Posted by JET   0 comments   0 trackback

「夢の灯りがささやくとき(上)-シャーリアの魔女(2)- 《ダイアナ・マーセラス:ハヤカワFT》」


ほほほ。
いやー、土曜だけど案の定仕事でしたよ。
それでもですな。なんというか、14時くらいまでには終わるんじゃないか、と、そんなカンジで朝やる気満々だったんですけどね。
終わってみたら18時って……。。あうあうあう。
もうやる気がなくなったので晩は缶チューハイ買って帰って、サバ缶と白菜、長ネギをテキトーな味付けでぱっぱっぱっとナベに。うんうん。やっぱり缶詰は良いね。なんつーか、喰いたいときにさっさっさってなもんですよ。うんうん。
で、白菜の残りは適当に塩で揉んでとんがらしを少々、で、重しして浅漬けに。
うむうむ。
なんつーか、酒がうまい(笑)

【引用始まり】 ---
夢の灯りがささやくとき〈上〉―シャーリアの魔女〈2〉の画像
「 夢の灯りがささやくとき〈上〉―シャーリアの魔女〈2〉 : ダイアナ マーセラス 」
ってワケで今日の獲物はぁ
ふふほほ。ようやく~。帯は
「魔女を愛した男の前に現れたのは!?
 待望のシリーズ第二弾登場」
ってなわけで。いやー、魔女狩りメロドラマの第二弾ですが。
今回良いですよコレ! いやー控えめに言って最高ですよ。イヤホント。
いにしえの魔女ブライアリーちゃんと若き伯爵メルファランがうっかり愛し合ってしまった! しかし、二人の間にはとてつもない障害が……。それが魔女は発見次第速やかに処刑すべし、という「シャーリアの魔女法」。ブライアリーを救うためにはアレマニ大陸を統べる公爵となり、この悪法を撤廃しなければならない。 かくて、若き伯爵は野望を胸に抱いた……。
とまぁ、1作目ではこんなカンジのお話だったんですが。
この巻ではそこから話が突き進んでいて、なかなか良いですよ。
テジャル公爵の思惑、ロウェナ子爵の願い、一筋縄ではいかないメルファランの部下たち。
なかなかいいカンジです。
正直、1作目では衝動的であまりモノを考えてない風だったメルファランくんも、ここに来て一気に悩める伯爵として、とほほ指数格段にupです。
ブライアリーのヒステリーも相変わらず、メガンが萌えないのも相変わらず。
いやいや、でもこれは良いわ。うん。あー、はやく下巻読みませんとー。

【引用終わり】 ---
スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ハートランドの住人 《香村陽子:RIBON MASCOT COMICS》」


へろへろ。
いやー、ひっさびさに一日中、外で仕事してたんですよ。
なんというか、控えめに言って死にそう。ぎゃふん。
実際、最近電車の奈加で爆睡してることが多いので、なかなか本読めませんよ。
とほほ。
積読、すごい溜まってるのになぁ。。。。
この調子で行くと、あっという間に積読二桁ですよ、、嗚呼。

【引用始まり】 ---
ハートランドの住人の画像
「 ハートランドの住人 : 香村 陽子 」
そんなこんなで今日の獲物はぁ
うむ。コレもBook OFFで。
はっはっは、いいですな、やっぱり。
こう、りぼん漫画、なんだかひどく安心ですよ。
つくづくこう、りぼんっこなんだなぁ、と再確認(笑)
例によって短編集なんですが、イヤなかなか良いですよ。
この人連載描いてないのかなぁ。面白いのになぁ。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「夜の童話 《紺野キタ:POPLAR コミックス》」


