Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「狼と香辛料(2) 《支倉凍砂:電撃文庫》」


にょーいにょいー。
今日は三戸町役場に行ってきたんですよ。例によってお使い仕事。
したっけアナタ、役場に入ったらいきなり目に入るところに、第42代横綱・鏡里喜代治の優勝額が飾ってあるじゃないですか! でけぇ!
確かに、優勝掲額ってアレ、毎年6枚増えるぶん、毎年6枚づつ外されてるわけで、そのあとどうなってるかなんて今まで考えたこともなかったけど、なるほどなぁ。
そういえば今場所の星取ですが、さすがにダメです(笑) いくら何でも9点枠に垣添、6点に岩木山、4点に寶智山はやり過ぎでした。したから数えた方が早いどころか、例によって下位10%のあたりを驀進中です orz

【引用始まり】 ---
狼と香辛料〈2〉の画像
「 狼と香辛料〈2〉 : 支倉 凍砂 」
そんなこんなで今日の獲物はコレー。帯は「ぬしは……なんでそんなにお人好しなんじゃ? 行商人ロレンスと賢狼ホロが織りなすエポック・ファンタジー第2弾!」とのことで。あらすじ的には「賢狼ホロと行商人ロレンスの二人旅。北の協会都市リュビンハイゲンで大きく仕掛けたらコレが大誤算! あっという間に窮地に立たされ破産の危機に。一発逆転の秘策は果たして!?」とかなんとか。
イヤ、面白かったですよ。最後の借用書を…のあたりもなかなか良かったし、ロレンスの口ベタっぷりもなかなかツボにはまってよかったですよ。
うんうん。まぁ敢えて難を言うなら、そんなに毎回切った張ったのシーンが無くても、普通に行商して歩くだけで充分面白いんじゃ? とは思うけど。
まぁこれはアレだ、続きも出るだろうし、イヤ、次作にも期待です。

【引用終わり】 ---
スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「アラクレ(3) 《藤原規代:花とゆめコミックス》」


にょいんにょいん。
あーだーるーいー。今日は1日で200kmは走ってますよ。どうなってんだ。
イヤな、ワシ、職場では下っ端 of 下っ端、あるいはエターナル下っ端なので、雑用とお使いっちゃーワシの出番なワケですよ。
んで、ヘタに田舎なだけにどうにもこうにも範囲が広い。んでもう最近めっさ仕事量も立て込んじゃってるので、もうあっちこっち走り回りまくり。
はー。
運転へたくそなモノで、こんだけ一日中車乗ってる塩梅だと、なんだか心底ぐったりしますよ。ぐっっったり。

【引用始まり】 ---
アラクレ 3 (3)の画像
「 アラクレ 3 (3) : 藤原 規代 」
そんなワケで今日の獲物はコレ。花ゆめなので帯は無し。あらすじは
・下着ドロ疑惑大発生 の巻
・お花見騒動でお嬢下戸疑惑 の巻
・お嬢、クソガキに見初められる の巻
の三本立てで。
いやー、相変わらず地味な台詞回しが地味にスバラシイです(笑)
「とぉーってもいいバイト紹介してやろうか…?」
には爆笑ですよ。いやぁ、カタギのセリフじゃないよね、どう控えめに見積もっても(笑)
「おーい誰かー 学校にオッサンがまぎれ込んでますよー」とかもすげぇ。 イヤもう、話そのものはワリととんまなカンジなんですが、お嬢の男前っぷりと言ったらもう堪りません(笑)

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「彩雲国物語-紅梅は夜に香る 《雪乃紗衣:ビーンズ文庫》」


にょいにょいにょい。
いやアレだ。昨日、ちょー久々に日記書いたら、すげぇ勢いでトラックバックスパムがきててびっくり仰天ですよ。ワケがわからないのでとりあえずトラックバック機能そのものをいったん殺しました。
ま、どうせほとんど使ってない機能だし、良いか、ってカンジで。
コメントの方は、なんか忘れた頃にぽつっと付いたり付かなかったりするけど、TBはさっぱり来てなかったからなぁ。
とりあえず必要ないと言えば必要ない。うむ。

