Posted by JET   0 comments   0 trackback

「神様のバレー(1-3) 《西崎泰正/渡辺ツルヤ:HoubunsyaComics》」


ふにゃふにゃ。
お昼、久々にロンリーローリングスッシーが良いかなー、と。
休日の昼は混むのでな。絶妙にタイミングを外して、午後2時近くに行ったんですが。
容赦なく「こちらに名前を書いてお待ちください」とか言われたので回れ右した。
寿司ごときで待ってられるかww
結果、麻婆豆腐食ってきた。すっげぇ片栗粉パワーでとろんとろんで、いわゆるJ麻婆豆腐だった。コレはコレで旨い。

神様のバレー 1 (芳文社コミックス)

神様のバレー 2 (芳文社コミックス)

神様のバレー 3 (芳文社コミックス)
「神様のバレー(1-3) 《西崎泰正/渡辺ツルヤHoubunsyaComics》」
そんな!こんなで! 今日の獲物はコレ! 帯はそれぞれ
「バレーボールに気合と根性はいらない アナリスト(作戦を監督に指示する裏方)が弱小中学校バレー部を最強に変える!」
「騙して勝つのは快感だ!! 万年1回戦負けから全国制覇へ大快進撃! 中学校バレー部物語」
「俺は嫌がらせの天才だ!! 頭を使ったバレーが、体で覚えたバレーを超える アナリストが導き出す勝利の方程式」
とのことで。
あらすじ的には「実業団バレーチーム・ガンマンズの偏屈アナリストの阿月。自分の手で日本バレーを復活させる!と息巻く彼に、万年1回戦負けの弱小バレー部を全国優勝させることができたら、全日本バレーの監督の座を用意しよう、という条件が出されるのだが……」とかなんとか。
由緒正しいスポ根モノですよ。まぁ、昨今の流行というか、若干理屈の方に寄ってますが。
なんせね、ワリと納得できるんですよ、いろんなことが。
そもそも、弱小中学校バレー部って言うのが、県内屈指の進学校、という設定なんですな。曰く「お勉強は間に合ってるから次は部活で成績を上げろ」という状況なんですな。だからこその実業団からの異例のてこ入れが実現するわけだ。
進学校のアタマ良し軍団なので、複雑なフォーメーションとかもすぐに覚えるし、作戦の飲み込みとかもすげぇ良い。
監督の鷲野は「バレーボールは自分自身との戦い」という信条から、今まで作戦もへったくれも無い、気合と根性と基本的な技術のみを教えていた(だから勝てなかった)。
阿月をして「コイツら、一人一人のプレーは基本に忠実で悪くない」といわしめる、出来ない監督じゃ無いんですよ。出来る子なんだけど、意地悪さが足りないだけって言うか。
部下の木下をサポートするために鷲野監督をどやしつけておいてからの「さすがのおまえも、ノーブロックの相手にCを決めるくらい……」なんてのとかさ。
歩木浜中戦での「女として負けている監督に……せめて試合ぐらいは、勝利をプレゼントしてやらねぇか」とか。
転げるほど笑ったわww

あと、この作品は、ワリと固有名詞の付け方が雑でw
県内は大きく四つの市に分かれていて、それぞれ、北市、南市、東市、西市。ひどい。
ライバル中学校の学校名も結構ひどくて。いやね、最初の強敵、東市で無敵を誇るのは「二子石中学校」。通称「ニコ中」
次に立ちはだかるのが美人すぎる監督・設楽率いる南市のダークホース「歩木浜中学校」。通称「アル中」。
その次が鉄壁の守りを誇るつなぎのバレー、王者「薬丸中学校」。通称「ヤク中」。
いやぁ。
駄目でしょコレwww 応援団とか「イケイケ!ヤク中!」とか叫んでるから。駄目すぎる。
モンスター武藤が引っ張る南市のワンマンチーム「寝川中学校」は、略称なんなんだろう。ネッ中なのかなぁ。
いやもうね、ホントコレ面白いんすよ。マジマジ。
続きも楽しみです
【松】

スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「夜明けの図書館(2) 《埜納タオ:JOURCOMICS》」


にょーいにょいん。
いやぁ、春眠の季節ですかね。もう日中も眠くて眠くて。
仕事も結構詰まってるんですが、やる気が出ない。
五月病かしらん。

夜明けの図書館(2) (ジュールコミックス)
「夜明けの図書館(2) 《埜納タオJOURCOMICS》」
てなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「Q『レファレンス・サービスって何?』A『司書が利用者の調べ物、捜し物をお手伝いするのが『レファレンス・サービス』。そこには、ホント、人と、心をつなぐ謎解きドラマがある!」とかなんとか。
もうあらすじもそれで良いですわ。
最近結構増えたなぁ、という「本屋・図書館モノ」ですが。ワシ、あんま好きじゃないんだよねー。
なんか、ワシそんなに本を愛してないな、みたいな引け目というか。そんなワシですが、コレは結構好きです。うんちく感がないのが良いのかな。
さらっと読めてなかなか面白いです。
確か、1巻の時は巻数表示がなかったんで、続くのかどうかやきもきした記憶がありますが。
不定期連載のようで、この後にも期待です。
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「信長のシェフ(5) 《西村ミツル/梶川卓郎:Houbunsya Comics》」


