Posted by JET   0 comments   0 trackback

「精霊海流 《早見裕司:ソノラマ文庫》」


精霊海流の画像
にょいにょーいー。
いやーなんだすかね。相変わらず、ちまちまチケットショップで図書券買ってたりするんですよ。
図書カード便利ですな図書カード。小銭いらずってーのが良い。
でもさすがに高額図書カードはなかなか出会えない。
なもんだから普段は図書券メインで使ってるんですが。
給料日(25日ね)に20枚、補充しといたんですよ。図書券。もうのこり3枚になってましたのでな。んでまぁ、合計23枚になった図書券、持ち歩いてたんですけどね。
まだ3月終わってないのに……無くなっちゃった。。。あうあうあ。
おかしいなぁ。

そんなこんなで今日の獲物はぁ
「精霊海流 《早見裕司:ソノラマ文庫》」
うむ。帯はぁ
「告美を救いたい 水淵季里の願いは
 沖縄の風に乗った
 少女の《力》があなたを誘う幻想世界」
とのことで。
本屋でぱっと見かけたときに表紙絵から出てる電波は期待値にすると+2くらいというか、正直あまり期待しないで「ソノラマだから」という理由で買ってきたんですが。
うむ。ワリと面白かったですよ。
あらすじ的には
「この世のモノではないモノを見たりきたり出来る《力》を持つ季里は虚弱な体と純粋な心を持つ少女だった。はじめて出来たと言える友人、沖縄からきた少女・告美が何かに取り憑かれたことに気付いた季里は、彼女を救うべく……」
というような塩梅ですか。
まぁ、なかなか面白かったです。なんというか、非常にソノラマ的ですな。
うむうむ。ジュブナイル小説というかなんというか。
最初、ホントの始めのあたりは、正直、えー?とか思いながら読んでたんですが、話が流れ始めてからはぐぐっと読めました。
それなりに手堅くまとまってて良かったですよ。
総じて、佳作ですな。
スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「マリア様がみてる-チャオ ソレッラ! 《今野緒雪:コバルト文庫》」


マリア様がみてる チャオ ソレッラ!の画像
にょいにょい。
いやー、なんだかんだで、まぁアレだ、忙しいのも一段落のようですよ。
でまー、少し真面目に自炊しようとか、思ってたんですけどね。
仕事帰りうっかり、唐突に、どーしても! ラーメンが食いたくなってしまい。
うむ。自炊への道は険しい。
つーかアレだ、豚骨ラーメン、背脂つーんですか?なんだかもう、親の敵かッつーくらいばんばん入ってる店ってあるじゃないですか。なんだかもう二口三口で辛くなってくるんですよ。
「当店では上質の背脂を使用しているのでしつこくなくサッパリとしています」とか書いてあっても、どうもイマイチ。
うむ。年なのかなぁ。

そんなこんなで今日の獲物はぁ
「マリア様がみてる-チャオ ソレッラ! 《今野緒雪:コバルト文庫》」
人気にあやかれとばかりに、畳み掛けるように新刊でますな。帯は
「待ちに待った修学旅行編!」
とのことで。
まーなんだすか、リリアンの修学旅行はイタリアとのことで。
正直、読んでて、物語がどうこうよりも「ああ、一生懸命取材したんだろうなぁ」というかなんというか。何となく旅日記つーか旅行記つーかエッセイ読んでるような、そんな雰囲気。
最後の可南子ちゃん闘う!編は、まぁまぁちょっぴり面白かったですが。
祥子さまと祐巳ちゃんの甘々のやりとりとかね。その辺はちょっと良かったですな。
でもまぁ基本的には、祐麒が出てこないのでダメだと思います!
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「市長 遠山京香(3) 《赤石路代:Judy Comics》」


市長遠山京香 3 (3)の画像
はふはふ。
いやもうね、年度末、まったくほとんど料理してなかったんですよ。
外食連打。んでまぁ、それではイカンと。
生活を立て直すにはまずお勝手からだ! とか何とか、一応意気込んでみたんですが。
今日は夕方、会議があってですな。なんかヤな予感はあったんですが。
まんまと会議終了後、居酒屋に連行されましたよ。
アウア
おかげで内Pも見逃すし。

そんなこんなで今日の獲物はぁ
「市長 遠山京香(3) 《赤石路代:Judy Comics》」
うわー、まんまと出てるよ! 帯はなし!
売れっ子推理小説家にして巨大都市華浜市市長・遠山京子さんの活躍を描いたお話だすな。
今回はアレです。この作品の決めゼリフ
「あんた だれ…だ?」
「華浜市長、遠山京香です」
「し、市長…!!」
のやりとりが、結局アレだ、1冊4話のウチ、3回出てきてますよ!
相変わらずです(笑)
まぁなんだ、いつまで続くのかなぁ、コレ。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「天と地の娘-根の国の物語(1) 《篠田真由美:角川ビーンズ文庫》」


