しては、これまでどんな本は出版されてて、流行がどう変化してきたか、どんな作家が居るか、だいたい把握してるわけですよ。
その点、時代小説は今年に入ってから手をつけたジャンルなので。
なんというか、全く何の知識も無く、作者も作風もわからないし、流行がどうなってるのかもわからないし、こう、目の前に無限の原野が広がっているという気がします。
本屋を歩いていても、わくわく感がありますなwww

それでも世界は美しい 1 (花とゆめCOMICS)
「それでも世界は美しい(1) 《椎名橙花とゆめCOMICS》」
今日の獲物はコレ。帯は「花とゆめ誌上で新作発表のたび、圧倒的支持を得た感動作!!  彼女の降らす雨にあなたの頬もきっと濡れる」とのことで。あらすじ的には「『雨の公国』から『晴れの大国』の太陽王にと嫁ぐことになったニケ。しかし名君という噂の太陽王リヴィス一世はまだ子供で……?」とかなんとか。
うーん。
何だろ、どうも今ひとつしっくりこない感があるな。いや、それなりに面白いんだけど。うーん。いや、ニケちゃんも可愛いし、ルナ姫も良いんだけど、うーん。
巻末の読み切りも悪くは無いんだけど、うーん、何というか。
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「おこぼれ姫と円卓の騎士-女王の条件- 《石田リンネ:B's-LOG文庫》」


にょいにょいにょい。
うー、だりぃ。もう、部屋も積読まつりですよ。掃除しないとなー、と思いつつもついつい本読んで終わり、みたいな。
取りあえず既読の山から掃除してかないとなぁ。

おこぼれ姫と円卓の騎士 女王の条件 (ビーズログ文庫)
「おこぼれ姫と円卓の騎士-女王の条件- 《石田リンネB's-LOG文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「わたくしは、誰もが認める王になる!! この女王様には丸秘と続出!!」とのことで。あらすじ的には「二人の兄による家督争いから内乱になることを恐れ、“おこぼれで”王となることになったレティーツィア。名実共に名君となって優秀すぎる二人の兄を従わせるために日夜奮闘するレティだが、王宮内で呪いの魔方陣が発見され…」とかなんとか。
前回出番が少なかったグイードお兄様大活躍、の巻ですが。何というか、グイードお兄様のポンポコピーぶりに何ともげんなり大笑いというか。
こうしてみると、フリートヘルムお兄様は格が違うわー。男前すぎる。
しっかしまぁこのカンジだと、これレティが即位して安定的な治世を見せるまで読みたいところだけど、そこまでだと相当長くなるような……。
そこまで書くつもりねぇのかなぁ。うーん。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「きのう何食べた?(6) 《よしながふみ:モーニングKC》」


にょーいにょい。
いやもう、ホント、年中眠いんですけど、どうすれば良いんだろう。
カフェインが足りないんだろうか。

きのう何食べた?(6) (モーニング KC)
「きのう何食べた?(6) 《よしながふみモーニングKC》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「今夜もごちそうさまでした。」とのことで。あらすじ的には
・この事は墓場まで持ってくからなケンジ
・え!? 3万円!? ホントに!?
・いい加減何かもういいかなーと思って
の三本立てで。うん。ふつうにおもしろい。が、ナマまみナマまみってどういうことだってばよwww
しかし、巻を追う事に、ケンジの本当の実力が明らかに、というか、普通に男前で困るww あとアレだな、佳代子さんスゴイね。えらい。 普通の主婦なのに、結構なんでも出来るよね。
ワシワリと何にも出来ないからなぁ。
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「倖せの一膳-小料理のどか屋人情帖(2)- 《倉阪鬼一郎:二見時代小説文庫》」


にょいにょい。
今日は三冊更新で行くぜ!
つか、仕事が詰まってきたぜー。こう、すこし仕事が忙しくなってくるとついついパズル雑誌を買ってしまう病のワシでございます。
やる暇なんてないのに……(笑)
クロスワードは良いですね。なんというか、頭を使わずにぼーっと解けるところが。ナンクロとかだとちょっと悩むから、寝しなには向かない。

