Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「銀盤カレイドスコープvol.2 《海原零:集英社スーパーダッシュ文庫》」


銀盤カレイドスコープ〈vol.2〉フリー・プログラム:Winner takes all?の画像
ふにょふにょふにょ。
まーなんですかね、アレですよアレ。
また呑み会でした……。_/ ̄|○
なんだかねぇ、誰だよ焼き肉食いに行こうとか言い始めたの。
くっそー。
連休前で仕事つまってるってのになぁ。

そんなこんなで今日の獲物はぁ
「銀盤カレイドスコープvol.2 《海原零:集英社スーパーダッシュ文庫》」
いやはやいやはや。帯は無しね。
イヤ参った。ホント面白いっすよ! 大満足でした。
「減らず口が高じていまやニッポンを代表する悪役となったタズサ。圧倒的な逆風の下、勝利をつかむために桜野改革発動! プリンセス・タズサのイリュージョンで、どいつもこいつも黙らせてやる!」
とまぁ、そんな塩梅なんですが、イイですなぁ。
逆境! 逆風! 不利! 絶望! 
そして 勇気! 決断! 努力! 
イヤもうホント、スポ根イイですよ。頑張る美少女万歳。
全体に疾走感溢れるスピーディな展開も心地よいです。
フィギュアスケートのシーンもワリとよく描写されていて、なかなかいい塩梅です。何となくシーンが目に浮かぶというか。
1-2巻でひとまとまりのお話として完結してるんですが、はて、3巻はどんな話なのかしらん。
とっとと読もう読もう読もう。
スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「銀盤カレイドスコープvol.1 《海原零:集英社スーパーダッシュ文庫》」


銀盤カレイドスコープ〈vol.1〉ショート・プログラム:Road to dreamの画像
にょいにょい。
ふがー。今日もいつも通り、会社帰りに本屋に寄ったんですよ。
そしたらコバルトの新刊が!  G.W.間近だからですかね、今月は早めですなぁ、と思いつつさっそく買うべく新刊コーナーをしげしげと見つめたらデスヨ。 なんとまぁ、今月は! コバルト文庫、買うべき本が一冊もない!!
あうあうあ。
なんとしたことだ。
ワシ、この日記つけ始めてからコバルト買わなかった月ってあったかしら…
イヤもうホント、本屋であまりのショックにへたり込みそうになりましたよ。
うーん。

そんなこんなで今日の獲物はぁ
「銀盤カレイドスコープvol.1 《海原零:集英社スーパーダッシュ文庫》」
うむ。気にはなっていたのですがようやくGET。帯なし。
「美貌の実力派フィギュアスケーター・タズサは、しかし本番に弱く、思うように結果が出ない。おまけにその苛烈な性格のおかげで廻りは敵ばかり。トリノ五輪の代表選考に苦戦するさなか、よりにもよって幽霊に取り憑かれた!……」
とまぁ、そんなカンジで。
いやはや、やっぱスポーツモノはイイですなぁ!
必然的に、頑張る少年少女がてんこ盛りですから! ですから!
ヒロインタズサちゃんももー、なんてんですか、おきゃんで勝ち気できっぷが良い。コーチのとほほっぷりもなかなか光ってます。
いやー、こりゃ、セットで買ってきて正解だったわ。
ひとつ難点は、ヒーロー・ピートくんの絵面。
作中、彼の姿ってのは一度も出てきてないんだから、表紙絵とか挿絵とかにも登場させるべきじゃないんじゃないかなぁ。と。
それとも2巻で出てくるのかねぇ?
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「フラワー・オブ・ライフ(1) 《よしながふみ:WINGS COMICS》」


フラワー・オブ・ライフ 1 (1)の画像
はふー。
いやね、今日は昼過ぎからお買い物に出かけたんですよ。
お休みでしたのでな。
で、ですなぁ。浦和の駅前をぷらぷらしてたら、なんと!
数学者にして大道芸人、ピーター・フランクル氏を目撃しましたよ!!
つーか、目撃したとき、撤収作業中でしたけどね……。くぅーーーー、あと30分も早く通りがかってれば!
かなしい。

そんな訳で今日の獲物はぁ
「フラワー・オブ・ライフ(1) 《よしながふみ:WINGS COMICS》」
うむ。さらりとGET。 帯はなし。
いやーなんですかね! よしながふみのおかげで、まんまとホモ漫画にも慣れてきた感がありますよ!
つかアレだ、コレ面白いわぁ。
青春を必死に闘う青少年たちのお話だすな。
うむ
やはり頑張る少年少女はイイ。うむうむ。
ちゅーか、この本のポイントは
「甲子園古墳」
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「とある魔術の禁書目録 《鎌池和馬:電撃文庫》」


とある魔術の禁書目録(インデックス)の画像
はふはふ。
今日も事務所の引っ越しで目一杯でしたよ。
あー、本来の仕事がたまるー。。
で、LAN組んでたらハブが足りなくなったのでさくらやに行ったり。
くっそー、人数増えるなら増えるって、先に言ってよ、もーっ。

