Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「おこぼれ姫と円卓の騎士 《石田リンネ:B's-LOG文庫》」


にょいにょいにょい。
そんな訳で今日はコレで三回更新、と相成りました。毎日更新すれば良いのに……。
つか、枕元に積んであるギャラリーフェイクをそろそろ他の何かと入れ替えるか…。もう、何回読み返したかわからんw 
と、いうか、ギャラリーフェイクを読み過ぎてしまって、なんだか他の細野不二彦作品も読みたくなってきたというか、愛しのバットマンでも揃えるかなw

おこぼれ姫と円卓の騎士 (ビーズログ文庫)
「おこぼれ姫と円卓の騎士 《石田リンネB's-LOG文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ! 帯は「『さっさと頭を下げなさい』この女王様がスゴイ!!!」とのことで。あらすじ的には「ソルヴェール国の第三子、レティーツィア王女は優秀な兄二人の王位継承争いに関わらないように一歩引いた位置に身を置いていた。が、内乱を恐れた父王の奇策によって「おこぼれで」王位が転がり込む結果に。王位継承までの間に専属騎士団『円卓の騎士』を揃えなければならないのだが、早速勧誘したデュークには「おこぼれ姫の愛人と言われるのは願い下げ」と断られ……」とかなんとか。
いや、コレは面白かった!
王達の会議の間とか、白光の剣とか、なんとなくイマイチ納得できないような気もするところもあるんですが。とは言え頑張りやさんで素直じゃ無いカンジのレティ姫となかなか侠気溢れるデュークくん、かなりトホホ臭の漂うフリートヘルム殿下と言い、なかなかの陣容。
最後のオチも素直に笑った。
まぁ、今だったら逆ハー王とか言われるに決まってますけどねw
コレ、続きも、2冊くらいなら出せそうな気がするけど、どうかなぁ。続きが出るかどうかは結構微妙な気がしますが、次回作が楽しみな作者です。
【竹】

スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「バーテンダー(21) 《城アラキ/長友健篩:JUMP COMICS DELUXE》」


ふにゃふにゃ。
CA007では、懐かしの名機能、オープンエミーロが復活しています! いやー。
コレは楽しい機能。
壁紙用の素材集めなきゃなぁ

バーテンダー 21 (ジャンプコミックスデラックス)
「バーテンダー(21) 《城アラキ/長友健篩:JUMP COMICS DELUXE》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「孤独に傷つき行き場のない魂を救う 最後の一杯  神のグラスの物語、遂に完結!!」とのことで。
なんとなんとの最終回でした。
もうちょっとあっちこっちに決着つけるのかなぁ、と思ってたんですが、スパッと終わっちゃった。
ビジネスジャンプが無くなったのがガンだったのか、それともまぁこんなもんだったのか。
翼くんの成長物語とか、美和ちゃんのこれからとか、ホテルカーディナルの行く末とか、結構気になるんですが、まぁ、こんなもんですかね。
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「夢おくり-便り屋お葉日月抄(1)- 《今井絵美子:祥伝社文庫》」


ほにょほにょ。
えーい、今日も3回更新してやる!
結局、ケータイ買い換えました! CA007です!
アトリエペンギン可愛いわー。
ペンギン見ながらニマニマする、というだけでも買い換えて良かった。

夢おくり―便り屋お葉日月抄 (祥伝社文庫 い 18-1 便り屋お葉日月抄)
「夢おくり-便り屋お葉日月抄- 《今井絵美子祥伝社文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は無し。あらすじ的には「辰巳芸者のお葉が深川の便り屋日々堂の主・甚三郎に嫁いで半年、心の臓の発作であっけなく甚三郎はこの世を去ってしまう。残された継子の清太郎を立派に育て上げ、その手に日々堂を無事に譲り渡すために、日々堂の女将として奮闘することになるのだが……」とかなんとか。
いやー、これもおもしろい。
取りあえずこの一冊で5話収録されてるんですが、普通に話が繋がっています。もうね、清太郎のいじらしさといい、おてるちゃんの健気なことといい、石鍋様の強さと弱さといい。
いや、なにより、やはりお葉さんの気っ風の良さなんですが。
やっぱり時代物ではあるので、時代物なりにみんな人生大変なんですが、でもこう、精一杯頑張った結果なんとかみんな幸せになれてるカンジが、凄く気持ちよく読めます。
コレ、続きも猛烈に買ってきます。
キッタハッタの無い時代小説、事件を解決するだけじゃ無い時代小説、こういうのを、どんどん探していこうと思いますよ。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「なれる!SE6-楽々実践?サイドビジネス- 《夏海公司:電撃文庫》」


にょーいーにょいー。
最近、ケータイの電池がヘタってきて、どうにもこうにも、1日1回の充電では追っつかなくなってきた……
本体を買い換えるべきか、電池パックを買うべきか……。
つうか、金ねぇんだよなぁ。

なれる!SE〈6〉楽々実践?サイドビジネス (電撃文庫)
「なれる!SE6-楽々実践?サイドビジネス- 《夏海公司電撃文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレだ! 帯は「新卒・桜坂工兵。副業、やります。  それが泥沼への第一歩!? 萌えるSE残虐物語、シリーズ初の中短編集!」とのことで。まぁあらすじは省略で良いか。
いやぁ、会社通さないで仕事するだなんて、正気の沙汰じゃ無いです。ましてそれが友だちとか親戚とかだと、それはもはや地獄へのパスポート。
まぁこのシリーズは明るく健全な修羅場物語なので、読んでてツライとかキツイとかは無いですが。なんつんですかね、まぁ、アレだ。
禁酒とか、そんな無理難題に挑戦しちゃダメw
でも、中央分離帯で寝るのは度を超してると思います
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「信長のシェフ(3) 《西村ミツル/梶川卓郎:Houbunsya Comics》」


