Posted by JET   0 comments   0 trackback

「水滸伝(4)-道蛇の章- 《北方謙三:集英社文庫》」


にょいにょいにょい。
ワシ、年中ネット環境にあるワリにはニュースサイトとか、作家のサイトとか、全然チェックしてないんですよ。
なモンで、今日の今日までまったく知らなかったんですが、よしながふみの「大奥」って実写映画化ですってね!! えーーー!!!??
まだキャストも何も全然わからないらしいんですが、なんつーかアレですわねー。
「どうせ『逆転大奥=ドキッ!イケメンパラダイス=』みたいなカンジになっちゃうんじゃないの?」という、まったく無根拠な期待薄感がビンビンに。

【引用始まり】 ---
水滸伝 4 道蛇の章 (集英社文庫 き 3-47)

てなこんなで今日の獲物はコレ。帯は無し。あらすじ的には「愛娘・閻婆惜を殺された馬桂は、その身の内の悲嘆を、暗い炎へと変えていった。一方宗江は国中をめぐり危険な旅を続けていた……」とかなんとか。
やっぱり武松がかっこいいなぁ。この巻で初登場の奴らだと穆弘と穆春の兄弟とか、なかなか良い味出してますな。男前。
そして馬桂と李富の陰謀が、いよいよ次巻で炸裂ですかね?

【引用終わり】 ---
スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「シュレディンガーの妻は元気か(2) 《中島沙帆子:BAMBOO COMICS》」


にょーいにょいー。
いやぁ、㈱魔法製作所の3巻がみつかんねぇ。。。
どうにもこうにも。
んでんで、魔法製作所を探して近隣の本屋の海外小説の棚でちょーウロウロしてるんですが。いま、ダイアン・デュアンの「魔法使いになる方法」が再訳されてるのは知ってたんですが、なんと3作目がでたんですね、今月! ドラゴンブックス版では2巻までしか訳されてなかったんだよなー。
うーん、3巻、ちょっと読みたいけど、でもなー。どうしようかなー

【引用始まり】 ---
シュレディンガーの妻は元気か 2 (バンブー・コミックス)

そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「妻の愛情表現に ショートしまくる数式脳!? 中島沙帆子のちょっぴり事実な4コマ最新刊!!」とのことで。あらすじ的には
・なにが欲しいのかさっぱりわからなかったから
・いつ誰がどんな方法でそんな統計を
・毎日学校に行ってたよ
の三本立てで。
いやー、面白いなー。
修平くらいの心臓の強さがあればなー(笑)
「若葉ってどうしてこんなに緑なの!?」「クロロフィルのせいだよ」
とか言い切れる強さがあればなー。
「女性たちは何かしゃべってる」
「何をしゃべっているかは全然わからない」
「でも僕は平気だ」
「カエルの鳴き声だった何言ってるのかわからないものだ」
「でもカエルの鳴き声の方が好きだな」

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「天冥の標(1)-メニー・メニー・シープ(下) 《小川一水:ハヤカワJA》」


にょーいにょいん。
いやぁ、どうにもこうにも仕事が減らないなー。最近は、我ながら結構真面目に働いてると思うんだが。
その辺のバイオリズム低下の煽りをくってか、カーステレオも調子が悪く。
ワリとちょいちょいエラー起こすんだよなー。湿式のクリーナー買ってくるべきかな

【引用始まり】 ---
天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)

そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「時を刻す。  2010年代のSFはここから始まる  『天涯の砦』の闇、『時砂の王』の愛、『フリーランチの時代』の粋----」とかなんとか。
あらすじはまぁいいか。
いやーーーー、なんつうの? みんな一生懸命。みんなちょー頑張った。
その結果のご褒美が、コレ……??? っていう。
これホント、正直、全10巻読み切ってからじゃないと何とも評価のしようがねぇぞこれ。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   2 comments   0 trackback

バトンですってよ奥さん!


なんか、何年かぶりでバトンなるモノが月の舟の小夜さまから廻ってきましたよ?
バトンかー、また流行ってんのかなぁ。
しかもアナタ、よくわからないのでGoogle様にお祈りしたところ、タイトルは「大切な人バトン」ですって!! きゃーはずかしー
いやはやいやはや、不慣れなモノにぶち当たるとドキドキしますな。


・あなたの好きな物(人)は?
漫画であれば谷川史子作品であったり遠藤淑子作品であったり、
ウォッカであればズブロッカであったり。
ゲームであればウイニングポストであったり、
バーボンであればメーカーズマークであったり。
関取であれば若の里であったり、
ビターリキュールであればイェーガーマイスターであったり。
21世紀の歌手であれば中村中だったり、
第3のビールであればスパークリングホップであったり。
……いや、普通に日本酒も焼酎も好きですよ?


