Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「今朝の春-みをつくし料理帖- 《田郁:ハルキ文庫》」


へにょへにょ。
今日は鰹だった……。旨かった……。。。。
今朝揚がったばかりの鰹の頂き物がウチにも回ってきた、と言うようなことらしかったのですが。
ショウガもニンニクもガッツリのっけて食べちゃったぜ……うへへ。
美味、美味。

今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)
「今朝の春-みをつくし料理帖- 《田郁ハルキ文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「追い求める一つの恋。料理に懸ける一途な心。  新たな料理に奮闘する澪。そんな中、小松原の正体が明らかになり、澪に悲しき現実が立ち塞がる。大好評シリーズ第四弾!!」とのことで。
まぁあらすじもそんなカンジですが。
だいたい一冊四話構成のこのシリーズなんですが。この間の一話目「花嫁御寮」での澪ちゃんの成長っぷりたるや、と言うか。
あとはアレだな、今回は清右衛門先生に惚れた。先生になら許しても良いわ、とか一瞬思っちゃったすわ。
しかし、四〇〇〇両なぁ。。。
【竹】

スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「よつばと!(11) 《あずまきよひこ:DENGEKI COMICS》」


にょいにょいにょい。
やばい、そろそろ12月になるじゃねぇか……。あうあうあー
仕事もそうですが、年賀状とかもさっぱり進んでませんよこれ。ほんと、覚悟のススメとか再読してる場合じゃない。
部屋の掃除もしないと……なんか、積読もまた増えてきたぜ。。

よつばと! 11 (電撃コミックス)
「よつばと!(11) 《あずまきよひこDENGEKICOMICS》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「世界は見つけられるのを待っている。」とのことで。あらすじ的には
・ぼうでころころするのがすごいかっこいい!
・栗拾いに行くのに大切なものはなんだ
・とーちゃんがかしてくれないのがわるいんでしょ!
の三本立てで。
うん。安定のよつばと!である。
っていうかよつばのスクラップブックすげぇ。よくそんな遊び方思いつくなぁ。おそろしいわぁ。
それと、なんかあさぎには裏切られた想いがしますw そんな、ジュラルミンの手術を余裕でこなすとは……。。もっとこう、料理とか裁縫とかは出来ない子なのかと勝手に……。
それとコレとは別にして、みうらちゃんはやっぱ可愛いね。そりゃあんた、大型犬は怖いに決まってますよ。うんうん。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「光の楽園(2)-侯爵夫人エデレイド- 《涼原みなと:C☆NOVELS FANTASIA》」


にょーいにょい。
ちょっと、数日抜けちゃったので今日は二回更新で。
まーなんだんすかね。正直、ちょっと忙しいので。昼休みもろくろく昼休んでいられないというか。家帰ってきてからもメシ喰ってフロ入って寝ちゃう、みたいなところもあって、どうにもこうにも。
部屋戻る → パソコン立ち上げる → 待ってるあいだ寒い → 布団でギャラリーフェイク読む → 一冊読み終わる頃には眠い → いつの間にかパソコン立ち上がってる → でももう眠い → 気がつくと朝
みたいなカンジで、ベッドサイドにはギャラリーフェイク文庫版と水木しげるの昭和史文庫版が山積みになっております。
ギャラリーフェイク、最後の3冊まだ見つかってないんだよなー。もう、この際だからamazonするかなぁ。。。出来るだけ実店舗で買いたいんだが……

