Posted by JET   0 comments   0 trackback

「11人いる! 《萩尾望都:小学館文庫》」


にょーいにょいん。
産業通沿いに大きなパチンコ屋さんがあってですな。今時なので、なんかでっかい電光掲示板って言うんですかね? アニメーション的な看板出てるじゃないですか。
アレ、何とはなしに信号待ちのタイミングとかで目に入るんですが。 なんか、桃がぱかっと割れて中から女の子が出てくる的な絵が流れてるときがあるんですよ。
ありゃーなんなんですかねー。
反射的に「桃太郎まいる!《楠桂:りぼんマスコットコミックス》 だ!」と思ったんですが、いやいやまさかそんなハズは(笑) 
と、たぶん200万乙女あたりの世代の人じゃないとわからない漫画を持ち出してみる。

【引用始まり】 ---
11人いる!の画像
「 11人いる! : 萩尾 望都 」
てなこんなで今日の獲物はコレ。帯は無し。あらすじは……まーもはや古典の域だし、いらないんじゃ?
まぁそんなこてんですが、ワシ読んだこと無かったんです。 いやほんと、実は。
まーいってもワシも若者だしね。昔の本読んでる暇もなかなか無いよね。 中古屋で文庫版を見つけて買ってみたんですが、いやぁ昭和のSFってカンジだね。確かに。 んで、やっぱり面白かった。比較すると「続・11人~」の方は、まぁイマイチワシのツボにははまらなかったんですが、巻末のショートショートはおもしれかった。海の話がすげぇツボ。
「地球へ…」も読もうかなぁ。

【引用終わり】 ---
スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「三国志(10)-帝座の星- 《北方謙三:ハルキ文庫》」


にょーいにょいー。
うーん、梅雨が終わらない……。今日も丸一日雨が降ってましたよ。キッツイ。
とにかく湿気の季節に終わっていただかないことには、どうにもこうにも体調もやる気もさっぱりです。
とにかく毎晩眠くて眠くて、テレビつけっぱなしで寝ちゃってることたびたびです。

【引用始まり】 ---
三国志〈10の巻〉帝座の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)の画像
「 三国志〈10の巻〉帝座の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫) : 北方 謙三 」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。おびはなし。あらすじ的には「関羽死す。その衝撃の報に、蜀が、魏が、呉が揺れる。劉備と張飛は成都へと戻り、荊州を回復し、孫権を討つための苛烈な調練を繰り返す。曹操は王位を曹丕に譲り、孫権は策謀をもって蜀へと対峙する…」とかなんとか。
張飛です張飛。張飛が、遂に死んでしまった……嗚呼。
ああ、読んでてちょっとびっくりしたんですが、正史準拠で張苞がすっかり亡くなってます。演義だとこの後これでもかこれでもかと出番があるんだけどねぇ。。
んで、呉勢力の方はもう、なんというか…。張昭の覚悟っぷりとは別に、どうもこう孫権が小物っぽくなってきました。曹丕はむしろ味があるよね、キモイけど。
さーて、次の巻は夷陵の戦いです。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「遥かなる虹の大地-架橋技師伝 《葦原青:C☆NOVELS FANTASIA》」


にょいんにょいん。
今日もまぁちょっと残業になってですな、帰り道はもう9時すぎてたんですよ。このくらいの時間になると交通量も多くなく、ワシもまったりと交差点で信号待ちしてたんですな。右折レーンで。
したっけあなた、後ろからものすごい勢いでかっとんできた車が、まったく減速せずに直進レーンを軽やかにパス! えーーーー!!! 
もう、しこたまびっくりした。
いやもう、もちろん信号は赤です、真っ赤。 10時だか11時だかを過ぎると点滅信号になるんですが、でもたかだか9時過ぎ、どう見ても信号は赤です。
まったくアクセルを緩める気配すらなかったあの車に、神罰と呪詛を。