・送り手の好きな物(人)は?
たぶん、250万乙女世代のりぼん漫画が(笑)
あとタカラヅカ。


・送り手と出会うキッカケは?
昔々あるところに、マイぷれすというそれはそれはマイナーなブログサービスがありました。
あまたあるブログサービスの中から、好き好んでそんなマイナーなサービスを選択した勇気ある者たちである我々マイぷれすユーザーは、ゆるーくなんとなーく、共通点のあるブログ同士がほんわりと繋がりを持つのでした……
めでたしめでたし。
……ま、大きいのは、やはり250万乙女世代だというのが(笑)


・送り手の第一印象は?
ワシと同じ250万乙(以下略
タカラヅカ観劇が趣味ってなんかかっこいいなーと


・今の印象は?
同じ同じ。


・送り手のいいところ
ブログがワリと読みやすいところ


・送り手の駄目(心配)なところ
とくにーないなー


・ずっと身内(友達)でいたい?
ひとつよろしくお願いいたします。
いや、こっそりブログをのぞき見る、とかのアレですけど(笑)


・メッセージ
いやぁ、何とはなしにこっぱずかしい。
なんだろうこの羞恥プレイ


・このバトンは、今あなたが大切に思っている身内(友達)10人に回して下さい。このバトンをもらったあなたは回してくれた人から大切に思われています。
まぁワシの持ち味は友だちがいないというあたりなので。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「天冥の標(1)-メニー・メニー・シープ(上) 《小川一水:ハヤカワJA》」


にょいにょーいー。
昨日・今日と、自分でもびっくりするくらい働いてました。いやーツライ。
もうね、何かヘンなスイッチが入っちゃったんじゃないかってくらい猛烈な勢いであり、今日なんかもう、できあがった図面の美しさといったらアナタ。
来年の叙勲に名前が挙がるんじゃないかってくらいの見事さであり、とは言え誰も褒めてくれないのでしょうがないので一人で悦に入ってました(多少オーバーにお届けしております)

【引用始まり】 ---
天冥の標 1上―メニー・メニー・シープ (ハヤカワ文庫 JA オ 6-10)

てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「星を灯す。  満を持して放つ超巨大シリーズ開幕 『第六大陸』の夢、『復活の地』の熱、『老ヴォールの惑星』の知----」とかなんとか。あらすじ的には「植民星メニー・メニー・シープは入植300周年を迎えようとしていたが、しかしその臨時総督府の施政は行き詰まりを見せていた。臨時総督は首都の地下深くに眠る植民船シェパード号の不調を理由に植民星全体に配電制限を始めとする弾圧を加えていた…」とかなんとか。
いやぁ、小川一水、全10巻の新シリーズだそうで、それが上下巻ってな塩梅で、こりゃあ超大編ですぜ。
まぁ、巨大シリーズの1作目、その上巻ってなコトで、まだまだこれからですが。ラバーズの悲しい抗戦やメイスンのクレヴの逡巡、アンチョークスの皆さんの無謀さ加減、と、なんというかすげぇどんどん風呂敷が広がってくカンジがわくわくマキシマムでしこたま楽しい。
取りあえず下巻も読むぜ読むぜ

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「赤い靴の誘惑-㈱魔法製作所(2) 《シャンナ・スウェンドソン:創元推理文庫》」


にょーいにょーい。
連休最終日の今日は、朝から仕事してましたよー
朝8時前に電話かかってきて
「!!! あーおはようございますー。…え? もちろん、今日お伺いするお約束でしたモンね? もちろん、ええ、ええ、忘れてるだなんてそんな。はっはっは。 朝早くに押しかけるのも失礼かなーと思いまして、10時頃に……ええ、もちろんそんな、今この電話で起きたなんて、まさかそんなことは!ええ、ええ…」

【引用始まり】 ---
赤い靴の誘惑―(株)魔法製作所 (創元推理文庫)

そんなわけで今日の獲物はコレー。帯は無し。あらすじ的には「ようやく自分を生かせる仕事に就き、デートの相手も出来、まさしく順風満帆……と思いきや社内にスパイ事件が発生、その調査の指揮を執ることに。その忙しいさなか、テキサスの両親がニューヨークにやってくる!? 一体どうすれば??」とかなんとか。
いや、おもしろいわー。つうかロッドですよロッド。結構ナイスガイなのになー、なんか可哀想だよねー。
一方のイーサンですが、いやぁ、ちょっと、なー。悪い奴じゃぁないんだろうけど、ちょっと、なー。話の方は結構やさしいというか、わかりやすい。そういわれてみれば、1巻でも薬の影響でイミューンが減ってるとかなんとか、そんな話があったモンなぁ。
オーウェンとケイティの仲が今後どんなカンジになるのか、ロッドは今後自らの殻を打ち破れるのか、いろいろ楽しみです

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「神様はじめました(4) 《鈴木ジュリエッタ:花とゆめCOMICS》」


にょいにょいにょいん。
おー、今日は朝イチ電話でお呼びがかかったので、午後から仕事行ってきました。いやぁ、平和だ。
午後イチで打ち合わせして、それ自体は1時間ちょっとくらいですぐ終わったんですが。どうせなのであちこち廻ったり電話したりしてさらに3件ほど打ち合わせを。
そのたびに「んじゃぁそれに関しては休み明けの木曜日に!」って言ってきたんですが、いやぁ、木曜日忙しすぎてワシ死ぬぞ(笑)

【引用始まり】 ---
神様はじめました 4 (花とゆめCOMICS)

てなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「冷たい瞳の魔性の獣!!! 信義・忠節・礼節を本分とする神使・巴衛の本性は…!?」とかなんとか。あらすじ的には
・すでに嫌われている奴の言うことは重みが違う
・さすが龍王様ですウミウシ!!
・その見えない鎖で僕を縛って…!
おー、オモシロイオモシロイ。意外と前世とかも関係してるようで、次巻が意外なほど楽しみですよコレ。あとはまぁアレだよね、龍王の奥さん可愛いなー
ケイちゃんと猫田ちゃんも結構良いカンジのコンビですな。
あと、磯姫の現代バージョンにウケた

【引用終わり】 ---