Posted by JET   0 comments   0 trackback

「マイルズの旅路 《ロイス・マクマスター・ビジョルド:創元SF文庫》」


にょいにょーいー
いやはや、みなさんどうですか。
わたしは、みをつくし料理帖のNHKドラマ、第一回目をまさかの見逃しです。
まぁ、ドラマの初回を見逃すのはいつものことではあるし、今回は帰ってきたらラストカットに間に合ったカンジでもあるので、むしろいつもよりはマシかって言うところではあるけれども。
黒木華のお澪坊、予想以上にしっくり来てる感ある。
って言うか、この人のなまえ、はな、じゃねぇんだ。今初めて知った。

マイルズの旅路 (創元SF文庫)
「マイルズの旅路 《ロイス・マクマスター・ビジョルド創元SF文庫》」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「マイルズ拉致され、陰謀に立ち向かう  人体冷凍術が主産業の惑星で 密かに進行する宇宙規模の企み  大人気シリーズついに完結!」とのことで!
完結!!!
つーかおまえ、いつも拉致されてんなwww
今回も受難からスタートするマイルズ君ですが。加齢とともに切れ味が悪くなり、いよいよ愚痴は多くなり、ただでさえ少なかった体力はもう枯渇寸前。みたいなマイルズ君ですが、そのたぐいまれな経験値と、相変わらずの粘り腰でじりじりと自分の土俵に引きずり込んでいきます。
マークはマークで、屈折しながらもやっぱ憎めないイイコ。マイルズとマークの会話が、なんかこう、絶妙な緊張感と親愛があって、たまりませんなぁ。
そしてラストの国主閣下。
コレがラストカットか。しんみりするねぇ。
【松】

スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「レドラナール恋物語-蜜色の花園- 《梨沙:コバルト文庫》」


にょーいにょい。
皆様ご存じの通り、ワシは天海祐希の熱狂的なファンであるため、今期はもちろん「カエルの王女さま」を毎週録画で見ることが決定してるのですが。
存外と、大野くんの月9もちょっと気になる……。
しかし9時っていうのがキツイ。
9時までに家帰ってフロ入ってまったりしてメシなんか喰っちゃおうかな、をこなすのは、ちょっときつくない?
え、みんな、ホントに5時で仕事終わって帰っちゃうの?

レドラナール恋物語 蜜色の花園 (コバルト文庫)
「レドラナール恋物語-蜜色の花園- 《梨沙コバルト文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ! 帯は「じれじれ☆ ニヨニヨ☆ 『華鬼』の梨沙が紡ぐすれ違いラブ☆  ときめきの花咲く許嫁との再会…のはずが!?甘く切ない恋模様----」とのことで。あらすじ的には「3年前に一度会ったことがあるだけの許嫁。でもその3年の間は頻繁に手紙のやりとりをして秘めやかに、穏やかに、しかし着実に恋心を育んでいた。いよいよ三年ぶりに避暑地で会うことになった二人だが……」みたいな。
いやぁ。
ワシね、この際だからはっきり言いますけど。
ネット小説というモノに対して、すっげぇ、偏見があります。もうね「この半端物がっ!」みたいな。
ネット小説の書籍化、みたいなヤツを数冊読んだんですが、どれもコレも到底ワシの好みに合致しなくて。もうね、正直トラウマレベルですよ。
なもんで、ホント、あーもーはっきり言うと嫌いなんですよ(笑) ヤダヤダ。
まぁそんなわけで、うっかり買っちゃったんだけど、コレどうなのよ、みたいなカンジで読み始めたんですが。
うん。
面白かったっすよ。
まー、独特な、というか、ネット上がりっぽい、というか、そういう軽さというか雑さというか、こまけぇことを気にするんじゃないよ、みたいなこともあるんですが。
シンプルで楽しいラブコメかと。ただコレ、まさか続くの……? もう良いんじゃね? という気もするけど。
というか、このノリで普通の学園ラブコメってキツクね?
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「侯爵令嬢の持参金-恋の話は妖精の庭で- 《渡海奈穂:B's-LOG文庫》」


にょーいにょーいー。
ワリと真面目に働いた結果、明日の土曜はおやすみと相成り申した。
ま、ワシが本気出せばこんなもんっすよ、チョロいチョロい……嘘ですごめんなさい、ぜんぜん仕事終わってないっす来週もガンバリマス。

侯爵令嬢の持参金 -恋の話は妖精の庭で- (B's-LOG文庫)
「侯爵令嬢の持参金-恋の話は妖精の庭で- 《渡海奈穂B's-LOG文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレだ! 帯は「ちぐはぐカップルによる すれちがいラブ!!! 相手はパーフェクトな紳士……だったはずなのに----!!!!」とのことで。帯にびっくりマーク多すぎだろうよ。 あらすじ的には「両親の浪費癖に頭を悩ませながらも、実質的に侯爵家を切り盛りするしっかり者のマリーシア。恋も愛もすっかり諦めているマリーシアに不意に舞い込んだ縁談の相手は新興の商人貴族キャンプレンシス男爵・シックス。どんな相手だろうとお金のために我慢しなきゃ、と悲壮な決意を固めるマリーシアだったが、はじめて会ったシックスは気遣い溢れる誠実な美青年で……」とかなんとか。
面白いという評判だったので、慌てて買ってきたんですが、イヤこりゃあ、おもしろいじゃねぇか!!
今までこの作者をスルーしていたなんて……くっそ、くっそ、なんたる不覚!
ヒロインのマリーシアがしっかり者で、キャラ紹介によると妹のフローラは「マリーシアとは正反対の性格」って書いてあったから、てっきり尻軽ダメダメバカ女なのかと思いきや、意外とおねぇちゃん想いのしっかり者です。うん、けっこう良いキャラ。
貴族で結婚で妖精で猫っかぶりのだんな、となると、どうしても「伯爵と妖精」を比較対象にあげたくなるアレですが。エドガーに比べても、十二分にシックスはヘタレというか、トホホ指数高め。
今後にも期待大です。プレイボーイぶってるのに
「なっ、す、好きだとか、そんな」///
みたいなカンジとか、マリーシアのストレートなぶつかり具合に激烈に照れるかと思いきや、
「あんたは充分可愛いじゃないか。なのにまだ自分に手をかけようだなんて、欲が深すぎる」
とか、ウッカリつぶやいちゃうところがすげーっす。シックスさんパネーっす。
この2人の今後が結構気になっちゃうので、今月出る予定の次回作にも大いに期待です。
【竹】