【引用始まり】 ---
遙かなる虹の大地―架橋技師伝 (C・NOVELSファンタジア)の画像
「 遙かなる虹の大地―架橋技師伝 (C・NOVELSファンタジア) : 葦原 青 」
そんなわけで今日の獲物はコレ。帯は大賞のアレだけなのでパスで。あらすじ的には「彼方と此方を繋ぐ者、架橋技師。平時にあっては人々の生活のために橋掛ける彼らも、戦時にあっては軍を橋渡すために戦場を駆けていた。裏切り者の烙印を押された義父の名誉を回復するため、戦場へと向かった新米架橋技師のフレイは…」とかなんとか。
いやー、面白かったわー。
正直、このタイトルから、もうすっかりプロジェクトX的な、田口トモロヲ的な、エンジニア達の戦いの物語だと思ったんですよ。
「諦めるわけには、いかない。あの島を、島の人々を、繋ぐのだ」「……総力戦が、始まった」 みたいな! そんなカンジの! 硬派な人情物語(意味不明)かと思いきや!
橋は、なんか呪符を描いてうたを歌っておまじない的なアレで造るんですって。もー。え~?
とはいえ、フレイとアリューシャが橋に対する想いを熱く語る件とか、架橋技師の最高峰ドレーゼが語る神、とか。なかなか良かったっつーかもう橋にかける愛がもう……!!
架橋技師は単なる技術屋ではない、総合的な学術知識が必要不可欠なんだ、というような話の下敷きはスゲー好きなんですが、結局のところ七曜譜なる魔法的な手順で橋を架けるのがなんとなくがっかりです。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「罪と楽園の香り-白銀の民- 《琉架:X文庫ホワイトハート》」


にょーいにょいー。
最近、急遽遠出しなきゃ! みたいな状況がけっこう多くて、ちょっとアレです。
いやまぁ、お使い仕事は下っ端の仕事であり、それ自体はまぁ当たり前のことなんですが、急に100kmも走るとなると、うわーガソリン足りっかなーみたいなことも。
今日はホントにからっけつで、給油ランプ睨みながら帰ってきましたよ。
ふー、おっかねぇ。

【引用始まり】 ---
罪と楽園の香り 白銀の民 (講談社X文庫―ホワイトハート)の画像
「 罪と楽園の香り 白銀の民 (講談社X文庫―ホワイトハート) : 琉架 」
てなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「大切な人を守るため 秘めた能力を使いたい----!! 不思議な能力の持ち主、イオが変死事件に挑む!」とのことで。あらすじ的には「白銀の民・イオは海兵隊長ジクルスに引き取られ、平和な日々を送っていた。普通の女の子として何不自由なく暮らして欲しい、というジクルスの思いとは裏腹に、イオはなんとかしてジクルスの役に立とうと街で起こる怪事件の調査に単身挑むのだが…」とかなんとか。
あー。
もーなんというか、ワシにはあわんわー。まぁワシがミステリ嫌いだからって言うのもあるかもですが。
なんつうか、1巻もそうだったんですが、基本的にファンタジらしからぬ単語が無遠慮に出てきたり、なんか台詞回しが漠然と引っかかったり、こう、上手く言えないけど、読んでてちょいちょい突っかかるんだよなー
あと、イオちゃんが可愛すぎてステキすぎて、イオちゃんがニッコリお願いすればすべての人が何でも言うこと聞いてくれるというノリがキツイ。いやもうそういう話だから仕方がないとも言えますが、でもちょっとなー。
ミステリというかサスペンスというか、そういう方面で考えてもイマイチしっくりこない。海兵隊がいかに苦労したか、とか、商人連合会がどんな妨害をしたか、とか、黒猫一派がどんな手段で情報を集めてるか、とか、そういうのが一切描写ないもんなぁ。 今回は軍師殿のステキ作戦もなかったし。
まー全体的に言うと、イマイチだなぁ、と。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「GIANT KILLING(11) 《綱本将也/ツジモト:モーニング KC》」


にょいにょいにょい。
どうですか。大相撲。今場所はなかなか面白かったですね。
我らが若の里、堂々の十両優勝ですよコレ。来場所は北勝力とともに前頭中位に上がってくることが予測され、うーん、なんというかこの、ちょっと勝ちすぎかなーみたいな(笑)
いや、体調が万全なら、まだまだやれるあたりだとは思うんですが、その辺どうなのかなぁ。

