Posted by JET   0 comments   0 trackback

「PARTNAR(8) 《柏枝真郷:C☆NOVELS FANTASIA》」


へろへろ。
いやもうダメです。毎日すげぇねむい。どうしちゃったのかって言うくらい。仕事も押してるし。さすがに土曜日なのでさっさと帰ってきたらば親に「うわ、おまえ何でもう帰ってきたんだ?」とか驚かれる顛末。
良いじゃねぇかたまに7時過ぎに家着いたってさー。
まぁでも実際、忙しい忙しい言ってもたかだか9時10時で、日曜日もそれなりに休んでるので割合とココロの奥底にはまだまだ余裕が(笑)
しかし10時に家に着いたら宴会中でした、と言う顛末は若干ひきます(笑) 最近宴会遭遇率高い。誰か何とかしてください。

【引用始まり】 ---
パートナー 8 (8)の画像
「 パートナー 8 (8) : 柏枝 真郷 」
そんなこんなで今日の獲物はコレー。帯は「恋も事件も 暴風警報発令中!」とのことで。 あらすじは
・オイスターバーの魅惑のクラムチャウダー の巻
・傷心のドロシーは連日ジム通い の巻
・多情仏心 の巻
の三本立てで。
いやしかし、ドロシーの可愛らしさとは対照的に、ロイドかわいくねぇなぁ。 もう、出来る男って嫌いさ(笑)
今回はフェイ出番少なかったけど、どうなんですかね。次巻あたり、いよいよクリスマス編ですかね。
前巻からこっち、すっかりかわいい女になっちゃってるフェイですが、いやー、どうなりますかねコレ。

【引用終わり】 ---
スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「悪魔とドルチェ(1) 《鈴木ジュリエッタ:花とゆめCOMICS》」


にょいにょいー。
ねむい。つうか、久々に仕事がマキシマムに詰まってきててですな。もう、帰ってくるといきなり眠いのココロ。
あとアレな、ちょっと忙しくなるとついついテンションあがってきて楽しくなっちゃうんだよねー(笑) ダメなー、我ながら。
昼休みも全然休んでる暇がないのでさっぱり積読消化も進みません。
ああ、電車移動の日々が懐かしい。

【引用始まり】 ---
悪魔とドルチェ 1 (1) (花とゆめCOMICS)の画像
「 悪魔とドルチェ 1 (1) (花とゆめCOMICS) : 鈴木 ジュリエッタ 」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「甘~いお菓子で悪魔を召還!?」とのことで。 花ゆめなのに帯び付いてる~。どうしたんだろう。
あらすじ的には「お菓子作りと召還術が得意なマユリは、しかしそれが故に友達の一人もいない孤独な毎日。ところがある日、はずみで上級悪魔を召還してしまい……」とかなんとか。
いやぁ、なかなかのジュリエッタ節ですな。オデットに比べると若干パンチが弱いカンジもしますが。つーか設定が適当すぎです(笑)
なんつうかコレはコレで面白くはあるのですが、しかしもう一捻りなんか無いと、ちょーっと一枚落ちるかなーというカンジ。次巻に期待です。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ゼロの使い魔(11)-追憶の二重奏 《ヤマグチノボル:MF文庫 J》」


にょいにょいん。
いやぁ、ネットにつなげない状況に陥ったりなんかして、結構トホホな日々を送ってたり。
とりあえず復帰した模様です。やれやれ。
ところで昨今人気のビリーズブートキャンプですが。アレってさ、どんどん続編とか関連商品出せるんじゃぁねえかって思うんですよ。
たとえば今日の料理編。
「さぁ千切りだ! もっと! もっと細く! そうだいいぞ、その調子だ、もっと細く、…………ほーらそろそろ鍋のことを忘れていないかー? あくを取り続けろ! フォンを濁らせるな!」みたいなカンジでどうですか。イケませんか。うーん。
たとえばエアコンフィルター掃除編。
「フィールターは外れたか? おそれるな! そうだそこのツマミに指をかけて一気に引くんだ、そうだよーし良いぞーその調子だ! 外したフィルターは左手に持て、右手にはわかっているな!?」みたいなカンジで。
やっぱだめっすか。

