Posted by JET   0 comments   0 trackback

「おおきく振りかぶって(17) 《ひぐちアサ:アフタヌーンKC》」


にょいにょいにょーいー
ヤバイ。 すっげー体調悪い。。。。
イヤ、悪いのは身体の調子と言うよりも、アタマの中身。やばい。
もうね、胸の動悸が収まらない……

あのさ、体調悪いときに、味覚がおかしくなる時ってあるじゃないですか?
塩加減が分からなくなったり、油の感覚がヘンになったり、どうしようもなく砂糖がダメになったり、酸っぱいモノがくいたくなったり。
そういうのと同じようなカンジで、物語に対する許容度というか、感受性の閾値というか、そういうのも結構、体調とか精神状態とかで変わってくるような気がしてるのね。
と言うか、少なくともワシは、間違いなく変わるんだけどね。

だから、歴史物がすげぇ“クル”時もあれば、直球の恋愛モノが“クル”時もあるし、どうしてもスポコンが読みたい、って時もある。
んで、最近のワシがなにが問題かって言うと(前置きが長かった)。
もうね、なに読んでも心臓がばくばくする。どんなヒロインでもちょー可愛く感じる。どんなヒーローでもすげぇグッとくる。
今のワシなら「恋空」でも「セカチュー」でも感動の涙を流せる、と言うヘンな自信すらある。
ヤバイ。なんかしんないけど、完全にどこかがおかしい。
今、ガチのラブストーリーを読んだら、いったいどうなってしまうのだろうか。

「おおきく振りかぶって(17) 《ひぐちアサアフタヌーンKC》」
おおきく振りかぶって(17) (アフタヌーンKC)

てなこんなで今日の獲物はコレー。帯は……なんか宣伝だからいっか。捨て。あらすじ的には
・あのカントクがそんな細かい指示を
・一球たりともカグさんにはゆずりませんよ
・これが ホントの榛名 さん
の三本立てで。今回はワリと榛名回であるので、アレなんですが。西浦サイドからすると、沖、スイミングも習ってて書道も達者って、結構芸達者じゃね?みたいな。
まぁ特別これと言って大きな事件はないんですが。
強いて言うならアレだな。
「18巻は今年11月発売の予定です!」にびびったw いやいや、バカなw ありえない
【梅】
スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「双界幻幽伝-出会いは前途多難!- 《木村千世:B's LOG文庫》」


にょーいーにょい。
そんなわけで、KOEI信者であるワシは通算4回目の「大航海時代4」を購入し、ラファエル編をはじめました。
こんなんやってる場合とチガウのにー
いままで大航海時代4を3回買って3回売り払ったという、ご町内イチの大航海時代4マニアであるワシですが、ラファエル編をクリアしたのは相当昔であり、ストーリーをなにひとつ覚えていない、と言うことが発覚しましたw
いやぁ、予想外に新鮮な気持ちで挑んでおります。

双界幻幽伝 出逢いは前途多難! (B's-LOG文庫)

「双界幻幽伝-出会いは前途多難!- 《木村千世B's LOG文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ! 帯は「え?売れてるんですか……  引きこもり公主の中華コメディ開幕!」とのことで。
大人気のようなので試しに一巻を買ってきました。なかなか面白かったです。
ヒロインの朧月ちゃんが引きこもりだってんですが、ワリとガンバリやさんであるし、ヒーローの蒼刻くんも無愛想かと思いきや結構素直にデレたりするw 
ワシの中でどうもしっくりこないのは、新華国の三大家とやらが劉・曹・孫の三家だったり、作中では「肉球三国志」という小説が大人気だったり、パンダが普通にいたり、三国時代の後の新華時代の作中、黄巾賊が大暴れしていて、その頭領は妖術使いの張宝、だったり。
なんというか、別に悪くないのだが、どうにもこうにも、漠然と違和感があって。なんていうの、ファンタジー小説で出てきたエルフがデブだった、とかドワーフなのに信仰心の欠片もなかった、とか、高校球児が居酒屋で酒盛り、とか、なんというかこう、ワシの狭く小さい常識がなにか拒絶反応を。。。
いや、作品が悪いワケじゃないと思うんだけど。どうにも。
【竹】 

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「きのう何食べた(5) 《よしながふみ:モーニングKC》」