倖せの一膳 小料理のどか屋 人情帖2 (二見時代小説文庫)
「倖せの一膳-小料理のどか屋人情帖(2)- 《倉阪鬼一郎二見時代小説文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「心をほっこり暖める 時吉とおちよの小料理 感動のシリーズ第2弾  いつの日か、あの世でも来世でもいい、どこかで二人がめぐり合い、今度こそ倖せになれるような、そんな思いをこめた“倖せの一膳”」とのことで。まぁ、あらすじももうコレでいいや。
そんなわけで、相変わらず表紙絵がどことなく怖いこのシリーズですが、まぁなかなか面白かった。ほんっとに、人情帖、なのよ。
互いに想い合う二人がようやく祝言に漕ぎ着けた、しかし妻の身体に異変が…とか、病になりすっかり食が細ったオヤジさんに旨いモノを食わせたい、とか、
まぁ一事が万事そんなカンジです。
なかなか良いですが、いやぁ、おちよちゃんとの仲はどうなるんだろう。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「天然王子の宝石箱(3) 《木々:秋田書店》」


にょーいにょい。
やっべぇ、尋常じゃなく眠い……。どうした。
いつもならこの時期は花粉も春眠期間も終わってそろそろ立ち直ってくる頃だと思うんですが……。ううう。五月病かも。
んで、案の定というかなんというか、徐々に仕事詰まってきたし……。いつの間にか、まともに休める土日がなくなってきた。
イヤさ、確かにワシ友だちもいないし予定も無いしで、日曜日仕事でもワリと平気なんだが、でもさww

天然王子の宝石箱 3
「天然王子の宝石箱(3) 《木々秋田書店》」
てなわけで今日の獲物はこれー。帯は「イマドキ男子×宝石の精霊 ブリリアント・ファタジー第3弾!! 16才の高校生が、なぜか突然王子に----!?」とかなんとか。あらすじ的には
・男子バカだよね
・我々 時々王子が怖いんですが
・なんてこと シスコンにマザコン……
の三本立てで。ヤバイ。面白い。
っていうか彩音姫、助けたのは良いけど、助け方が雑www 一個足りない?まあ良いか、じゃねぇよwww
あと、覚醒後のパールが素敵でちょっと悔しいwww 新キャラも登場したし、晃平ママの謎とかもアレだし、続きが気になります。
あと、つばめちゃんの真性ぶりがすげぇ不安です。大丈夫かこいつwww
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「人生の一椀-小料理のどか屋人情帖(1)- 《倉阪鬼一郎:二見時代小説文庫》」


にょいにょいにょい。
いやぁ、地震びっくりだわぁ。正直、もう寝てたんですが、飛び起きました。
あんまり気にしない派閥の私ですが、さすがにNHKつけてびくびくしながら目が冴えちゃったりなんかして。
気象庁発表では震度4だったんですが。さすがに震度も4くらいになると、ちょっとビクビクするね。

人生の一椀 小料理のどか屋 人情帖 (二見時代小説文庫)
「人生の一椀-小料理のどか屋人情帖(1)- 《倉阪鬼一郎二見時代小説文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は長いぞ「剣を包丁に持ち替えた市井の料理人の心意気 感動の新シリーズ!  もう武士に未練は無い 1回の料理人として生きる心の深奥にしみわたる 一椀、一膳が人のさだめを変えることもある」とのことで。もうあらすじもコレこのまんまで良いっすよねww
とにかく、捕物帖じゃ無い時代小説を、、、というコトで探してきたシリーズ。なんかもう表紙絵がホラーっつーカンジもするんですが、普通に良い話です。
小料理屋「のどか屋」のご主人時吉さんを中心にした、人情物語。出戻り娘おちよちゃんがワリとキャリアを感じさせる戦力なのに所々可愛い、とか、鎌倉町の半兵衛親分の男前ぶりがちょっといらつく、とか、清斎センセイの御託もそこそこウザイ、とか、
ワリと面白かったです。
続きもかってきます
【梅】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。