Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「これは経費で落ちません!(2)-経理部の森若さん- 《青木祐子:集英社オレンジ文庫》」


にょいにょい。
職場が変わったとか、季節が変わったとか、あるいはなにが変わったのかよくわかりませんが、どうもこう、残業が減りそうです。
んで、ぼちぼちこの北国も春めいてきてですな。
だから、すこしは気力が続くんじゃ無いかなぁ。などと、自分に期待しているわけです。
あと、自由な時間が増えた結果、何ら生産性のある何かをするでも無く、amazonプライムビデオとか見ちゃってるダメ人間。

これは経費で落ちません! 2 ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)
「これは経費で落ちません!(2)-経理部の森若さん- 《青木祐子集英社オレンジ文庫》」
てな訳で今日の獲物はこれです。帯は「その経費、本当に必要ですか? 使える経費の多い社員は、たまに足を踏み外しかける----。経理女子の目線で見るお仕事ドラマ第2弾!」とのことで。
まぁ、今めっきり人気のこのシリーズ、さっそく読んでみましたが、いやー面白い。相変わらず森若さん仕事できるわぁ。つうか天天コーポレーションさん、みんな仕事できるよねぇ。
1巻の時は、ワリと「人間って、良い人もいないし悪い人もいない。ちょっとづつ良いしちょっとづつずるい」みたいな話だったんですが。今回はガッツリやらかしちゃってたりしますなぁ。
仮に職場に実際にいるとしたら、皆瀬さんも太陽も嫌いだわーwww
皆瀬さんみたいな人生の手練手管が上手なヒト、イヤだわーww そうしたら綺麗にトクできるのか。たいしたものです。
【松】


スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「影の王の婚姻 《天海りく:B's-LOG文庫》」


にょいにょい。
不本意ながら、半生半死でしたよ……
いやもう、具合悪くてがっつり死んでました。何年かぶりに、自主的に病院行ったっす。ワシ、ワリと人にはすぐに「医者行けー、医者行けー」「人の体は良くしたモノで、養生すれば死ぬまで使えるんだぜ」とかすーぐ言うくせに、自分では医者に行きたがらないでおなじみだったんですが。あまりの具合悪さに、もう自主的に医者行っちゃいましたよ。
とほほのほ。
そして仕事が山積み。

影の王の婚姻 (ビーズログ文庫)
「影の王の婚姻 《天海りくB's-LOG文庫》」
てなこんなで今日の獲物はこれー。帯は「皇女様のスパルタ婿教育!? 婚姻から始まる王宮ラブ(時々暗殺)ロマン----!」とのことで。あらすじ的には「政治力のない兄皇帝を支え続ける皇女フィグネリアへ降ってわいた婿取り話。すわ間者か、刺客か、と裏を勘ぐるもどうにもなんの危険も感じさせないボンクラ男のクロード。当面の危険がないのならとりあえず少しでも仕事を覚えてもらおう、と調教婿教育を開始するのだが……」とかなんとか。
ワリと昨今の流行に忠実な、と言うか、まぁまぁ普通の話なんですが、いやぁ神様の名前とか覚えるのめんどくさいです(覚えないくせに文句言うワシ)。
ときどき話の展開について行けなくなって「アレ?何で?」となっちゃったりしたんですが、たぶんワシの体調がべらぼうに悪いからだと思う。ワリと普通のワリとちゃんとした話。ただ、お兄様ご夫妻が、もう少しちゃんとしてくれてても良いと思うのです。そりゃお家騒動も起きるわww おまえらマジメにやれ。
【梅】


Posted by JET   0 comments   0 trackback

「猫目の賊-兄妹十手江戸つづり- 《芦川淳一:ハルキ文庫》」


にょーいにょいん。
今日はもちろん休みだったんですが、まんまと緊急呼び出しを喰らってしまいました。
どうせ休みの日も何の予定も無く独りで家にいるんだろ、と思われてるのがすげぇシャクです。
んで、それが正解なのがちょっと悲しいですw

