Posted by JET

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「桐谷さんちょっそれ食うんすか!?(2) 《ぽんとごたんだ:GEKKANACTION》」


にょいにょいー。
いやぁ、いくつになっても初めてというのはあるものでして。
慣れない仕事にシックハックしておりますわ。
慣れないって言うか、そもそも初めて取りかかることだし。こまる。
いつになくびびっております。

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? : 2 (アクションコミックス)
「桐谷さんちょっそれ食うんすか!?(2) 《ぽんとごたんだGEKKANACTION》」
そんなわけで今日の獲物はコレ。帯は「先生、ワニ 食べますよね? 何でも食べちゃう女子高生・桐谷さんと何でも食べさせられちゃう榊先生の雑食グルメコメディ!」とのことで。
残念美少女桐谷さんが、榊先生を従えて、いろんなゲテモノを食べまくる、というおハナシですな。
1巻はワリとオーソドックスに「あちゃあ」みたいなTHEゲテモノだったんですが、2巻はクジラ、ザリガニ、ワニ、などなど、ゲテパワー低めというか、なんつうか。
てか、ワニ普通に上手そうだなぁ。
ワニ食いたい。amazon? amazon??
【梅】


スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「死んだのか、信長-本能寺の変異聞- 《岩井三四二:PHP文芸文庫》」


にょいにょーいー。
すげぇショック……。。。。。。
谷川史子原画展なるものが、開催されてる……
うわー知らんかったーーーーーー!!
まじかぁ。。。コレは無理にでも東京行く価値があるヤツじゃねぇかコレ…
だー。
連休、リーダーとだらだら呑んでる場合じゃ無かったーっ
くっそ、くっそ。
さすがにコレ、この先他のギャラリーに巡回できるようなもんでもないだろうし、いやぁ、我ながらアンテナが低い!
しかも、完全に終わってから気がついたのなら、そんなにこう、ハートにこないんだろうけど、明日はまだやってるっていうのがこう……でもさすがに平日いきなり休み取って東京に行けるほどワシも自由人じゃ無い。つか、いわゆる社畜だし。
嗚呼、ステキイベントに決まってるこんなの…。ってか、「告白物語おおむね全部」ってなんだよオイコラ、そんなの面白いに決まってるじゃねぇかwww

死んだのか、信長 (PHP文芸文庫)
「死んだのか、信長-本能寺の変異聞- 《岩井三四二PHP文芸文庫》」
そんな今日の獲物はコレ。帯は「日本史上最大のとまどい  信孝の右往左往、久太郎の屈折、恵瓊の歯ぎしり、一益の後悔……」とのことで、もうね、あらすじもずばりもう帯そのまんま。
本能寺の変によって翻弄された男達(あるいは女達)の苦悩と葛藤。右往左往。短編集みたいな格好になってるんですが、もうね、どいつもこいつも気の毒すぎて。
信孝も堀久も十二分に切ないのですが、なんせ安藤家の面々の気の毒さたるや尋常で無く、また近衛前久のひどい扱いと言ったらもう、もう、もう。。。。。
マシ!比べたら全然マシ!www
【梅】


Posted by JET   0 comments   0 trackback

「一華後宮料理帖(2) 《三川みり:角川ビーンズ文庫》」


にょーいにょいー。
いやぁ、なんというか、年を取ったせいか最近メンタルが弱っております。
フィジカルはかなり前から弱っております……
健全なメンタルを維持するためには、やっぱ、軽い運動からしないといけないのかしら。

一華後宮料理帖 第二品<一華後宮料理帖>
「一華後宮料理帖(2) 《三川みり角川ビーンズ文庫》」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「『この気持ちは、決して許されない----』 『食』を愛する皇女の中華後宮記、第2弾!!」とのこと。あらすじ的には「明来告知。妃嬪の序列を決めるこの一大儀式を前にして、後宮はぴりぴりとした緊張感に包まれ始める。儀式をつつがなく終えるため、四夫人達を落ち着かせよ、と命じられた理美と朱西は四夫人達に夜食を提供するのだが……」みたいなカンジ。
いやなかなか。三川みりですなぁ。
1巻読み終わった段階では「なんだこりゃこりゃ」と思ったりもしたんですが、さすがの三川みりというか、なんか面白いんだよなぁ。シュガーアップルフェアリーテイルも入り口は妙にふわっとしてたのに、中身はかなりしっかりしてて、読み進めるごとに手応えにびびる、みたいなカンジだったんですが。
この一華後宮料理帖、2巻にしてすでにそんな手応えを(ワシが勝手に)感じとりつつある。
3巻も買ってあるからなるべく早く読もう。
コレ、多分だけど、もうラストまでの道のりがある程度かっちりできあがってるんだと思われるんだけど、あまり引き延ばさないで作者の思惑通りやって欲しいなぁ。
それと、関係ないけど、少女小説ってのは巻数表記できないしきたりでもあるのかね?
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「お約束コンサルタント 鈴木王道(2) 《高津ケイタ:YOUNG KING COMICS》」



