Posted by JET   0 comments   0 trackback

「グラゼニ(03)  《森高夕次/アダチケイジ:モーニングKC》」


へにょへにょへにょ。
まさかの緊急事態! 朝社長から電話かかって来やがりましたよ。
何のことはねぇ、CADソフトの設定がどうのこうのとか言う話だったんですが、まんまと1時間ばっかし稼いできました。
いやまぁ、本物の緊急事態で真夜中まで緊急出動、なんていうコトもあり得ないでも無いので、まぁまだマシってカンジではありますが。

グラゼニ(3) (モーニング KC)
「グラゼニ(03)  《森高夕次/アダチケイジモーニングKC》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「年俸1800万が狙う、ガチのお嫁さん候補!! 地味なとこに目を付けたでしょ……」とのことで。あらすじ的には
・“教師”も“反面教師”も すべて “師”!!
・な なんか…大嫌い… 凡田投手……
・全ッ然認識されてる気配がね~~ッ!
相変わらず面白いですわ。コーチ陣や監督の思惑とか、1軍半、みたいなランクの選手たちの苦悩とか。
椎名投手のっぺりしてるようなフリして2億円プレイヤーとかね。先発がダメでロングリリーフにでてみたら一転敗戦処理になっちゃった、とか、イヤもうなんかリアルだわー。
あと、唐揚げチャーハンって、さほど奇抜なカンジもしないがw まぁ、旨そうではあるな
【梅】

スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「将軍の料理番-包丁人侍事件帖- 《小早川涼:学研M文庫》」


ほにゃほにゃ。
終わった……年内の仕事が……おわった!(ホントは終わってないが。諦めた、とも言う)
これから大掃除とか洗車とか年賀状とか昼寝とか酒盛りとか寝溜めとかです。ああいそがしい。

将軍の料理番―包丁人侍事件帖 (学研M文庫)
「将軍の料理番-包丁人侍事件帖- 《小早川涼学研M文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は中身が無いのでパス、と
あらすじ的には「江戸城御膳所に勤める台所人の惣介は、時の将軍家斉の話し相手として何度か呼び出されているウチに『台所人とは仮の姿、本当は将軍のお庭番に違いない』と噂される有様。しかし生来のお人好しが災いし、自慢の嗅覚をもって盗難事件を調べているウチに、なにやら大きな陰謀にぶち当たり……」とかなんとか。
「みをつくし料理帖」シリーズがヤケに面白かったので、こりゃあ時代小説こそが娯楽小説の最先端だぜ! 早速漁りまくるぜ! となって、取りあえずめくらめっぽうで買ってきた第一弾。
まぁ、そこそこ、かな。
やはり時代小説はきったはったがあるか、事件が起こるか、は避けられないんだなぁ、というカンジ。
まぁ、みをつくし~の澪ちゃんの人生もやたらと事件続きではありますが。
小一郎くんと鈴菜ちゃんの姉弟がなかなか、年相応に普通に可愛いのでそこはすばらしいですが。
しかし、なんというか全体的にワリと普通というか、むしろ生々しいですw
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「お嫁にいけない!(5) 《藤原規代:花とゆめCOMICS》」


にょーいにょいっ。
細かすぎて伝わらないモノマネ選手権・シーズン2、ついうっかりamazonしてしまった……。。。
いやぁ、もうね、明日に備えて早く寝ないといけないのに……
つか、やっぱテレビ買うかぁ。パソコンでDVD見てると他が手につかないわぁ。

お嫁にいけない! 5 (花とゆめCOMICS)
「お嫁にいけない!(5) 《藤原規代花とゆめCOMICS》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「小田桐まどか(28) ついに おくさまになります!!」とのことで。あらすじ的には
・「テ」はいらないんだよなあ! 「ステキ」じゃなくて「スキ☆」が聞きたいの
・ガラの悪い婦警さんだ
・ていうか私たちもう友だちですもんね
の三本立てで。
いやいやいや、良かった! なかなか。悠貴くん、頑張ったなぁ。つか、無駄に男前だよなー。かっこいいわ。
つか、まどかさんちゃんと料理できるようになってんじゃん……。なんか失望したわ……
相変わらず掃除が出来ないようなので一安心です。
まどかさんの兄貴、名前あるかどうかも覚えてないけど、いい人たちですなぁ。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ひなひめ御指南!《御永真幸:コバルト文庫》」


にょいにょいー。
イヤもう、マジで寒いしマジで仕事おわんね。なんなんだろ、コレ。
久々にアフタヌーン買ったら波戸くんフィギュアとかついてるし。つか、アフタのおまけって、コレってどんなそうに需要あるの……? 
中身というか、話の方も、もうなんというか波戸くんが盛りだくさんすぎてもうなんというか……