【引用始まり】 ---
ゼロの使い魔〈11〉追憶の二重奏 (MF文庫J)の画像
「 ゼロの使い魔〈11〉追憶の二重奏 (MF文庫J) : ヤマグチ ノボル 」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「わたし、無敵なんだから。  色気プラスで、使い魔いちころ なんだから!!!」とのことで。
まぁあらすじとかそろそろどうでも良くなってきたでしょ皆様も(笑)
巻が進んでるのにどんどん風呂敷が広がってるカンジである意味絶望的なカンジでしたが、ようやく話の全貌と言うか舞台のすべてというか、が整ったようです。
まーなんつうか、なぁ。それなりに面白いんでついつい読んじゃうんだけど、んでもそろそろ終わってくんねぇかなぁ。ともおもうわけです。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「鉄鍋のジャン!R-頂上作戦-(2) 《西条真二:少年チャンピオンコミックス》」


にょいにょい~ん。
昨日の日曜日は少しアレですよ。本棚の整理でもして、少し古本屋に持って行って、こう、我が家のエントロピー増大を食い止める作戦だったんですが。
午前中うっかりと捕まってしまい家庭菜園の方の庭仕事を。。。んで、予想外の土いじりにすっかり意気消沈してしまい、午後はすっかりお昼寝に。。。。。
むろん本棚の方は手つかずで。なんだかなー。
さすがにすこしどうにかしないとなー。

【引用始まり】 ---
鉄鍋のジャン!R 頂上作戦 2 (2) (少年チャンピオン・コミックス)の画像
「 鉄鍋のジャン!R 頂上作戦 2 (2) (少年チャンピオン・コミックス) : 西条 真二 」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。チャンピオンなので帯はなし。あらすじ的には……まぁどうでも良いか?(笑)
言わずと知れた鉄鍋のジャンの第2巻でございます。自信の表れなのか、ビッグ大谷日堂杯第2回戦が始まるところで連載が終わるというアレでしたが、思惑通り無事連載再開。あっぱれ。
この巻での残念賞は薬膳の藤田でしょうなぁ。いやぁ、大概いっつもちゃんと料理してんのにねぇ(笑)
あとはやっぱアレな、小此木君な。彼もなかなか立派に成長しちゃったようで……(笑)。 知識の無さは相変わらずのようですが腕前はぐーっとupしているようですな。まぁ、今や天下の五番町の鍋だしなぁ。
まぁまぁそんなワケで、やっぱアレですな。無印「鉄鍋のジャン」の方ももう一回買いそろえようかなぁ。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「グランドマスター!-総長はお嬢様- 《樹川さとみ:コバルト文庫》」


にょいにょいん。
ゆんべは2時まで呑んでましたよ。なんだかさなー。しかし呑めなくなったね。朝起きたら普通に酔っててびっくりですよ。宿酔いとか、そんなレベルの話じゃなくて、全く酒残っててびっくり。いやはやなんとも。
んで、酔い覚ましにペプシのキューリ味の例のアレ、飲んでみたんですが。ダメなー(笑)
面白いのは面白いけど、一回飲んだらもういいやってカンジ。
香料っぽい独特のにおいがいまいち好みに合わなかったというか。

【引用始まり】 ---
グランドマスター!―総長はお嬢さま (コバルト文庫)の画像
「 グランドマスター!―総長はお嬢さま (コバルト文庫) : 樹川 さとみ 」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「そんなにマジメで、肩こらない?  泣く子も黙る団長ハル&ノーテンキな姫総長!? おとぼけ使者団の冒険コメディ!!」とのことで。あらすじ的には 「一国にも匹敵する経済力と軍事力を持つミトラーダ修練会。その【最強の宗教団体】に93年ぶりの姫総長が復活した! 故事に倣って、あるいは厄介払いのため、愉快な仲間たちを従えて旅に出ることになったのだが、その団長に任ぜられてしまったハルセイデス。彼の命運はいかに!?」
とかなんとか。
いやー、くだらなくも面白かった(笑)
総長がワリと終始一貫「うすらとんまを演じている凄腕」みたいなカンジになってて、まぁベタっちゃーベタつうか、ワリかしわかりやすいアレなんですが。しかしそれだけに面白い。
これもあんまり長くなくすぱっと終わってくれると良いなー。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ZIG☆ZAG(6) 《なかじ有紀:花とゆめ COMICS》」