猫目の賊 兄妹十手江戸つづり (ハルキ文庫 あ 21-3 時代小説文庫)
「猫目の賊-兄妹十手江戸つづり- 《芦川淳一ハルキ文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「優しい兄と勝気な妹。兄妹の絆が、父の仇を討つ! 初秋の江戸に爽やかな風が吹く、人情捕物第三弾!」とのことで。あらすじ的には「大店の一人娘の赤子が攫われる、と言う事件が発生。清一郎は内偵を進めるが、おなごの手があった方が良かろう、とまた美琴の手を借りることに。捕まえてみると犯人は《猫目組》なる盗賊集団の一員で、すっかり改心した今は足抜けしたい、ということなのだが……」とかなんとか。
いやぁ、タイトル見たときは気がつかなかったですけど。女だけの盗賊団で《猫目組》ってお前、キャッツアイってことか!!
まぁ本家と違って7人組でしたけど……
相変わらず軽快で特に悩まずにすいすい読める、良い意味でのライトな一作です。なんと、今回は父の仇・七化けの弁五郎を討ち果たしてしまいました。……完結か……
まぁ、ハッピーエンドなのは良いですけど、さすがに最後のまとめ方は強引、つーかテキトーじゃなかろうかww
なんと清らかな、じゃねぇよwww
清一郎の分際で柚里さんを自力でデートに誘うとか、唐突すぎます。
まぁハッピーなんだから良いですけどね。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「縁談つぶし-兄妹十手江戸つづり 《芦川淳一:ハルキ文庫》」


ふにゃふにゃ。
いやぁ、お盆ですお盆。
リーダーと、たまには外に呑みに行くべぇよなんて話してたんですが。
風邪でダウンとか(笑)
マジで。
高熱で動けなくなったすまん、とか言ってやがって。しょうが無いから独りでカラオケでも行くかな

縁談つぶし―兄妹十手江戸つづり (ハルキ文庫 あ 21-2 時代小説文庫)
「縁談つぶし-兄妹十手江戸つづり 《芦川淳一ハルキ文庫》」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「兄と妹、ふたりだけの絆。亡き父から継いだ同心の誇り----」とかなんとか。あらすじ的には「いまいち頼りない兄をこの手で支えようとする美琴の元に、叔母が縁談を持ち込んできた。いまいち乗り気で無い美琴であったが、縁談相手が次々と辻斬りに襲われるという事態に、娘同心としての意地が……」とかなんとか。
いやぁ、お兄ちゃん頑張ってんじゃん!!かっこいい! いや、それは言いすぎかな(笑)
つうかもう、次々と縁談が舞い込み、そして次々と潰れていく様が何とも小気味良い。
と言うか、美琴があまりにも強いので無理無理、と言う断りザマが泣かせます。
コレは良いライトノベル。
【竹】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「兄妹十手江戸つづり 《芦川淳一:ハルキ文庫》」


ふにゃふにゃ。
今日は県内全域でものすごい勢いでお祭りが開催されていたんだぜ。
階上の臥牛山まつり、新郷のキリストまつり、八戸で水道フェスタ、三沢でアメリカンデー、七戸では天王つつじまつり、南部町でぼたんまつり。
いやぁ、もうね、盛りだくさんです。どこいこっかなー、なんて、考えたりもしたんですが。
まぁ、寝るよねwwww

兄妹十手江戸つづり (ハルキ文庫 時代小説文庫)
「兄妹十手江戸つづり 《芦川淳一ハルキ文庫》」
てなワケで今日の獲物はコレ。帯は「兄上一人を危険にさらしません! 家族ふたりの人情捕物帳  隠密同心を拝命した兄と小太刀の名手の妹。逆境にめげずに八丁堀に暮らすふたりが江戸に薫風を運ぶ新シリーズ!」とのことで。
まぁそんなわけで、若くして隠密同心なんぞになってしまった兄と、生来の勝ち気さと小太刀の才能ですぐに事件に首を突っ込む妹とのてんやわんや捕物帳。
何というか、兄ちゃん頑張れwww
互いに嫁に行け、嫁を取れ、といいあってるのがなかなか微笑ましいです。
ワシ、捕り物やミステリーが嫌いと公言してはばからないわけですが、コレはなんというか、むしろライトノベルと呼ぶにふさわしい手軽な逸品。
取りあえず続きも買ってこようかと思います。
【梅】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。