そんな塩梅で今日の獲物はぁ
「とある魔術の禁書目録 《鎌池和馬:電撃文庫》」
ううむ。うっかり買い。帯はぁ
「“超能力”と上条当麻、“魔術”とインデックス。
 奇妙な線が交差するとき、物語は始まる----!」
とまぁ、そんなカンジで。あらすじ的には
「超能力が科学の先端として認知される学園都市。上条の前に『魔術師の元から逃げてきた』という少女“インデックス”が現れた。もちろん上条は少女の言動を信じないのだが、本当に魔術師が現れて……」
とかなんとか。
なんか妙に評価がよかったり悪かったり、割れてるようだったので買ってみました。
つーか、ワシも正直コレ本屋で見たときちょっと悩んだんですよ。アンテナに引っかかったって言うか、ナニか感じて、手には取ったんですが。とは言えナニかヤバイカンジがする、と、買わなかったんですな。
でまぁ、買ってみたんですが。
なんというか、例えるならば
「巡洋戦艦・秋津透をもっと強くしようと思ってファランクスと酸素魚雷とトマホークとスモウレスラーとショーグンとハラキリとリンゴと蜂蜜を搭載したところ、なんか総合的には弱くなっちゃった」みたいな。
なんつーか、正直とほほ。
あれこれ無茶苦茶。つーか別にそれは良いんですよ。むちゃな話は嫌いじゃないですよ?
ただ、無茶を熱さで押し通す話なのか理詰めでせめる話なのか、どっちつかずになってるのがイカンのじゃないかなぁ、と。
妙に理屈っぽい描写が多い割に、その理屈がなんか納得いかない。
アツイセリフが多いのに、ぐだぐだ冗長な説明も多い。
なんつーか、総じて_/ ̄|○
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「DONTO EXCUSE ME!(1) 《望月玲子:Young You Comics》」


DONTO EXCUSE ME 1 (1)の画像
ほえほえ。
また、事務所の引っ越しです!
ワシ、会社に入ってxx年なんですが、なんなんですかね、異動やら移転やらで3年に2回くらいのペースで引っ越ししてますよ!
なんなんですかねー。
入社当時の引っ越しは書類運ぶだけでよかったんですが、最近はもう、機械運んでLAN組み直してネットに繋げて……。。。
めんどくせーなーもー。
っていうか、当たり前のようにその辺の作業はワシの仕事なんですね……
いつまで経っても一番下っ端。トホホ。
つーか、ネットの設定なんかわっかんねーよ! キーーッ!

そんなこんなで今日の獲物はぁ
「DONTO EXCUSE ME!(1) 《望月玲子:Young You Comics》」
つーワケで、Book OFFでGET。
なんですかね、あらすじ的には
「人気予備校教師・敷島カイに秘書として雇われた繭子。カイの自信満々な態度、歯に衣着せぬ物言いに反発する繭子だったが……」
とまぁなんつーか。
女傑・敷島カイの半生記です。……そうか?
まぁ、頑張ってる人が多く、なかなか面白かったですよ。
でもなんつーか、「タケコさんの恋人」の時もそうだったんですが、なんつーかヒロイン激しすぎって感もあるんですが。
でもま、続きも買ってみるか。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ひみつの階段(2) 《紺野キタ:POPLAR コミックス Azone》」


ひみつの階段 (2)の画像
にょいにょーいー。
今日は我ながらよく働いちゃったので、ご褒美に缶酎ハイ買うぞ!
と意気揚々とスーパーに行ったらですな。
ブリと目が合っちゃって……。恋の予感?
慌てて野菜売り場に戻って大根をかごに入れ。
例によってブリ大根風にコトコト。で、それは明日の晩ご飯ってコトにして今日の晩ご飯はシチュー丼で。
つーか、こんなに毎日鍋料理だと、アレだなぁ。テフロン鍋、もう一個買おうかなぁ。

そんな訳で今日の獲物はぁ
「ひみつの階段(2) 《紺野キタ:POPLAR コミックス Azone》」
うむ。Book OFFなので帯はなし。
2缶になったら、ようやくキャラも理解出来るようになりました!(笑)
まぁまぁ、結構面白いんじゃないですかね?
ただ、コレって流行るほど一般にアピールするようなお話なのかしらん?
ちょっとその辺は理解しがたいなぁ。
相変わらず、なにかこう読みにくいというか釈然としないところが。
まあでも、面白かったですよ。
ただ納得いかないのが、Book OFF価格で500円もしたってこと!
納得いかない!!
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「愚神のために恋歌を-ジェスターズ・ギャラクシー(4) 《新城カズマ:冨士見ファンタジア文庫》」


ジェスターズ・ギャラクシー(4) 愚神のために恋歌をの画像
にょいにょい。
あー、なんだすかねぇ。今日、本屋さんでいつも通り図書カード出したらバイトねーちゃんが「アレ?あれれ?」とかいいやがりまして。「申し訳ありませんがちょっと使えないようです……」っててめー、本屋で図書カードが使えないってどういう了見だよコンチキショウ、とか思ったんですがバイトにグダグダ言ってもしょうがなさそうなので素直にゼニで払ってきましたよ。
むー。すげー納得いかねー。
つーか、この場合どこに文句言えば良いんだくそー。
やりきれないので今日の晩ご飯はところてん特大パックを酢醤油で。
つーか、ところてんを腹一杯になるまで食ったのって、たぶん生まれて初めて。
控えめに言っても、馬鹿みたいですな。

そんな今日の獲物はぁ
「愚神のために恋歌を-ジェスターズ・ギャラクシー(4) 《新城カズマ:冨士見ファンタジア文庫》」
ふふ。おびはぁ
「コレも新撰組!?
 鬼のベレズ副長に恋の噂!? まさかコレが共和派の罠なのか!?
 歴史の渦に翻弄されながらも逞しく生き抜いたバカ者どもの物語!!」
とのことで。このシリーズはいつもワシ、「ストーリはアレだけど、やっぱ新城節健在だよ、良いねぇ」とかいうカンジで読んでたんですが。
今回はストーリも良いですよ! もうね、ベタ(またか)
なんたって「戦争、陰謀、革命家たちの蠢動。歴史の影に隠された、男ベレズの純情一代物語。」だそうですから!
いやー、正直えがった。
続きにも期待期待期待。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。