にょいにょーいー。
掃除しようと思ってると、ふと違うことが気になったりしますわな。
どうせだからCDも少し整理しよう、あー、この辺のアルバムも取り込んでUSBにつっこんどくかー、とか、この辺のゲームもういらないよなー、とか、そんなことばっかやってるので結局なにひとつ片付いてません。

きのう何食べた?(5) (モーニングKC)

「きのう何食べた(5) 《よしながふみ:モーニングKC》」
そんなわけで今日の獲物はコレ。帯は「今日なに食べたい?」とのことで。あらすじ的には
・シロさんホントにふだん俺の話ぜんっぜん聞いてないよね
・筧史朗 人生最高額のプレゼントであった
・ど…どうしよう 約束してきてしまった…
の三本立てで。うむ。安心のよしながふみである。
今回はジルベール事変が大きいアレですが、ペアリング買っちゃったり、親に紹介する流れになったりと、なかなか、話がじわじわと進んでおります。
「オネエは入ってないがオバチャンが入ってるんだよ」にも笑った。
たしかに、どう考えてもオバチャンですw
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「高杉さん家のおべんとう(4) 《柳原望:MFコミックス》」


にょいにょいにょいん。
結局、この週末は「細かすぎる~」をみたり、漫画の再読をしたり、古本屋を廻ったり、だらだらしたりで終わってしまった……。
んで部屋帰ってきて、古本屋で買い込んだ物を、取りあえず図書室につっこんどくか、、と思って図書室に足を踏み入れて唖然。
誰だこんな散らかしたのは!?
ワシだけどさ……。。。。。
はー。少しづつでも良いから古本屋持ってかないと……。つうか、こんな惨状なの知ってるんだから、なんで買い込んで来ちゃうかなー。。。

高杉さん家のおべんとう 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

「高杉さん家のおべんとう 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ):柳原望
そんなわけで今日の獲物はコレ。帯は「時がゆけば、きっと大人になっていく君と いつまで僕は、共に歩んでいけるんだろう  久留里とハルの間にささやかな大事件、勃発!」とのことで。あらすじ的には
・着せ替え疲れた ……の
・実弾持たせて貰えないなんて……
・いたずらしてみるのもアリかなーって
の三本立てで。相変わらずくるりん可愛いです。小坂さんも微笑ましい一進一退ですなぁ。
大根のオイスターソース炒め、に、XO醤を少し入れる、みたいなレシピがあって、あー。XO醤、買ったことねぇよ。この高杉家でも買うんなら、我が家でも買っても良いのか……w
あとくるりん、ジョギング中に木の芽を発見するのがすげぇわw そんなの絶対見分け付かないわぁ。。そもそも朝からジョギングをする、と言うシチュエーション自体が無いのでアレですが。
5巻では高校進学らしいですが、うーん。どうなるんだろう。
小坂さんの活躍に期待大です。
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ウチで、お茶でも。 《月崗ヤスコ:花とゆめCOMICS》」


ほにゃほにゃ。
そんなわけで、まさかの三連休となってしまい途方に暮れる社畜であります。
なんということだ。
そんなわけで、久々にリーダーと古本屋巡り&カラオケー。
うぉおおぉお、BookOFFでアンジェリークRPGを、100円で発見してしまった……w 取りあえずやるかやらないか分からない(と言うかたぶんやらない)のに買ってしまった……。
アンジェRPGは一回しかクリアしてない……。ヒマがあればもう2周くらいしてみたいが…。まぁ、やんねぇだろうなぁ。
あと、うっかり「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」のDVDを衝動買いしてしまい、いやぁ、寝れねぇw