ふいふいふい。
いやーなんだすかね、忙しいだすよ。
こんな日記、書いてるヒマがないですよ、とっほっほ。
まぁなんだ、げふんげふん。

【引用始まり】 ---
夜の童話の画像
「 夜の童話 : 紺野 キタ 」
そんなこんなでぱっぱっぱっと。この日の獲物はぁ
Book OFFで軽やかにGET。
イヤね、紺野キタ、かなり前から読めー読めー読むべきだー、とか言うカンジで力強くお勧めされてたですよ。
で、ようやく手に入ったんですが。
はっはーん!
なるほどね、うんうん。
結構面白かったですよ。
ホント童話ですな。うん。なかなかいい。
寝る前にぼんやり読むのには良いかも知れませんな。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ARIEL(20) 《笹本裕一:朝日ソノラマ文庫》」


にょいにょーい。
いやーすごいですよ、イヤ、街でうっかり発見したんですけどね。
なんと来週、我が蕨市に於いてですよ、あの! テレンス・リー氏の講演会が!!
うわー、マジっすか。
案内をパクって来たんですが、コレによると
「傭兵として80年代世界中を転戦
 プロボディーガード・エクゼクティブコーディネーター
 TBS「サンデージャポン」レギュラー出演中」
とのことで。
「公演は日本語です」という断り書きも微笑ましい。
はっはっはっはっは
ちなみにテレンス・リーさんはこんな人。
詳しい理由はサンデージャポン等で熟知すべし。

【引用始まり】 ---
ARIEL〈20〉の画像
「 ARIEL〈20〉 : 笹本 祐一 」
そんなこんなで今日の獲物はぁ
うぉーん。 ついに! ついに完結! 帯は
「見よ、この地球! 遙かな未来!!
 52話・全20巻
 シリーズ ここに完結」
うわー。ついに完結しましたよARIEL。
いやー、すごいですな、感慨深いですよ。
このシリーズ始めて読んだときは、まだ中学生でしたからなぁ。
正直な話、ワシがライトノベルにはまりこむようになったそもそもの発端がこのシリーズですよ。
イヤもうホント。かっちりというか、キチッとというか。
見事に終わりましたな。
なんか、すげー満足。
番外編だの外伝だのがでる予定があるようで、それもすげー楽しみ。
そうですわね。今回、地球側はわりとすぱっと気持ちよく完結したけど、宇宙人側の方はほとんど描写がなかったというか、ハウザー&シモーヌのお話とかオフィスリムゲートの徹夜の魔女とか、たぶんこれからフォローですな。
へへへ、楽しみ楽しみ。
……しかし、この話、連載始まってから実に17年だそうで、あー、ワシも年取る訳だわ(苦

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「導きの星(4)-出会いの銀河- 《小川一水:ハルキ文庫》」


にょいにょい。
うわーー、ねむい~。なんかもう、今日一日でなにがあったかなんて覚えてないですよ?
ひたすらネムイ。あうあうあう。
なんだかもう、今日は久々に真面目に働いちゃったせいか、すげー眠いですよ。
あー。
こんなに眠いのにまだ火曜ですか。とほほ。
あー、また最近、全然進んでませんな俺屍。
うー、冬眠の時期が終わるまでテンションあがんないかなぁ。あうー。
つーかもう、今週末は休み無しって事が確定してまして、なんだかもう、あー。

【引用始まり】 ---
導きの星〈4〉出会いの銀河の画像
「 導きの星〈4〉出会いの銀河 : 小川 一水 」
なんだかもうやる気がない今日の獲物はぁ
うぃうぃ。積んでましたよ。おびはぁ
「銀河知性種族同士の凄惨な星間戦争が始まる。
 人々の運命は果たして? 
 完結編いよいよ登場!!」
てな具合で。
いやーーー! なんだ、すげー面白かったですよ!
いやはや、なかなか。この結論、ワシは良いと思いましたよ。
うんうん。
「時は至った!私たち地球人は、宗主の誇りにかけてあなたたちに冠を譲ろう!」
いやー、なかなか。良くまとまったというか、うん。
セントールのとほほっぷりも光りますな。
つーか、控えめに言ってバーニー萌え。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「VIP & Celeb 《聖千秋:QUEEN'S COMICS》」