【引用始まり】 ---
彩雲国物語 紅梅は夜に香るの画像
「 彩雲国物語 紅梅は夜に香る : 雪乃 紗衣 」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯はなんだか実がないのでパス。あらすじ的には「茶州の騒動をなんとか収めたモノの、大騒ぎになってしまった責任を取る形で無位無冠の自宅謹慎と相成った秀麗。しかし大人しくしているはずもなく、街に出て住民の苦情対応に終われる日々。そんなところに謎の求婚者が現れて……?」とかなんとか。
まーなんだ、新章突入っつったところですかね。今回は善人軍団の超人具合が抑えめになってて(まぁ導入部なのだから当たり前といえばそうなのだが)ワリと読みやすかったんじゃないでしょうか。新キャラのタンタンくんもワリといい味だしてますね。ま、もう少し無能でもイイと思うんだけど。
しかし秀麗ちゃんの例のアレ、短編集の方でネタ振ってましたが、改めて今回の巻でも念入りに伏線はってますな。
まぁヘンに伏線張られても「どうせ最後はハッピーエンドになっちゃうんでしょ」みたいなカンジがするし、なんつうかどうにも。
って、まぁ次巻もワリと普通に期待してますけどね。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「追憶の欠片-蒼闇の刻 《足塚鰯:コバルト文庫》」


にょいにょい。
いやぁ、もうね、すげー仕事詰まっててさ。ちょっと絶望的な仕事量というかなんというか。 イヤな、ぶっちゃけた話、埼玉に住んでた頃というか、暗黒時代のテンションというか、あんまりな忙しさを目の当たりにすると、こう、ヤケにやる気が高まってきて。
もうね、変にテンション高い。
はっはっはこりゃぁ大変だわー。いやナニ、ワシなら余裕でこなすけどね! あるだけ持ってこいや、どんどんやっつけるぜ!  みたいなカンジでとりあえず1週間くらい会社に詰めてやっつけるかぁ? とか鼻歌まじりで書類と格闘してたんですよ、先週くらいから。したっけあなた、9時過ぎには会社追い出されましたよ……orz
どうも、事務所的にそのへんの時間が限界のようで、なんだかなぁ、と。このヤケに高まったやる気をどうすれば良いんだよーもー。
てなカンジで、ここ1週間くらい、ぎゅーぎゅー働いたりやる気が微妙に空回ったりしてたりで日記書く間もありませんでしたよ。
長い言い訳でした。

【引用始まり】 ---
追憶の欠片―蒼闇の刻の画像
「 追憶の欠片―蒼闇の刻 : 足塚 鰯 」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「この旅を何ひとつ、忘れたくない。  カティアを蒼闇王に会わせまいとする理由は!? “華喰い”の少女を巡る転生ファンタジー!」とのことで。あらすじ的には「ユヒケに自分の秘密を打ち明けられず、苦悩するカティア。一方ヨドリギスはラスヒホーンとの戦いに敗れ、意識が戻らない。さらにはガイルもちょっかいをかけてきて、そんな八方塞がりの状況の中、再びラスヒホーンの襲撃が……」とかなんとか。
相変わらず微妙なカンジですが、まぁワリとそれなりに面白かったですよ。
つうかアレだ。蒼闇王の盟友であるはずのラスヒホーンがなぜ!? という話が、意外とさっさと解明されるアレで、なんというかこう、あと3冊くらいでシリーズ終わるのかな、と。
今回はじーさまのじーさまっぷりがなかなか良かったですな。再登場したリオディスくんの型にはまったトホホっぷりも、まぁベタといえばベタですがよかったですね!
まぁアレだ、今後にも期待ってコトで。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ハチミツとクローバー(10) 《羽海野チカ:QUEEN'S COMICS》」


にょいんにょいん。
今日も1日だらだらしてたー。珍しく洗濯なんかしたりして、どばーっとお日様の下に干す干す干す。もう洗うモンなんかこれ以上ねぇよってくらい大洗濯大会になってしまい、満足してお昼寝してたら3時頃に土砂降りが!
ばらばらっ! っと振ってきた音で目が覚めて、あわてて洗濯物全部取り込んで。あぶねー、なんとか間に合ったー、ふー、やれやれだぜ、とか満足してたら、うっかり窓があちこち全開で。 和室の出窓とかびしょぬれになってましたよ。ちぇ。