ウチで、お茶でも。 (花とゆめCOMICS)
「ウチで、お茶でも。 《月崗ヤスコ花とゆめCOMICS》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「イケメン4人とお茶しませんか? ほっこり&ドッキリなララDXの大人気シリーズ、待望のコミックス登場!」とのことで。あらすじ的には「唯一の身寄りである祖母を失い、家を失い、やむを得ず公園に野宿していたいちえ。偶然出くわした同級生の竹弘に拾われ、お茶をごちそうになったのだが……」とかなんとか。花ゆめ系列の最近の新人はどうも信用ならないぜ、と言っているワシですが。
やっぱ三つ子の魂とでも言うのか、花ゆめ全盛期(?)に思春期を過ごしたため、ついうっかり買っちゃうんだよなぁ。。。
まぁんでこの本なんですが、いやー、ほのぼのホームドラマかと思って買ってきたんですが、結構ざっくりというか、うーん、ホームドラマって言うカンジではないのかな……。ああ、あと、いわゆる「イケメン4人」であるところの4兄弟がワシ的に全然ぐっとこない、と言うところも、しっくりこない大いなる要因でしょうかねぇ。。
いちえちゃんのタフネスぶりはなかなか笑えますが。
しかし、コレ、1巻表記がないけど、続きモンだろ? 続かなかったら詐欺にちけぇぞ。
【餅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「はじめてのクソゲー 《麻宮楓:電撃文庫》」


にょいにょいにょい。
はっきり言おう。寒い。
もうね、驚きですよ。こないだまで「夏がぶり返した来たー」「あちー」「今年の残暑はどうなってんだー」なんていってたのに、もう掛け布団がないと眠れないような状態です。
普通に寒い。
台風にからんだなんとか前線の影響か、連日雨だし。
もうおなか痛くなるくらいの寒さに、うんざりですよ。あー、なんかもう、すぐにもスタッドレスタイヤの心配しなきゃいけないのかしらん?

はじめてのクソゲー (電撃文庫 あ 25-6)
「はじめてのクソゲー 《麻宮楓電撃文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「クソゲーが好きな女の子って……ヘン、かな?  それはあらゆるバグだらけのクソゲーだけど、そのおかげで仲良くなった女の子は実は----。」とかなんとか。まぁあらすじもそんなカンジなんですが。
うーんと、どうなんだろうコレ。
コレがクソゲー啓蒙書なのか、あるいは前時代的なラブコメなのか、その辺は読む人の読み方次第ってところなんでしょうけど。
なんつうか、ラブコメパートがどうにもざっくりで、イマイチしっくりこない……。この、昨今の「物語のスタート時点でフラグがすっかり立っていて、あとはすんなり回収するだけ」という流れにどうも納得できない派閥のワシです。
もうちょっと、何らかの葛藤があっても良いのではないか。と思わざるをえない。
最近あまり少年向けレーベル読んでないので、どの辺がメインストリームなのか分からないのですが。
主人公は鈍い少年、ってのは定番ではありますが、鈍すぎてなんの葛藤も起こらない、というのはつまらない。
コレは、部数さえ捌ければ続編だせますぜ、というカンジではあるが、いやぁ、どうなんだろう。
イヤまぁ、普通に面白かった、と言えば面白かったが。
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「アリル-午後のお茶は妖精の国で 番外編- 《遠藤淑子:Gensou Collection》」


にょいにょーい。
いやぁ、しかし、なんだかんだ言って、遠藤淑子のコミックス3社同時発売、いわゆる「エンコミ」が定着しちゃってますなぁ。
遠藤淑子って、ナニ、え、どんだけ出版社に愛されてるの……? みたいなカンジですがw
まぁ、関わってるのが白泉社の他に竹書房・大都社・祥伝社って言う絶妙に小さめなところだって言うのがむしろ幸いしてるのかなぁ。

アリル~午後のお茶は妖精の国で 番外編~ (フィールコミックス) (Feelコミックスファンタジー)
「アリル-午後のお茶は妖精の国で 番外編- 《遠藤淑子:Gensou Collection》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「え!? コレがあのヴィネドとハルシュ!? 大人気!ドタバタファンタジックコメディの番外編がついに登場!」とのことで。あらすじは…短編集だから省略、と言うことにしよう。
5作収録してあるウチ、3作が「午後の紅茶は妖精の国で」の番外編、と言う扱いになってるんですが、まぁそれは知らなくても充分読めるようになってます。なんというか、遠藤淑子だなぁ、としみじみしちゃうような一冊でした。
「妖精の意思」の絶望的なカンジとか「ストーリー」の童話っぽさ、「プラネット」のおちてないオチと言い、いかにも遠藤淑子っぽくて大好きですw
しかし、遠藤淑子の絵柄のオリジナル切手シート全員プレゼントってのは、どうなんだろうなぁ……。イヤ、ファンとしては、コレクターズアイテムとしては、是非押さえておくべき代物なんだろうけど……ぐぬぬ。
【梅】