天と地の娘―根の国の物語〈1〉の画像
へにょへにょ。
あー。まぁ日曜日は休んだんですが。
なんつーかやる気がなかったりしてですな。活動開始したのは午後。
その辺フラフラしたり買い出ししたりして、帰ってきたら、あー16時頃だったんですが。
もう幕内の取組始まってるよ!!
てなワケで、そのままNHKに釘付けになってしまい。
大相撲>ニュース>クイズ番組>新撰組>NHKスペシャルと、すっかりテレビの前から離れられなくなってしまい、料理も何も。。。。
あーーー。
まいっか、明日で。

そんな訳で今日の獲物はぁ
「天と地の娘-根の国の物語(1) 《篠田真由美:角川ビーンズ文庫》」
うむ。Book OFFでさらりとGET。なんで帯なし。
いやー、なんですか。龍の黙示録、がそこそこ面白いので、ファンタジーは良いかもしれん、と思い試しに買ってみたんですが。
最初辛かったわぁ。
あらすじ的には
「平凡な女子高生・叶秋鹿の前に、ある日突然現れた謎の青年。『捜したぞ。天と地の血筋を身に備えし者よ……』根の国へと導かれた秋鹿は自分が滅びの危機にある根の国を救う存在である、と告げられ……」
とかなんとか。
要所要所というか、ところどころというか、は和風ですが、ストーリ自体は結構オーソドックスなアレですな。
最初の数十ページはなんだか面白くないというか、ちょっときつかったですが、後半戦はなんとかのれました。
まぁ、ワリとベタですし。
はて、コレ、続きはどこかで手にはいるかなぁ。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「鉄腕バーディー(4) 《ゆうきまさみ:YS comics》」


鉄腕バーディー 4 (4)の画像
ほいほい。
まぁ何事も無かったかのように再開しようかと。さすがに年度末は終わったんじゃないかなーとか。思うんですよ。思いたい。
土曜日はアレだ。ここ最近の念願叶って、コレと言って急ぎの仕事もなく。ゆっくり出社してゆっくり書類仕事してたんですが、まんまとエマージェンシーコール!
…………電話出るんじゃなかった _/ ̄|○
まぁそんなこんなで、存外と真面目に働いちゃいましたよ。
なんだかねぇ。

そんな訳で今日の獲物はぁ
「鉄腕バーディー(4) 《ゆうきまさみ:YS comics》」
うぃっす。いつの間にか出てた模様で。帯はなし。
いやいや、いいよいいよ。うむ。おもしろいですな。
ワシ、本読むときはほとんど何も考えないで読んでることが多いんですよ。
だからかどうかわかりませんが。
この巻に至ってようやく話がつかめてきたというか。
うむうむ。千明くんとか、今後どうなるんですかね。
ワリと楽しみ楽しみ。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ONE OUTS(11) 《甲斐谷忍:BJ YJC》」


ONE OUTS 11 (11)の画像
へにゃへにゃ。
相変わらず忙しいです。
なんつーかもう、当初の予定では、今週あたりはもうヒマヒマでのんびりと書類の整理でもしてる予定だったんですが。
世の中うまくいきませんなぁ。
まぁんでもアレだ、今週いっぱい頑張れば、なんとかなるんじゃないかなぁ、とか。
つーか、頑張りません!ワシは断固として頑張りませんよう!!

そんなこんなで今日の獲物はぁ
「ONE OUTS(11) 《甲斐谷忍:BJ YJC》」
うむ。帯はなし。
いやー、相変わらず面白いですよ!
今回はいよいよ新・ワンナウツ契約の攻防が激化し、そして天海太陽登場、と。
しかしこの太陽くん、この後全然活躍してないんだよなぁ(笑)
せっかくの男前なのに、ふーむ。
12巻はアレですよ、いよいよ三馬鹿トリオ覚醒す、と。
いやー、いまから楽しみですなぁ。フフフ
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「俺はキャプテン(1) 《コージィ城倉:MAGAZINE KC》」


おれはキャプテン 1 (1)の画像
ひょひょひょ。
いやー、今日、仕事中、電車で移動してたらですよ?
何の気無しに目をやったら、ラベンダー色のフレームのメガネしたお嬢さんが目の前に座っててですな。
すげーかっこよかった。 
ワシもアレほしーー! とか思ったり、イヤしかし社会人として紫のフレームはどうよ?とか。
まあ、いま仕事用に使ってるメガネ、赤フレームなので、今さらってところもありますがねぇ。

そんなこんなで今日の獲物はぁ
「俺はキャプテン(1) 《コージィ城倉:MAGAZINE KC》」
おー、でたでたでたよう。帯はぁ
「キャ、キャ、キャプテン 
 真剣ですか?
 そいつだけはなるべきじゃなかった! そんなヤツがキャプテンになってしまったから、さあ大変!
 こいつが話題沸騰の野球漫画史上、もっともふさわしくないキャプテン!」
とのことで。
いやぁ、コージィ城倉はたまに面白いマンガ描きますが、コレは良いですな!
つーか、少年マンガのコミックスって久々に買ったんですが、3話でコミックス一冊って、普通こんなモンだっけ?
なんか、1話1話が長いですな。
いやー、しかし面白いですよ。
あらすじはもう、帯の通りなんですが、つまり「環境は人を変える!」ということらしいですよ。
んで、この巻のキモは
「引き分けは負けたことにはならない!」