にょーいにょい。
どうも最近、「急で申し訳ないんですが明日の○時に打ち合わせお願いできませんか」とか言ってくるという事案が多すぎます
うっせーばーかばーか、こっちだってヒマじゃねぇんだいつもいつもおめーの都合にばっかり合わせてられるかこの唐変木めが!
といいたくなるのを、じっと我慢する日々です。

信長のシェフ (芳文社コミックス)
「信長のシェフ(3) 《西村ミツル/梶川卓郎:Houbunsya Comics》」
そんなこんなで今日の獲物はコレ!帯は「現代からタイムスリップしてきた料理人・ケンは、信長の戦に従軍し、過酷な任を請け負うことに! 朝倉の料理人になりすまし 敵情に潜入せい!」とのことで。まぁあらすじ的にもそんなカンジですが。
相変わらずのハードモードですケンさん。
あと今回は夏さんの出番が皆無なのでしょんぼりしてたら、くノ一キャラであるところの楓さん新登場ですが、なんだろう、ぜんぜん萌えない……。 むしろ、唐突に出てきた竹中半兵衛がクソ美形キャラで笑った。
さてさて、絶体絶命のピンチですが、いやぁ、次巻が普通に楽しみです。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「たいようのいえ(5) 《タアモ:デザートKC》」


にょーいにょいにょい。
まぁそんなわけで、結果として今日はコレで通算5回更新と言うことになりました。
ま、いかに中身が無いか、ということがウッカリ明らかになっちゃうカンジですが。
まぁなんだな、毎日更新するのが無難ってことだわなぁ

たいようのいえ(5) (KC デザート)
「たいようのいえ(5) 《タアモデザートKC》」
てなワケで、今日の獲物はコレ! 帯は「不器用な少女、真魚。世話焼きな青年、基。年の差幼なじみのお互いを思い合う気持ちは高まり…?  好きが あふれる。」とかなんとか。あらすじ的には
・こんな話してたら乙女になった気分…
・入れすぎだろ  ちーちゃんを信じるな
・いやだ 私 嫉妬 してる
の三本立てで。
うひゃーー。今回もえがったわー。キュンキュンくるわー。
ラジカルさん頑張ったね。ちょー頑張ったね。ちーちゃんも織田くんも、一生懸命頑張ったのに、この体たらく……
時間では大樹くんがどれだけトホホなことになるのか……
あと、痴女ごっこの真魚ちゃん異常に可愛い(笑)
【松】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「花嫁の選択-東で石は宝珠に輝く- 《小田菜摘:コバルト文庫》」


ふにゃふにゃ。
たまに他所の感想サイトさんなんかもチラ見してたりするんですが。どうも見たカンジ、来月の新刊状況はちょっとヤバいんじゃ無いか、ということに気がつきました。
やたら読むべき本が重なって出るんじゃない?
というわけで、久々に新刊情報をチェックしてみたところ「とにかく買うべき」となったのは以下の通り。


3/06 海馬亭通信(2) 《村山早紀:ポプラ文庫》
3/10 前田建設ファンタジー営業部 《前田建設工業:幻冬舎文庫》
3/10 花咲く森の妖魔の姫 《縞田理埋:ウィングス文庫》
3/15 みをつくし料理帖 《高田郁:ハルキ文庫》
3/16 楊令伝(10)-坡陀の章 《北方謙三:集英社文庫》
3/17 おおコウスケよ、えらべないとはなさけない! 《竹岡葉月:ファンタジア文庫》
3/17 フルメタル・パニック!アナザー(3) 《賀東招二:ファンタジア文庫》
3/21 ミラー衛星衝突(上下) 《ロイス・マクマスター・ビジョルド:創元SF文庫》
3/23 クラシカルロマン 《華宮らら:ルルル文庫》

3/07 巨娘(2) 《木村紺》
3/13 ちはやふる(16) 《末次由紀》
3/23 グラゼニ(4) 《アダチケイジ》
3/23 高杉さん家のおべんとう(5) 《柳原望》

やべー。L・M・ビジョルドのヴォルコシガン・サガの新刊が出るじゃねぇか……。しかもド平日……。コレ、ワシ体調崩さないでちゃんと読めるかなぁ、、、、
前作「メモリー」の時も、止まらなくなって徹夜で読んじゃったからなぁ。。。。
はたして。
あと、今さらファンタジー営業部は反則だろうw

花嫁の選択 東で石は宝珠に輝く (花嫁の選択シリーズ) (コバルト文庫)
「花嫁の選択-東で石は宝珠に輝く- 《小田菜摘コバルト文庫》」
てなワケで獲物はコレ。帯は「いざ、東の大国へ! 愛するアスライの宿命を、ともに受け入れようとするイリーナだが…?」とかなんとか。あらすじ的には「東の大国・サイの首都ジョングァンの総督に任命されたアスライ。コレこそは次期皇帝へのステップだ、と喜ぶ部下たちの意気込みをよそに、サイ国の住人のアスライへの反発は予想通り激しく……」みたいなカンジですが
なんというか、すっかり嫁恋シリーズのスピンオフみたいなカンジでシリーズ化してしまったこの「花嫁の決断」シリーズですが。
まぁ、悪役であるところの玉楷倶くんのヘタレっぷりには苦笑ってカンジですがw
なんかもう、ブラーナ帝国周辺諸国の紹介旅日記みたいな趣もありますが、まぁ、次巻も楽しみであります。
【竹】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。