光の楽園Ⅱ - 侯爵夫人エデレイド (C.NOVELSファンタジア)
「光の楽園(2)-侯爵夫人エデレイド- 《涼原みなとC☆NOVELSFANTASIA》」
てなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「没落貴族令嬢、競馬場で運命の出会い!」とかなんとか。あらすじ的には「由緒正しい子爵家、と言えどもすっかり没落し屋敷の維持もおぼつかない有様。その娘エデレイドはなんとか自立しよう、金を稼ごう、と赴いた競馬場で黒旺号に心を奪われる。その後、彼女のモトに舞い込んだ(政略)結婚の相手は、なんと黒旺号の馬主でもあるアンブロージオ侯爵で……」とかなんとか。
うん。やっぱ面白かった。
まぁ定番と言えば定番っぽいですが、でもエデレイドが最初、普通にオバカなのに、モリモリと頑張って成長するのがすげぇ良いですな。それに伴って侯爵が覚醒、そして病気発覚、と、なかなか。
これ、結構時間が楽しみになってきましたよコレ。
いやぁ、侯爵には少しでも長く生き延びてほしいが……どうだろうなぁ。
エデレイドの頑張りぶりと、無冠の名伯楽ベルナン師のベテラン加減、アシェット夫人の肝っ玉、そして侯爵のとほほっぷり、となかなか完璧に近い布陣であり、しかも次巻ではリュートガルトも大活躍の予感だし、いやほんと、予想以上に満足してるワシがいますよコレ。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「キャリアこぎつねきんのまち(6) 《石井まゆみ:QUEEN'S COMICS》」


にょいにょーいー。
あー、だりぃ。もうすっかり年末進行であり、徐々に忘年会やらなんやらの予定も入り始め。キツイ。もう、景気悪いんだから忘年会とかも減らそうぜ、ホントによ。
土曜は土曜で、研修会 → 親睦会 → 二次会という必殺のコンボで死亡。いやまぁ、最近、この年になって(いやまだまだ若いですけど!)ようやく、あまり呑まずに立ち回れるようになってきて。今回はうまい具合に二次会で抜けられたので良かったといえば良かったのですが。
しかし、二次会終わって宿に戻る時に(珍しく土日泊まりがけの研修会だったのですよ)、あー文庫一冊しか持ってきてないからなんかスポーツ新聞か漫画雑誌でも買っていくか、なんてコンビニに寄った時についついなんとか黒糖梅酒とかいうのを買ってしまい、ラッパでぐびぐびあけてしまったため。
日曜日は朝から死んでいましたよ。なんということだ。
くそ、まさかこんな罠が待っているとは……。

キャリア こぎつね きんのまち 6 (クイーンズコミックス)
「キャリアこぎつねきんのまち(6) 《石井まゆみQUEEN'SCOMICS》」
てなワケで今日の獲物はコレ! 帯は「『キャリアこぎつねきんのもり』より続く童子と早歩の物語、ついにクライマックス!  しあわせのこたえはここにある」とのことで。まぁ、あらすじは、なくてもいい、かなぁ。
と言うわけで、完結巻でした! まぁ、ケリが付いてなによりなにより、というカンジかなぁ。
ワシの中でのクライマックスは「早歩はっ! お母さんだから!!」のところでした。そのあとは余談かな。というカンジ。
落ち着くべきところに落ち着くために淡々と話が進んだ、というカンジがして、まぁしょうがねぇとは言え、ちょっとワシの中では。
十川さん、今回結構頑張ってるはずなのに、なぜか「もっと頑張れ」と言いたくなるようななんというかw
ま、もう少し落ち着いた頃に、童子ちゃん高校受験編、とか、童子ちゃんが彼氏をウチに連れてくる?どうする十川さん!編とか、みたいですなぁw
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「想い雲-みをつくし料理帖- 《田郁:ハルキ文庫》」


にょーいにょいん。
あーもーまじでさみぃよ。んでも、メシ喰ったあと寝る前にちょこっとネットするだけのことに、部屋全体をストーブで暖める、っていうのもちょっと効率が悪いような気がする……。でも毛布にくるまってキーボード打つのも微妙に不便。うーん。
と悩んでいたんですが。
そうだ! 婆さまから貰った丹前があったはずじゃないか!!
と、いうわけで、丹前を引っ張り出してきました。うん。やはりべんり。