【引用始まり】 ---
ハチミツとクローバー 10 (10)の画像
「 ハチミツとクローバー 10 (10) : 羽海野 チカ 」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「映画化! アニメ化! 日本全国★ハチクロ現象 シリーズ累計780万部突破の超ヒットシリーズ  クライマックス!」とのことで。あらすじ的にはもう、なんつの? 大団円デスネっていうか。
青春様に乾杯じゃぁ!
はっはっは。イヤ、意外と無難に着地したのでワリとほっとしたというか、もっと引き延ばすのかなーという懸念もあったのでちゃんと終わったっていうのがすげぇなーと。
あと、意外だったのが同時収録の読み切りが普通に面白かった。まぁ案の定というか、若干説教くさいところがないとは言えないですが(笑) とは言え面白かった。
まだスピンアウト企画というか、はええ話が外伝でもう一冊出るという話のようで、まーなー。
まるきり違う話の連載も、まぁちょっと読んでみたいね。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「狼と香辛料 《支倉凍砂:電撃文庫》」


ひょいひょい。
いやーダメだわ、めっさ仕事詰まってる。9時近くまで残業して家帰ってきたらば、余裕で大宴会中デスヨ(笑)
この家ダメなぁ。すっかり深酒ですよ。まいった。
どうにもこう、土曜日に深酒って、次の日のやる気減退に繋がるから、よくないよね。 と、普段からまった喰うやる気のないワシが苦言を呈してみる。

【引用始まり】 ---
狼と香辛料の画像
「 狼と香辛料 : 支倉 凍砂 」
てなこんなで今日の獲物はコレー。帯は「剣も魔法も活躍しない。行商人と美しい狼神が繰り広げるエポック・ファンタジー!」とのことで。あらすじてきには「ようやく商売が軌道に乗ってきた行商人のロレンス。ある日、荷馬車の中で商品の麦に埋もれている少女に出会う。「豊作の神と呼ばれていたがそんなご大層なものじゃない」と語るホロを道連れとして旅を続けるロレンスに、思いがけない儲け話が……」とかなんとか。
出た当時すげー話題になってたんですが、ようやくその気になって買ってきました。イヤ、普通に面白かったデスヨ(笑)
商取引メインのファンタジーってのはよかった。為替とか各国貨幣の交換レートとか、そんなところまで突っ込んでるのはあんまり例がなかったんじゃないでしょうか。面白かった。
ロレンスはトホホ者ってカンジではなく、ワリとちゃんとした商人で切れ者なんですが、いかんせん相方が神とまで呼ばれたホロであり今回の事件そのものも国を相手取るような大事件に発展してしまったため、結果的にトホホな役回りに(笑)
うむ。コレは2巻も買ってきませんとー

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「EDGE-黄昏の爆弾魔(1) 《緋乃鹿六:KC Z》」


にょーいにょーい。
いやぁ、そろそろ秋場所ですなあ大相撲。案の定というかなんというか、我らが愛する若の里は初日から全休のようで…
11月は十両からですなぁ。あーまーねー。なんというか、健康こそが大切なんだなぁ、という教訓に。
で、星取ですが……。まぁ、若の里は休みだし、岩木山は番付5枚ジャンプアップでちょっと微妙、出島も東3枚目ではどうにもこうにも微妙なライン、安馬は身体がちゃんとしてれば6枚目はおいしいけどでもなぁ、と、いつも頑なにメンバーに入れてるメンツがどうもアレなので今回は思い切って寶智山を上位に入れるかなぁ。先場所十両優勝を飾って14枚目、普通に考えればギリギリ勝ち越せるかどうかってカンジだろうけど、うーん。

【引用始まり】 ---
EDGE黄昏の爆弾魔 1 (1)の画像
「 EDGE黄昏の爆弾魔 1 (1) : とみなが 貴和 」
そんなこんなで今日の獲物はコレー。帯は「“私には犯人が見える----!!”プロファイリングミステリーの最高峰『EDGE』が待望のコミックス化!!」とのことで。
まぁあらすじはアレだ、EDGE1巻の前半分ですな。
いやアレですよアレ、意外と面白かった。こう、コミカライズあんまり好きじゃないワシですが、ワリと普通に楽しめました。
ただ、気になる単語を写植で強調するのはどうかと。なんつうか、フォントいじりみたいでバカにしてるようなイメージ。イヤまぁ、別に良いんですけどね。

【引用終わり】 ---
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。