Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「銀盤カレイドスコープ(02) 《長谷川潤:MARGARET COMICS》」


にょいにょーいー。
イヤ、レビューページのほう、少し弄ってみました。レーベル毎に記事数を表示するようにしたんですが、こうやって数字になると圧巻ですな。集英社女性向け、が多すぎます。
マスコットコミックスとそれ以外に分割しようかなぁ。
しかし、意外とコバルト多いっすね、ワシ。 最近また増えてる傾向にあるのかな。 電撃は今の段階では結構大口だけど、最近ワシガッさり電撃減らしてるからこれからはそんなに増えないんだろうなぁ。
と、意外と読書傾向に思いをはせる結果に。

【引用始まり】 ---
銀盤カレイドスコープ 2 (2)の画像
「 銀盤カレイドスコープ 2 (2) : 長谷川 潤 」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「トップスケーターの大スキャンダル!!」とのことで。あらすじは省略で。コミカライズですからな。
イヤ、意外とまとまってたんじゃないですか、面白かったですよ。まぁ、ライバルたちの出番がほぼゼロなのでそのへんはアレですが。
あー、また小説1巻から読み直すかなぁ、と思ったり思わなかったりする一作でした。
満足。

【引用終わり】 ---
スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「その本、触れることなかれ-戒書封殺記 《十月ユウ:富士見ファンタジア文庫》」


にょいにょいにょい。
今日は法事でしたよーひさびさ。ってそんなことより大河ドラマですよ大河ドラマ。
いやー、今日は素晴らしかったですな、なんつうの、一豊選手のとほほっぷりっつったらもう(笑) いやー、例によって法事でほどよくアルコールが回ってたこともあいまって、ハラ抱えて転げ回りながらみてましたよ(不審人物)。
 はー。変な時間に呑んで変な時間に喰って変な時間にこれ書いてたら、なんかハラ減ってきた。いかん。

【引用始まり】 ---
戒書封殺記 その本、触れることなかれの画像
「 戒書封殺記 その本、触れることなかれ : 十月 ユウ 」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「最強の図書部長  月詠読破再び!  戒書と呼ばれる禁忌の書を人知れず回収するのが異界司書である。若き異界司書月詠読破と、戒書『封魔録』との闘いが始まる!」とのことで、まぁあらすじも概ねこんなカンジです。
まーなんだ、ちょっと、結局のところ戒書ってのはみんな召還系なのか?と拍子抜けせざるを得ません。 読破くんもイマイチこう、ツボにこないんだよなぁ。どっちつかずというか、ピピッと来ません。
睦美ちゃんと綴ちゃんの予想外の早期和解にも拍子抜けです。なんてこった。 なんかもう、正直な話、あと2冊くらいでするっとおわってくれた方が良いんじゃないかって気もしますがどうでしょうか。
次巻買うかどうか、微妙だなー。なんつうか、微妙にテンション下がるなぁ、というカンジ。

【引用終わり】 ---

んで、なんかハラ減ってきた……寝る! さすがにこの時間にガツガツ食うわけにも。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ハツカレ(8) 《桃森ミヨシ:MARGARET COMICS》」


にょいにょーいー。
いやーなんだすか。今日は休みだったのでアレですよ。またまた古本屋に行ってきました不良在庫としか呼べない200冊を処分する娯楽。
さすがにアレだな、10年以上前のティーンズハートとか、値がつかねぇわぁ。実際、大概の古本屋で余ってるしね、ピンクの背表紙。最終的に一冊5円で引き取って貰いました。厳しい。
まぁ、本を捨てるなんて恐ろしい、なんていうありがちな図書偏愛家であるワシでございますから。まぁ買い取り額なんてどうでもいいってカンジではありますけどね。 実際、誰かが貰ってくれるならこっちで送料負担しておくっても良いけど、欲しがるヒトなんかいねぇよなぁ。
つかまぁアレだ、あと200くらい減らしたらとりあえず一段落かな。

【引用始まり】 ---
ハツカレ 8 (8)の画像
「 ハツカレ 8 (8) : 桃森 ミヨシ 」
そんなワケで今日の獲物はコレ! 帯は、、キャンペーンのおしらせなのでパス。あらすじは
・ハッシーが「むー」って の巻
・ハッシーケンカデビュー の巻
・ものっそい自信ですよ先生! の巻
ひーー! あー相変わらずだわぁ。すっげぇいい。ハッシー受難続きのウチに、すっかりチロがたくましくなっちゃってまぁ。ちゃーちゃんはかなり序盤から男前でしたが、チロもなかなか。かっこいーなー
イブシもすっかり良い男ですなぁ。
つうかこの巻はなかなか名シーン連打で、グッと来ますよ。
んで、前から話題になってた表紙絵ですが。コミックスに乗ってたのでさっそく並べてみました!
こんなカンジ。で、着々と距離が縮まってるワケですな。すばらしい。
うむ。
今後の巻が楽しみですな。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ライトノベル「超」入門 《新城カズマ:ソフトバンク新書》」


