Posted by JET   0 comments   0 trackback

「天を衝く(1) 《高橋克彦:講談社文庫》」


へろへろへろー。
イヤまぁそんなワケで。昨日の日曜日はおお振り狂いでほとんどナニもせずに1日が終わったので。今日は仕事帰りにスーパーによって買い出し。
お、トリモモが安い! セロリが安い! と言うわけで、トリとセロリのトマトスープに。 うむうむ。トリとレンコンとタマネギ・セロリをがーっとオリーブオイルで炒めて、ホールトマトつっこんでチキンコンソメ各種ハーブ他で適当に味付け。で、スープをコトコトやってる間にやっぱり安かったミョウガとタマネギの残りと油揚げをざっと湯通し。適当にドレッシング作ってサラダに。
うむうむ。
なんというか、万事テキトー料理な割にはなかなか豪華な晩餐ってカンジですな!
しかし、トマトスープの方は、レンコン入れすぎの予感。なんか、全体的にシャクシャクしすぎ(w

【引用始まり】 ---
天を衝く (1)の画像
「 天を衝く (1) : 高橋 克彦 」
そんな今日の獲物はぁこれぇ。
無論帯は無し。
あらすじは「織田信長が天下布武を岐阜に掲げた頃。陸奥の南部家では内紛がつづいていた。新たな時代の到来を予見する九戸政実は南部の宗家を見切り、一族郎党を率いて戦国の世に歩き出す! “北の鬼”九戸政実の波瀾万丈の半生記スタート!」
とかそんなカンジ。
いやぁもう、なんつーの? 南部晴政を筆頭に、実にバカばっかですよ。ワシ、九戸政実って根性悪い裏切り者かとばかり思いこんでたんですよ。で、この話読んだらそういうイメージも少し変わるかなぁ、と思ってたんですが。
なんか、読んでみると、やっぱ意地の悪い裏切りモノくせぇなぁ、としか(笑) 南部実親が根性ねぇってのもポイント低いですな。
なんかもう、あーってカンジ。、
とは言え、コレ読んだらついつい触発されてしまい、ケータイ版の信長の野望-全国版-をプレイし始めました(笑)。もちろん使用大名は南部晴政。最初のターンが来る前にお隣の葛西から攻め込まれたら、とりあえずリセットするしかありません(笑) いやぁ、久々にやったけど、相変わらず過酷なゲームバランスですなぁ。芦名盛氏奮戦記とか、想い出しましたよ。

【引用終わり】 ---
スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「おおきく振りかぶって(1-3) 《ひぐちアサ:アフタヌーンKC》」


うーはーはーはー。
今日はお休み! 本年入って通算5日目! 
の予定だったんですが、うっかり午前中仕事していましたよ。とほほ。
んでですなぁ。昼前に仕事を終えてダッシュで帰宅。
で。
決心を固めていって参りました「おお振りオンリーイベント」。いやぁ、今では何気なく会社からコミケに直行するような駄人間に成り下がりましたが、しかしオンリーイベントは生まれて初めてのチャレンジです。イヤ、結構ドキドキしながら行ったんですが、入場が2時近くですから。もう熱狂も納まってるんじゃないかなぁ、とか、そんな思惑で現地に着いてみたら。すげぇ。
なんつーか、雰囲気に圧倒されましたよ。あつい、あつい。
つうか、ワシイッパイイッパイになり過ぎ(笑)
とりあえず、なんだか思考停止状態に陥ってしまい、モノも言わず会場を一周して、現状追認再確認。
で、ようやく落ち着いて、狩りの時間に(笑) 合い言葉は栄口&クソレフト!(笑)
いやーまいったまいった。なんか、雰囲気に完全に当てられてしまったというか、前頭葉のあたりから変な汁が出てくるんじゃないかってくらいぐるぐる状態でして。5000円使ったところで我に返りました。危ない。そして、その浪費に要した時間はたったの30分。はっはっはっはっは。久々にオタパワーが炸裂しちゃったなぁ。いかん。
で、家に逃げ帰って、酒呑みながら同人誌読んで原作マンガ読んで同人誌読んで原作マンガ読んで(エンドレス)
やべぇ、、GGG以来のおおハマリになる予感……