想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)
「想い雲-みをつくし料理帖- 《田郁ハルキ文庫》」
そんなこんなで今日の獲物はコレー。帯は「目に美し、口にして旨し、心に嬉し。澪の料理が今日も幸せを運ぶ。  幼馴染みの野江の行方は!? そして、小松原の正体とは!?大好評シリーズ第三弾!」とのことで。あらすじ的には
・こいつぁいけねぇ、こいつぁいけねぇよぅ、お澪坊
・こりゃまた滅法
・こ、こいつぁ匂いだけで、もういけねぇ
の三本立てで。いやはや。相変わらず七難八苦が降りかかります、つる家の面々。
そしてお澪ちゃんの料理が相変わらず旨そうです。種市のとっつぁん、今回は簪の件とか、なかなか、やるときゃやります。そしておふきちゃんと健坊。いやー、いいはなしだなー。
今回は小松原さんずいぶんと影が薄いですが、どうなんだろう。先生とお美緒ちゃんの方は、少しは進展、と考えて良いのだろうか。
それと、清右衛門が意外とウブだった、と言うところで大爆笑。さすが、おりうさんには敵いませんわな。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「澤飯家のごはんは息子の光がつくっている。 《山田可南:FCα》」


にょーいにょい。
予定通り今日は朝から雪降ってましたよ。昨日タイヤ交換して正解だぜ、ふふふん。
つうかもう寒くて寒くて。
部屋のストーブにそろそろ灯油いれるか……

澤飯家のごはんは息子の光がつくっている。 2 (フラワーコミックス)
「澤飯家のごはんは息子の光がつくっている。 《山田可南FCα》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は、、、なんかいろいろ書いてあって面倒なのでパス。あらすじ的には
・冷凍食品は1品まで!!
・みんな料理できへんやんか!!
・みーもキョヌーにして!!
の三本立てで。うーん。一応、料理漫画大好きっ子としては、読むだけ読んでるんですが……。ま、普通かな、というカンジ。
ワシワリと「メインのストーリー要らん」とか言ってるけど、とは言えやっぱりなんかかしらのストーリーは必要なんだな、と言うことを再確認せざるをえない。
ああ、あと、食えないって程ではないんですが、ワシもグリンピースの存在意義がわからん。アレって、必要があるんだろうか?
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「花散らしの雨-みをつくし料理帳- 《田郁:ハルキ文庫》」


にょいにょーいー。
あ…ありのまま 今日 起こった事を話すぜ!
『おれはボジョレーを買いに会社帰りに酒屋に行ったと思ったら、いつのまにかワイルドターキー8年のボトルを抱えて会計を済ませていた』
な…何を言ってるのかわからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…(以下略

バーボンはメーカーズマーク派のワシですが、ワイルドターキーだって旨いよね。
ボジョレーは……ま、あとでおいおい…

花散らしの雨 みをつくし料理帖
「花散らしの雨-みをつくし料理帳- 《田郁ハルキ文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は無し。あらすじ的には
・そいつぁ堪らねえ、堪らねぇぜ、お澪坊
・お澪坊、こいつぁいけねえ、いけねぇよぅ  旨すぎていけねぇんだよぅ
・店主は俺だよぅ
・う、旨ぇ。こりゃ旨すぎるよぅ、お澪坊
の4本立てで。
ヤバイ、種市のとっつぁんが可愛すぎてドキドキが止まらないwww 
あと、今回新加入のおふきちゃん&りうさんもなかなか良いキャラですなー。というか、思いのほか話が進むのが早いなー。いや、面白い。
澪ちゃんが自分の気持ちを自覚するのに、もう少し時間をかけるのかと思ってましたが。ああそうそう、もう一人のお美緒ちゃんも可愛いですなw 先生がさくっと縁談を断っちゃうのがわからんわー。こんなちょー可愛いのに。
登龍楼との確執はこれ、当分引きずるカンジなんですね。うーん。いずれ本格的になにか仕掛けてくるのかなー。
ま、続きも買ってきてあるので、ワリとすぐ読む予定です
【竹】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。