Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「死んだのか、信長-本能寺の変異聞- 《岩井三四二:PHP文芸文庫》」


にょいにょーいー。
すげぇショック……。。。。。。
谷川史子原画展なるものが、開催されてる……
うわー知らんかったーーーーーー!!
まじかぁ。。。コレは無理にでも東京行く価値があるヤツじゃねぇかコレ…
だー。
連休、リーダーとだらだら呑んでる場合じゃ無かったーっ
くっそ、くっそ。
さすがにコレ、この先他のギャラリーに巡回できるようなもんでもないだろうし、いやぁ、我ながらアンテナが低い!
しかも、完全に終わってから気がついたのなら、そんなにこう、ハートにこないんだろうけど、明日はまだやってるっていうのがこう……でもさすがに平日いきなり休み取って東京に行けるほどワシも自由人じゃ無い。つか、いわゆる社畜だし。
嗚呼、ステキイベントに決まってるこんなの…。ってか、「告白物語おおむね全部」ってなんだよオイコラ、そんなの面白いに決まってるじゃねぇかwww

死んだのか、信長 (PHP文芸文庫)
「死んだのか、信長-本能寺の変異聞- 《岩井三四二PHP文芸文庫》」
そんな今日の獲物はコレ。帯は「日本史上最大のとまどい  信孝の右往左往、久太郎の屈折、恵瓊の歯ぎしり、一益の後悔……」とのことで、もうね、あらすじもずばりもう帯そのまんま。
本能寺の変によって翻弄された男達(あるいは女達)の苦悩と葛藤。右往左往。短編集みたいな格好になってるんですが、もうね、どいつもこいつも気の毒すぎて。
信孝も堀久も十二分に切ないのですが、なんせ安藤家の面々の気の毒さたるや尋常で無く、また近衛前久のひどい扱いと言ったらもう、もう、もう。。。。。
マシ!比べたら全然マシ!www
【梅】


スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「黄金旋律-旅立ちの荒野- 《村山早紀:PHP文芸文庫》」


ほにょほにょ。
いやぁ、忙しいですねぇ。世間様一般が忙しいのか、訳のわからない見積もり依頼とかもバンバン舞い込んできたりなんかして。なんだコレ、みたいな。
そういえば、日曜10時って、ネタ番組やってるんですね。まさか、八戸出身何とかのあどばるーんを全国ネットで目にする日が来ようとは。びびった。
案の定、箸にも棒にもかかってないカンジで微苦笑、というか。
どうなんですかね。
システム的に、あの番組から芽が出るのは不可能に近いと思うんですが。

黄金旋律 (PHP文芸文庫)
「黄金旋律-旅立ちの荒野- 《村山早紀PHP文芸文庫》」
てなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「『あの約束』を胸に、少年たちの冒険は始まる  『コンビニたそがれ堂』で話題の著者が描く、心震わせる温かな感動に満ちた物語」とかなんとか。「優秀な兄を亡くし、どこか軋んだ家庭で健気に頑張り続ける臨だったが、ある日、不自然な家族は遂にその限界に達し……」とかなんとか。
いやぁ、最初、どうなるのかと思いましたが。
まぁ、村山早紀らしいのかな。
何より、読み終わった段階で「え、コレまさか続くの?」って言うのがびっくりした。いやまぁたしかに、伏線回収してないし、順当に言ったら続くんだろうけど。なんかワシ、勝手に終わるテンションで読んでたから、なんか、ねぇ。
ソウタには頑張ってほしい。
【梅】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。