【引用始まり】 ---
GIANT KILLING 11 (モーニングKC)の画像
「 GIANT KILLING 11 (モーニングKC) : 綱本 将也 」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「ピッチの中にもピッチの外にも、クラブのために全力で闘う奴らがいる!!  信じ切る!それが監督の才能だ!!」とのことで。 あらすじ的には
・ま… 赤崎よりも黒田の方が 言うこと聞きそうってだけなんだけど…
・赤崎はカッコつけだった
・夏木バイシクル… 夏木ジェットシュート…
の三本立てで。
いやー悩める椿(笑) あと堀田さんも石神さんも大活躍の巻であり、いいなぁ、と。 あと堺さんかっこよすぎる。 ユニフォーム叩き付けたあと、間をおかずに上着を羽織るあたり、気遣いと管理の徹底ぶりがうかがえますな。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「駆逐艦魂 《水木しげる:小学館クリエイティブ》」


にょーいにょーいー。
今日はしとしと降る、くらいの予定だったので、朝豪雨の音で目が覚めたときにはもう心底びっくりしましたよ。
結果、日中はたいして降らなかったので、まぁ予定通りっちゃー予定通りだったんですが……
しかしアレだ、今回の仮面ライダー、えーとディケイド? って半年なんですってね! いやもう、今期まったく仮面ライダー見てなかったし、存じ上げませんでしたよ……
んで、9月からは仮面ライダーWが新スタート って、コレは友情のバロムクロスってコトなんでしょうか? それともウルトラタッチ? 途中でヒロインの方がいなくなっちゃうやつ?

【引用始まり】 ---
駆逐艦魂の画像
「 駆逐艦魂 : 水木 しげる 」
てなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「戦場の生き死にと水雷戦の真実!! 幻の貸本戦記を完全復刻!!」とのことで。あらすじ的には「支那は揚子江上流で冴えない掃海任務に就いていた水木中尉は、突然最前線・南方戦線の駆逐艦機関長に転属となる。そこで出会った塚原司令は戦の名人だといういうが……?」とかなんとか。
えーと、なんで買ったんだろう……?(笑)
でもコレ、読むと面白いよ。
最初の護衛任務での「前進一杯!」のところがしびれます。 
「魚雷が命中するか  機関が爆発するか!」
いやもう機関室の悲壮感たるや。
さすが50年も前の漫画というか、このコマ割具合もまた、今時なかなか味わえませんよこれ。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「本日の騎士ミロク(2) 《田口仙年堂:富士見ファンタジア文庫》」


にょいにょいん。
もうすっかりデスクの上がパニックになってますよコレ。 無論明日も仕事ですよいぇー!
そろそろ新書方面の新刊出てないかなー、とかいうカンジで、お昼休みに鼻歌交じりで本屋行ったらなんもなかった……しょうがないから水木しげるの復刻版を買ったらレジで「1995円になりマース!」ってうぇぇ!?
いやまぁ買ったけどさ。給料日であり給料下ろす前だったので財布の中身がギリッギリしか入ってなくてちょー汗かいた。
いやまぁ、財布に2000円そこそこしか入ってないって段階で、大人としてどうなのっていう気もするけどさ……

【引用始まり】 ---
本日の騎士ミロク2 (富士見ファンタジア文庫 た 5-1-2)の画像
「 本日の騎士ミロク2 (富士見ファンタジア文庫 た 5-1-2) : 田口 仙年堂 」
そんなこんなで今日の獲物はコレー。帯は「おう! 最っ高に燃え萌えな物語だぜ!」とのことで。あらすじ的には「ホラキア軍の奇襲作戦をなんとか食い止めたジルサニア軍赤目隊の面々。今度は戦後処理のためにそのホラキアへ乗り込むことに。「和平の象徴」としてジュジュwith赤目隊もホラキアへ赴くことになったのだが…」とかなんとか。
あー。やばい。もう飽きてきた(おい)
熱血で良いと思うんだが……やっぱり美少女がむやみと多すぎやしないか。 戦闘シーンも、ちょっと前の少年漫画みたいな必殺技の応酬でどうも今一歩。。
いやまぁ、それなりに面白いんだが、あー。続きはどうしようかなぁ。

【引用終わり】 ---