にょいにょーい。
いやーやっぱアレですな、ワシ寒いの嫌いなんで、部屋にいる時はすごい勢いでエアコンフル稼働なんですが。
やっぱ乾燥するんですなぁ。ミネラルウォーター減るのはやいはやい。は!っと気がついたら、買い置きがない。
はにゃはにゃってカンジですな。発注かけとこう。
ふむぅ。それと、日記の方がなんだかリニューアルしたようで。
で、ワシよく知らなかったんでぐーぐる様にお祈りしたところ、あーなるほどなぁ。
でもさ、あんま、個人の日記には必要ねーんじゃねーかってカンジの機能ですなぁ。

【引用始まり】 ---
VIP&Celebの画像
「 VIP&Celeb : 聖 千秋 」
そんなこんなで今日の獲物はぁ
うぃうぃ。コレもBook OFF。帯なし。
まーなんだすかね。まるきり少女漫画ですな。内容的には
「ヒロインは八百屋の娘で元気が取り柄。一目惚れの相手はVIPと呼ばれるイケメン集団のメンバー。彼らにお近づきになるためには、Celebと呼ばれるお嬢さま集団に加入する必要が…」
とか言う、そんなこんなな。
わりとぼんやりしたわかりやすい少女漫画なんですが、あーコレコーラス連載かぁ。
コーラスってどんな雑誌だよ。
まぁ、これはアレだ、小綺麗にまとまってるカンジで良いですよ。
むしろりぼんか、クッキーあたりなら載ってても全然違和感ないですなぁ。
そのくらい少女漫画。まったり。

【引用終わり】 ---
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「木の国の媛-太陽の娘(1) 《ひかわ玲子:徳間デュアル文庫》」


にょいにょーい。
あー今日もなにも成し得てないわー。ダメ休日だー。
一応、タマゴ買ってきて、カステラ焼いてみたんですが、うーんってカンジ。
表面がビスケット状になってしまいました。で、妹にメールして確認してみたところ、やはり火の入れすぎだったようで……。あうー。
でもって、ちょっと生地自体もモチモチ感up。コナ入れてからこねすぎたのかなぁ。
とまぁそんなわけで、イチからやり直しデスヨうーん。
つーかアレだ、試しに一回スポンジ焼いてみようかなぁ。
とまあぐだぐだやっててもハラは減る訳で、今日はスーパーでシャケの切り身が激安だったのでそれを買ってきて石狩鍋(風)に。
うむうむ。テキトーにやったワリにはそこそこ。
で、あまった白菜を塩で揉んで重しして漬け物に。
おお、なんだかすてきな奥さん風の料理っぷりじゃあないですか(待て)。

【引用始まり】 ---
木の国の媛―太陽の娘〈1〉の画像
「 木の国の媛―太陽の娘〈1〉 : ひかわ 玲子 」
そんなこんなで今日の獲物はぁ
コレも古本屋なので帯はなし。つーか、デュアルはいつも帯なしだっけ?
で、なんというか、内容的にはあー。
和風ファンタジーってところですかねぇ。
ヒロインの呼び名が花咲良媛〔ハナサクラヒメ〕とか七重衣の媛とか鳴神の媛とか。
他の登場人物も脛長比古〔アシナガヒコ〕とか蛇比古〔ヘビヒコ〕とか弓鳴日子〔ユミナリヒコ〕とか。
いやー、微妙にこう、いいですなぁ。いかにもってカンジで。
で、ストーリーというか、お話の方もかなり和風というか。いかにも記紀に出てきそうなエピソードが続きます。お話としては微妙に、首をかしげざるをえないカンジなんですよ。
有り体に言って「はぁ?」みたいな。
でも、こういうほのかに納得出来ない話って、いかにもだよなぁ。って言う。
一応、続きも捜すかぁ。

【引用終わり】 ---