にょーいにょいー。
そういえば、先週だったかの日曜日、神社よったついでにおみくじ引いたんですよ。
いや、結構好きなんですよおみくじ。

んでね、100円払ってうりゃって引いて、くるくるぱっと開いたらば、小吉。 まぁそれは良い。
んで「恋愛」の項目を見たらば「あきらめなさい」
いやなんつーか、そりゃたしかにあなたは神様かも知れませんが、もう少しその、思いやりの心というかオブラートに包むというか(ry

【引用始まり】 ---
ZIG・ZAG 6 (6) (花とゆめCOMICS)の画像
「 ZIG・ZAG 6 (6) (花とゆめCOMICS) : なかじ 有紀 」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。花ゆめなので帯は無し。あらすじ的には
・あたしケダモノ… の巻
・俺のパンジーがビシャビシャに! の巻
・あなたが走ってくれたから の巻
の三本立てで。
まぁ、剣淵ちゃんのケダモノっぷりはまぁさておくとして(w。 噛ませ犬かと思いきや諏訪ボンなかなかやりますなー。
もう少し見せ場あるんじゃねぇ? マンネリだなーと思いつつも、結局面白いなー。 剣淵ちゃんの「こんなね… 人 好きになったコト無いから…」つーのも、普通に赤面モノ。
いやはやなかなか。まんまと次巻が楽しみです。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   4 comments   0 trackback

「Stand Alone 《駒崎優:X文庫ホワイトハート》」


にょーいにょーい。
いやはや、さぼり癖マックスですが皆様いかがお過ごしですか。
昨今、ネットでは作家買いについて、みたいな話が流行ってるみたいですけどね。
平和の温故知新さんを読んだらですな。
>この辺りの人は新規開拓にも意欲的なので、作家買いが増えると思います。
って書いてあったんだが、そうなのか?
いや、彼らが新規開拓に意欲的かどうかというのは、そりゃ神ならぬワシにはわかりかねるところなので、まぁ置いておくとしてだ。  「新規開拓に意欲的なので作家買い」ってなーんか納得いかないー。
本読みにとって「作家買い」って、非常に保守的な購買行動じゃないですかね?
この作家だったら安心だ鉄板だ、きっと面白いさ面白いに決まってる! っていう買い方でしょ? 作家買いって。  良い悪いという問題とは違うけど、でもこれをもって新規開拓に意欲的とは表現しづらいんじゃないの? と思うんだがなー。ちがうかね。
ワシは保守的な人間で冒険を嫌うタイプなので、結構作家買いしますよ。新規開拓にはあんま意欲的じゃないなー。

まぁ、今の若い衆の考え方は違うのかもしれんしなー。ちょっと理解できんなー。わからんなー。
いやいや、ワシもまだまだ若いですけどね。

【引用始まり】 ---
Stand Alone (講談社X文庫―ホワイトハート)の画像
「 Stand Alone (講談社X文庫―ホワイトハート) : 駒崎 優 」
そんなこんなで今日の獲物はコレー。もちろん作家買いですよ。帯は「おまえは、天使だ。 人気作家・駒崎優の新境地! 熱く切ないBL!」とのことで、いやぁ参りました、BLでしたよ(笑)
帯もあらすじも見ないで読み始めたので、最後の方でそういうシーンが始まったときには結構びっくりしましたよ。なんとも。
あらすじ的には「人気作家・クリスを訪ねてきたのは、幼なじみのラフィだった。10年ぶりに再会した二人は、しかしその再会を素直には喜べなかった。二人の間に影を落とす陰惨な過去とは…?」とかなんとか。
いやーなんつうか、後書きにも書いてあったのですが。 それなりに面白かったのですが、なんつーか、BLと言うには暑苦しいというか。 とはいえ、足獅子とかの「BL風味」というような弱気なアレよりも読みやすいかも知れませんな。かえって。
あんまり期待しないで読み始めたワリには予想外に面白かったので、なんというか拍子抜けというか。
一冊完結だっていうのも潔くてステキ。これはシリーズ化しないで欲しいですが、まぁ次回作にも期待です。

【引用終わり】 ---