【引用始まり】 ---
おおきく振りかぶって (3)の画像
「 おおきく振りかぶって (3) : ひぐち アサ 」
ちゅうわけで今日の獲物はもちろんコレだ!
帯は「こんな高校野球漫画、読んだこと無い!」
とのことで。もうね、多分日本国民の80%くらいは読んでるはずだと思うのであらすじは省略。
いやー、もうね、クソレフト萌! あと栄口な。 そしてはーなーいー(笑)
花井の花井っぷりにはもう頭が上がりませんよマジで! すげぇ。ほんとすげぇ。 もうさ、花井の高校卒業後の人生とか、妄想して転げ回ったりとか、ヤバイです。病んでます。ワシが。
あーもー。どうしよう。
イヤ、確かに田島様はかっこいいんだけど、かっこよすぎてさぁ(笑) どうなのよってカンジ?
花井はさ、モモカンから「2人目のタレント(阿部より評価が上)」と目されていたにもかかわらず、このていたらくですよ(笑) イヤもう、ステキだー
あー、もうね。何はともあれ、毎日のようにコミックス読み返してる自分がちょっとイヤです。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ハツカレ(4) 《桃森ミヨシ:MARGARET COMICS》」


ほにょほにょー。
仕事が一段落したつもりでも、結局土曜出勤だったり。
んでも、午前中で終わって帰るかなぁ、と思ってたんですが、会社に戻ってみたらうっかりうかうか書類があるあるあるある。びっくりするほど書類が多い。
しょうがない、ちょっとやっつけるか、とか、うっかり思ったが最後。
会社出たのは夜の9時過ぎでしたとさ。
おかしい。土曜日なのに……早く帰るはずだったのに……。

【引用始まり】 ---
ハツカレ 4 (4)の画像
「 ハツカレ 4 (4) : 桃森 ミヨシ 」
まぁそんなこんなで今日の獲物はコレぇ。
帯は「ちょっとずつだけど成長してます☆  今日の通話時間70秒☆ ちひろ」
とのことで。もうあらすじどうでもいいや。
イヤイヤイヤイヤ、実に良いですな! 
「ぎゅ  ぎゅってするとか …どうですか」
「…おねがいします」
で、もう、撃沈。いいですなー。実に良いですよ、なんてんですか、こう、一冊読むのにすげー時間かかります。読みながら悶えながらっつーか。
続きも実に楽しみですな。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「憐-時のナイフと空色のミライ- 《水口敬文:角川スニーカー文庫》」


へろへろへろ。
いやぁ、朝ちょービビリましたよ。玄関あけたら雪が残ってるんだもの。びびった。心底焦った。それも、日陰にちょこっと残ってる、とか言うレベルじゃなく、微妙に溶けてシャーベット状になってるような雪が、道路いっぱいに……。
ワシもすっかり首都圏の人になってしまったので、靴なんて、革靴とスニーカーしか持ってないわけですよ。
って、まぁアレだ、別に路面凍結してるわけでもなく。
スニーカーで充分だって言えば、まったくその通りなんですが。

【引用始まり】 ---
憐 Ren 刻のナイフと空色のミライの画像
「 憐 Ren 刻のナイフと空色のミライ : 水口 敬文 」
そんなワケで今日の獲物はこれ。
帯は「スニーカー大賞 奨励賞受賞   運命は自分で決める----」
とのこと。
あー。あらすじ的には、なんですかね。「不用意な肺炎で入院していた玲人が久しぶりに登校してみれば、教室に見覚えのないクラスメイトの姿が……。転校生が?と怪訝に思う玲人だが、クラス全員が彼女を前から知っていると主張。納得いかない玲人だが、しかし……」
とか何とか。なんつーか、ワリと普通のボーイミーツガールつーか。
まぁ、スニーカーですか。
微妙に面白かったけど、結構期待して買ったアレなんで、事前の期待値が高すぎたかなぁ、とか。
まぁソコソコ面白かった。うむ。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「PARTNER(2) 《柏枝真郷:C☆Novels Fantasia》」


はにゃはにゃはにゃ。
どうよ皆さん。今日は危うく寝坊するところでしたよ。イヤね、朝起きたら寒いしさぁ、ついうっかりお布団に戻ってしまったのコトですよ。
いやぁ、二度寝はイカンですな。ホント良くない。
ギリギリに部屋出てぎゃわー。
朝飯喰うヒマ無くてげふー。
そんなカンジ
ああしかし寒い。