にょぉいにょい。
ディスプレーなんですけどね。今20インチのCRT使ってて、解像度は1600×1200で。んで、部屋のレイアウトの関係上、モニターがワシの座ってる地点からかなり離れてるわけです。ぶっちゃけた話、大概のサイト・ブログが、字がちっちゃくて読めねぇ orz
で、いろいろ解決策を模索してたんですが、模様替えもめんどくせぇので素直に解像度を落とすことにしました(笑) 画面狭いけど字がでっかくていいわぁ。
……なんか、やっぱワシそろそろ老後かなぁ。

【引用始まり】 ---
ライトノベル「超」入門 ソフトバンク新書の画像
「 ライトノベル「超」入門 ソフトバンク新書 : 新城 カズマ 」
てなワケで今日の獲物はコレ。あらすじとか帯とかはどうでも良いな。
まーコレ、出た当時ソコソコ話題になってたので、ちょいちょい読んでたんですよ、寝しなに。 んで、ようやく読み終わったわけです。 いやーアレだな、面白かった。まぁワシ新城カズマ信者でもあるのでアレなんだが。
 ワシ、前々からライトノベルって括りはジャンルとかそういうモンじゃない、敢えて言うならライトノベルっていう作法だ、と思ってたんですが。新城カズマ大先生によるとライトノベルは手法だそうですよ。微妙にかすったカンジ(笑)
まぁなんにせよなかなか面白い本でした。ライトノベル論断の皆さんは必読ですな(笑)
しかし、新城カズマ氏におかれましては、こんな本書くヒマがあったら小説の方を、と思わんでも無いのだが、まぁこういうのも好きなんだろうしなぁ(笑)

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「らせつの花(1) 《塩見知佳:花とゆめ COMICS》」


にょいにょーいー。
いやはや残業続きであり眠いっす。とほほ。
まぁ今日はアフタヌーンを無事GETしてきました。げんしけんおわりましたねぇ。なんつうか、無事に終わったなぁというかカンジ。
つうかおお振りデスヨおお振り。この崎玉戦はやっぱ軽めにスピーディーに運ぶカンジでしょうかね。 ふふふ、花井ですよ花井。とほほ格好いいわー。キャプテンとしてかなりしっかりしてるのと4番の責任感に対する不安とのアンバランス加減がなかなかイイですなぁ。 あーもう、ホームランかっ飛ばしてくれるかな?かな?
ちゅうか、今回も結構絵が荒れてましたが。。。

【引用始まり】 ---
らせつの花 1 (1)の画像
「 らせつの花 1 (1) : 潮見 知佳 」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「悪霊に愛された少女・羅雪---現在(人間の)恋人募集中☆ 胸の“赤い花”には秘密が…!!」とかなんとか。あらすじは「霊能力は強力だが一向に彼氏が出来ない霊能者・羅刹。今回彼女のところにやってきた依頼者・夜行は自らも相当な能力者。そんな彼にも手に負えない悪霊がいるとかで…」とかなんとか。
めくらめっぽーで買ってきたんですが、まぁまぁおもしろかったです。
つうか正直お話自体はあんまりピンと来なかったんですが、ヒロイン羅雪ちゃんのお菓子の喰いっぷりがすげぇかっこいい(笑)
九竜くんの黒さというか、そのへんもまぁ気になりますね。
続きも要チェックというようなことで

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「神様のパズル 《機本伸司:ハルキ文庫》」


にょいにょい。
あー寝不足寝不足寝不足。どうしたんだろうねコレ。
春ですかね、春眠何とかかんとか。なんかもう、始終眠いからなかなか日記も書いてられませんよ(まるで言い訳になってませんが言い訳のつもりです)。本棚の整理もさっぱり進んでませんよ。 本の仕分けしないとなー、とか書庫に入るとだらだらと漫画の再読とか始めちゃったりなんかして。
積読もえらいことになってるなぁ。なんというか、明らかに増えてる。積み上がるペースに対して、切り崩すペースがまったくついて行けてないカンジ。アレだなぁ、少し購入量を絞るべきかなぁ。
んでもワシ、「べきかなぁ」なんて悩んでるってコトは、本心では購入量を減らす気がないってコトだよね(笑)