ひなひめ御指南! (コバルト文庫)
「ひなひめ御指南!《御永真幸コバルト文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「『初恋指南、承ります!』 成長中の“ひな姫”VS.美形お目付役!? 身分差なんてなんのその!和風ひめひめラブコメディ☆☆☆」とのことで。
もうなんての、あらすじもそんなかんじでいいです、もうw
もうね、感想としては、第一声が「おい……おい…どうした……どうしたんだお前……」っていうかwww
もうね、第一作目のアンニュイなやるせなさとは打って変わり、バカ丸出しのホンワカパッパなイチャイチャラブコメですよ。どうしてこうなった……。。
と、いうか、「和風ラブコメ」で、ここまで舞台背景を好きにいじれる、というのが、もはや感心する域です。太平の世が始まって100年近く、というサムライの世界で、参勤交代もあって、でも女性の社会進出が始まっていてウッカリすると将軍様も女性、役人はどいつもこいつもあんま仕事して無くて、外国人も珍しいながらいないワケじゃない、なぜかはよくわからないけどワリと国庫は潤ってる。
ホント、何合呑んでから書き始めたらこんな舞台設定に出来るのか、さっぱりわかりませんw
そしてひな姫と宗七郎は最初っから両想いでイチャイチャしっぱなし。そりゃもうアナタ、珠緒姫じゃなくても毒気が抜かれるってモノですよw
一冊完結なのでアレですが、コレはもう、この作者の次回作に期待せざるをえないってものですよコレ。
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「あたらしいみかんのむきかた 《岡田好弘:小学館》」


にょいにょいにょい。
3連休とか言って浮かれてる悪い子はいねーがー!?
クリスマスとかなんとかいってはしゃいでる悪い子はいねーがー!?
くっそ、もう年内休みなんかねぇよ!

「あたらしいみかんのむきかた 《岡田好弘:小学館》」
そんなわけで今日の獲物はコレ。帯はなし。
いやもう、コレ、どうなのww
まさか2作目がでるとかw 本屋でびっくりしましたよ、ホント。
2巻も相変わらず、むきおくんの心の闇が透けて見えていて怖いです。
・うみのぶたとかいているか
・かまきりはあかちゃんのときからかんせいどがたかい
とか、咳き込むほど笑った。
いやぁしかし、ワシにも、こたつに座ってミカンの皮をのほほんと剥けるような、そんな正月がくるのかな……

Posted by JET   0 comments   0 trackback

忙しすぎて


忙しすぎておなかいたい。

俺たちの年末進行はまだ始まったばかりだ! --第一部・完--
~JET先生の次回作にご期待ください~
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「おおコウスケよ、えらべないとはなさけない! 《竹岡葉月:ファンタジア文庫》」


にょーいにょいにょい。
まぁそんなわけで、こないだ買ったホーローのヤカンはワシの部屋の灯油ストーブの上にのって原始の加湿器として大活躍中です。
なんだけど……
なんかねー。ヤカンのクセに、取っ手のところも全部ホーローで出来てて、しかもそれが本体と一体化してるので、お湯が沸く頃には、普通にとっても熱くなってます。
なんじゃそりゃw

おおコウスケよ、えらべないとはなさけない! (富士見ファンタジア文庫)
「おおコウスケよ、えらべないとはなさけない! 《竹岡葉月ファンタジア文庫》」
てなわけで今日の獲物はコレ。帯は……なんだかもうめんどくせぇので捨て。あらすじ的には「重度の活字中毒者の天野井蛍とであったコウスケ。恋愛話が大嫌い、という蛍と図書館通いを繰り返すウチにどんどん惹かれていくコウスケだが、いざ告白をしよう、と決意したその日、蛍は姿を消した。傷心を胸に高校に進学したコウスケが見たのは、見た目だけは蛍にそっくりな、ぜんぜん性格の違う少女・慧だった…」とかなんとか。
いやー、竹岡葉月だわー。タイトルを一見して「ああなんだよもー、昨今流行のハーレム設定っすか? っけ!」なんてカンジで読み始めたのですが、いやぁハードだわー。
コレは、面白いです。
正直なところ、最後まで読まないとイマイチ評価できないタイプの話かな、と思います。
ワリと直球の青春ロマンス、というカンジではありますが、いろいろとネタが仕込んである、というカンジで。慧ちゃんも、ギャグ要因のギャルかと思いきや普通にデキル子。末恐ろしい。
クララの今後もちょっと気になりますね?
イヤ、良いなぁ、青春だなぁ。
【竹】