【引用始まり】 ---
PARTNER〈2〉の画像
「 PARTNER〈2〉 : 柏枝 真郷 」
そんなこんなで今日の獲物はこれー。
コレもいい加減既刊なんで帯は無し。
あらすじは「刺殺事件の被害者は親権を巡る元妻との協議に赴く途中だった。捜査に当たるセシルとドロシーが元妻の婚約者に事情を聞きに行くと、彼は突然車で逃走、完璧なアリバイがあるはずの彼が、何故? 一方事件の影でセシルはひとり鬱屈と……」
とかなんとか。
イヤなかなか良かったっつーか、オーガスト良い男過ぎ(w 
つーか、良いなぁ、実に良いですよ。主人公のドール&セシルのコンビ、両方とも微妙にトホホの香りが漂っていて、実に良いです。
いやぁ、この作者、ホワイトハートでも書いてるんだよね。捜してみっかなぁ。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ブラック・ベルベット-神が見捨てた土地と黒き聖女- 《須賀しのぶ:コバルト文庫》」


にょいにょい~。
いやー、今日は面白いことがあったんですよ聞いていただけます? つーか聞け。
イヤね、なんだかんだで結構仕事あって、残業してたら9時くらいになっちゃったんですわ。で、9時過ぎたのに気がついて、さすがに帰るかーってんで帰り支度してたらですな。電話が鳴りやがるワケですよ。 誰だこんな失礼な時間に電話かけてよこすヤツは、と思いつつ、まぁでもシカトするわけにも行かないじゃないですか?
渋々電話に出たんですよ。
ワシ「はい、株式会社ニョロニョロです~」
相手「あのー、御社のホームページを見てお電話差し上げたんですがー」
ワシ「はぁ、ありがとうございます(んー、たしか、総務部が作ったHPがあったよなぁ?)」
相手「それでですねぇ、9:30くらいに3人でお伺いしたいんですけど、」
ワシ「……???」
相手「大丈夫ですかね?」
ワシ「……こちら株式会社ニョロニョロですが……??」
相手「え? ああ? あー、すみません間違いましたガチャン」
で、ワシもワケがわからず、とりあえず帰り支度して帰ってきたんですが。
着替えて、駅までの道のり(結構長い)を歩きながら、謎の電話について考えてたわけですよ。だって意味わかんないじゃないですか。HPを見て? 夜の9:30に? 3人で訪問? ぜんっぜん意味わかりませんよ。 普通じゃない。
ところがですな。 普通じゃないことでも、考えればある程度真相に近づけるモノですな。 駅にたどり着いたあたりでようやくこの間違い電話のポイントつーか、ツボがわかってきてですな。後から後からジワジワと笑いがこみ上げてくるわけですよ。
いやぁ、そうとわかってればからかってやったのになぁ。

【引用始まり】 ---
ブラック・ベルベット―神が見棄てた土地と黒き聖女の画像
「 ブラック・ベルベット―神が見棄てた土地と黒き聖女 : 須賀 しのぶ 」
つーワケで今日の獲物はコレ。
帯は「すべてが荒れ果てた場所で、光り輝くもの----。」とのことで。
あらすじ的には「十年戦争で荒れ果てたバレン。その無法地帯で働くロキシーの目の前に現れた黒ずくめの美少女賞金稼ぎ・キリは、ハルという神父を捜しての独り旅の途中。彼女の無謀さを危ぶむロキシーだったが、キリの戦闘能力はずば抜けていて……」とかなんとか。
うむ。結構面白かったけど、今回は1巻というか、キャラの紹介と世界観の説明に終始してるカンジ。
まぁ須賀節つーか、結構面白そうではありますけどね。
次巻に期待ってところですかねぇ。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「風の呼ぶ声-キターブ・アルサール- 《朝香祥:ビーンズ文庫》」


ほにょほにょ~。
いやぁまいりましたよ。今日ね、会社帰りにうねうねと電車乗ってたらですな。
なんか、騒がしい娘っ子の集団があって。うっせーなぁ、なんだあいつら、とか思いつつふっと視線をやったらば。
何故か、アタマにネコミミ載っけてました……orz
意味わかんねぇ。
良識ある社会人として、素知らぬふりを通しましたが。
わけわかんねぇ。つーか、通勤電車に紛れ込むな。びっくりするから。

【引用始まり】 ---
キターブ・アルサール 風の呼ぶ声の画像
「 キターブ・アルサール 風の呼ぶ声 : 朝香 祥 」
ちゅーこって、今日の獲物はこれ。
帯は「キターブ・アルサール シリーズ最新刊!」 ってワケで、実が無い帯ですな。
まぁ、良かったですよ。今回は、シリーズ屈指のトホホ者、ジェナーに焦点を当てた番外編。いい。じつにいい。この、ジェナーのトホホっぷりと言い、カウスの攻っぷりと言い、実に良い。
こういう話書かせると、朝香祥ですなぁ。すばらしい。
この話、もう少しつづくんだろうなぁ。
たのしみです。

【引用終わり】 ---