【引用始まり】 ---
神様のパズルの画像
「 神様のパズル : 機本 伸司 」
まぁまぁそんなワケで今日の獲物はコレ。帯は「映画化決定!! ゲーム化も決定! 第3回小松左京賞受賞作。『宇宙の作り方』という究極の問題に天才女子学生と落ちこぼれ学生のコンビが出した答えとは!?」とかなんとか。まぁあらすじもこの通りなんですけどね。
「もはや留年へのカウントダウンが始まってしまった僕。天才故に孤立し不登校となった少女をどうにかゼミに出席させるように、との教授の頼み事を断り切れず引き受けるハメに。ダメでもともと、と思っていたのだが「宇宙を作ることは出来るのか?」という疑問をぶつけたところ……」とかなんとか。
ハルキ文庫は久々に読みましたな。小松左京賞ってコトはSFなのかな? くらいのカンジで買ってきたんですが、なかなか面白かったですよ。
SFには詳しくないのでよくわからないのですが、敢えて言うなら真理探究型理屈こねくり回し系とでも言うのか。宇宙は作れるのか、作れないのか? 現にココにひとつあるののに作れないなどと立証できるのか? などというような前半のやりとりを経て、後半戦は具体的にどうやって宇兆を作るのか、みたいなカンジに。
まぁなんというか、ミステリにも詳しくないのでアレなんですが、感触としてはミステリの作法ですな。物理学の学生らがケンケンガクガクの物理論争を繰り広げるのだけれども、実はその議論の中身そのものは実に話の本筋に関係なく、SF音痴(あるいは理数嫌い)でも充分楽しめるカンジの話になっております。
コレ、帯に映画化決定って書いてあってですな。こんな地味な話をどうやって映画にするんだろう、って考える訳ですよ。まぁワシ映画にも詳しくないのでさらにアレなんですけどね。 でもこの話を映画にしようとするとさ、やっぱもう、ラストのほうの雨の夜の“むげん"での一幕、あたりがクライマックスになるワケじゃないですか。となると、最初のほうで物理学をおさらいするディベートとか、“ドは何ヘルツか"という宿題のあたりとか、がっさりけずっちまうのかな?とか。 そう思うと、この本のキモはSF的な思考実験の部分よりもキャラのほうに重心があるのかなぁ、と。
ヒーロー綿さんの無気力な悩みと成長、ヒロイン穂瑞の天才と追いつめられ具合と吹っ切れっぷり、サブヒーロー相理さんの微妙なヘタレっぷり、サブヒロイン穂積さんのダメ人間っぷり、あたりが見所になってくるんじゃないでしょうかね。
つうかサブヒロインの穂積さん、スゴイっすよ。このノーフォローっぷりというか、こんな悪意のない悪人久々というか、こーキッツイです。つかありえねぇ。
話のラス前のあたりで、ヒロインが盗撮されるって言うくだりがあるんですが、その時の穂積さんの無関心な“ざまぁみろ顔”ったら無いですよ。ついつい考えちゃいますよ? 穂瑞ちゃんが合宿施設を舞台にして盗撮された。このとき、同じ施設を利用している穂積さんが自分の身の危険に関してはまったく言及してない。気にも留めてない。そんなばかな。  コレをついつい深読みしちゃうと、他ならぬ穂積さんがこの盗撮に関わってたんじゃぁねえのか、とか、なぁ?
そんな邪推まで持ち上がってきますよ。
まぁなんにせよ、思考実験?空想科学?そんなカンジのあれが好きな人ならいいかな、と。ハッピーエンド大好きなキャラモノ読みにはちょっとアレかも知れません。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

5月場所雑感。


にょいにょい。
いやぁどうですか。ワシは寝不足です。なんだろう、根本的に若の里が悪い。なんだあの体たらくは。今場所、悪いなりに6勝、1横綱1大関を破ってます。が。勝ち方がひどい。引き落とし叩き込みばっかり。まるでダメです。 っていうか、アレですよアレ
ワシ、5/10(水)だから、あー本場所4日目か。の段階で、今場所の行く末を(雅山と白鵬の決定戦になる、と)見切っていたってコトになりますよすげぇ!
まぁ、誰でも同じ結論に達するでしょうし、普通の人なら白鵬優勝まで予見できたでしょうけどね!(笑)

つうか来場所、白鵬は優勝で(あるいは準優勝でも!)横綱に、雅山も11勝くらいで昇進が話題に、12勝ならまぁ確実? カド番は栃東独り。とは言え、栃東は報道を目にするかぎり、来場所の復帰はほぼ絶望、というカンジのようで、どっちにしろアレですな。驚異の6大関体制!ぎゃふん! って言うようなことにはなりそうになく、まぁ良かったねっていうか。

そうそう、日記に書くのは意図的に避けてましたが、星取クイズのほうは最終的に10500人中9190位でフィニッシュ。下から数えた方が早いどころのレベルじゃないデスヨ(笑) 成績上位者がいれば同じ数だけ成績下位がいる。それは理屈では良くわかるんだが、いやはや。

眠いので今日はコレで。
明日からは毎日日記書けると良いなぁ(まるで他人事)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。