ほにょほにょ。
いやぁ、どうよ。時代劇ニューウェーブ、そんな時代が遠からず来るぜ、と口を酸っぱくして主張していたワシですが。
こないだの「みをつくし料理帖」、そして今やってる「猿飛三世」とか、すでにちょっとキてるなー、と思ってたんですが。
なんと1月から、よりにもよって金曜ナイトドラマ枠で「信長のシェフ」が連ドラか決定です!! しかも信長がミッチーwwwww
やっべぇ、ちょー観てぇww
もうね、本屋で週刊漫画TIMESの表紙観て、びっくりして二度見しちゃいましたよ。
楓さんまでキャスティングされてるので、いったいどこまでやるのかが気になりますが。

信長のシェフ 5 (芳文社コミックス)
「信長のシェフ(5) 《西村ミツル/梶川卓郎:Houbunsya Comics》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「強大な力を持つ宗教組織・石山本願寺。そこに奇妙な菓子を作る料理人がいるという。その料理人とはいったい!? 堺は信長様と共に滅びることになりましょう!」とのことで。あらすじ的には
・素直なやっちゃな… 気にいらん 気にいらんわ
・めしと同じ神聖な食べ物 弄ぶのはよくない
・それでも 死なないで欲しいとは言わせてくれないのですか
の三本立てで。
森可成、なかなかスポットの当たらない人ですが、格好いいわぁ。あと、楓さんの不遇っぷり。
今井宗久のゲスっぷりもたまりませんが。
まぁ、次巻の森様の死に様に期待大です。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「信長のシェフ(3) 《西村ミツル/梶川卓郎:Houbunsya Comics》」


にょーいにょい。
どうも最近、「急で申し訳ないんですが明日の○時に打ち合わせお願いできませんか」とか言ってくるという事案が多すぎます
うっせーばーかばーか、こっちだってヒマじゃねぇんだいつもいつもおめーの都合にばっかり合わせてられるかこの唐変木めが!
といいたくなるのを、じっと我慢する日々です。

信長のシェフ (芳文社コミックス)
「信長のシェフ(3) 《西村ミツル/梶川卓郎:Houbunsya Comics》」
そんなこんなで今日の獲物はコレ!帯は「現代からタイムスリップしてきた料理人・ケンは、信長の戦に従軍し、過酷な任を請け負うことに! 朝倉の料理人になりすまし 敵情に潜入せい!」とのことで。まぁあらすじ的にもそんなカンジですが。
相変わらずのハードモードですケンさん。
あと今回は夏さんの出番が皆無なのでしょんぼりしてたら、くノ一キャラであるところの楓さん新登場ですが、なんだろう、ぜんぜん萌えない……。 むしろ、唐突に出てきた竹中半兵衛がクソ美形キャラで笑った。
さてさて、絶体絶命のピンチですが、いやぁ、次巻が普通に楽しみです。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「ぴくぴく仙太郎(37) 《布浦翼:BLKC》」


ほにょほにょ。
そんなわけで、微妙に話題になってるトマトですが。
ワシ、元々トマトジュース大好きなんですよ。んで、この報道でトマトジュースが買えなくなったら大変! 買い込んでおかなきゃ! ってなって、スーパーで慌ててペットボトル買ってきてたんですが。
今までですね、国産が最強、つまりカゴメのトマトジュースが一番旨い、と思ってたんですが。今回ふっと思い立ってデルモンテも買ってみると……あれ? 旨いじゃん?
となると、今まで飲んだこと無かったけど、ドン・シモンのトマトジュースももしかして……と慌てて買ってくると……。
うめぇじゃねぇのコレ!! やっべ、ドン・シモンのトマトジュースふっつうにうめぇ!
塩分添加してるのがちょっと難点とも言えますが、いやいや、ホント、コレ旨い。
エビスと半々で割って(つまりレッドアイ風に)胡椒をさっと振ると、もう何杯でも行ける。ちょーヤバイ。
つか、こんなんでガンガン飲んでたら、肝臓にも体脂肪にも良いはずが無いww

ぴくぴく仙太郎(37) <完> (BE LOVE KC)
「ぴくぴく仙太郎(37) 《布浦翼BLKC》」
そんなワケで獲物はコレ。帯は「みんな大好き仙太郎 ついに最終巻!! 最終巻からでも楽しめるオール読み切り全9話!」 とのことで。
いやぁ、久々に大活躍の家主さん、ダンディーw
というか、このシリーズが終わるとは思わなかった。ま、いずれ終わるというのが当然なんですが。
なんというか、ワシ何度も何度も口を酸っぱくして主張してるんですが。
布浦翼の真骨頂というのは動物漫画では無くラブコメだとおもっとりますので。もうね、「お気に召すまま☆」はレディコミ界屈指の傑作ですよ。
ああいうラブコメを、もう一回描いて欲しいなぁ。
【梅】