にょいにょい。
どうも、ワシです。

イヤですね、友達のいないワシでございますから。
そうちょくちょくあると言うほどでも無いんですが、まぁ、独りで外で呑む、というシーンもあるわけですよ。主に一人旅の夜に、とかですが。

んでね、独りだからまぁ当然のように、居酒屋でカウンターに座らせられるわけですよ。
まぁネット見ながらちまちま呑んでたらですな、同じカウンターのカップル、今風に言うとアベックが、若干声が大きくて聞くともナシにぜんぶ聞こえるんですよ、やりとりが。
もうね、サントリーサタデーウェイティングバー。
聞こえてきた情報を整理すると(そしてワシの願望をアレして勝手な設定も脳内で付け加えた結果)
まぁ、カップルの男女をそれぞれ「星彦」と「里美」と仮定しますわ。
・居酒屋マスターと星彦と里美は三人幼なじみで腐れ縁。
・全員同級生で30くらい。いやもっと若いかも。
・マスターはモテモテの学生時代だったけど星彦はそうでも無かった。
・里美は自称腐女子。
・里美がイケメンに振られると星彦はやけ酒につきあわされる。
・星彦曰く、酔いつぶれた里美を負ぶって家まで連れて帰ったら里美の親父さんに怒られたのは理不尽だ
……などなど、イヤもうここ数年のアバンティ風聞き耳独り酒の中でも5本の指に入るくらい面白い。
イヤ勝手に脚色してるけど。
あだち充か!…いやいや、あだち充はこんな話になるはず無い、どっちかって言うと星里もちるだな、とか。コレ月9だったら3ヶ月後にハッピーエンドになるから良いけど、花王愛の劇場でこの設定だったら今後どうなるかなぁ、とか。もうね、スマホ見てる場合じゃ無いwww
もうね、独り酒のコミュ障がついつい横から口挟んじゃいましたよ。
どう言う話の流れか、里美がシークァーサー果汁100%をグラスでぐいっと煽った結果、ペケの頃の新井理恵の効果音的な「ぶぼぁっ」とか言ってむせたんですわ。星彦大爆笑。
「おまえ豚の鳴き声みたいな音出してんじゃないよ」とかいって。
さすがにそれは良くない、幼なじみとは言えたとえがひどすぎる、と思ってですな。
「いやいや兄さん、それは良くない『豚みたい』は良くないよ。もっとちゃんとこう、『子豚みたいにカワイイ鳴き声』とか、そういう表現にしないと」

と、言う話が、すげぇ面白かったんですが、会社で披露するような話でも無いし、どうにもこうにも言う相手がいなくてですな。ワシ友達居ないし。かてて加えて、酔いが覚めてから振り返ると、言うほど面白い話でも無い(酒の席での面白い話なんて言うのはまぁそんなモンですが)
で、披露する場として思い出したのがここ、このブログなのです。
マジか。

お約束コンサルタント 鈴木王道 2巻 (ヤングキングコミックス)
「お約束コンサルタント 鈴木王道(2) 《高津ケイタYOUNGKINGCOMICS》」
てな訳で。帯は「ベタとは先人の残した遺産。偉大なる人類の叡智。」
あらすじ的には「人々の悩みを「ベタ」を駆使して解決するお約束コンサルタント。あらゆる難題を『ベタ』で解決し続ける所長の鈴木はいったい何者なのか、その異常とも言える能力の源泉とはいったい……」とかなんとか。
まさか2巻が出るとは思ってなかったww
1巻の段階ですでにそこそこ風呂敷広げてたので、こんな漫画で大丈夫なのか…なんて勝手に不安視してたんですが。案外きっちり終わったのでびびるわ。
【梅】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「政宗くんのリベンジ 《竹岡葉月:一迅社文庫》」


にょーいにょいん。
タワーレコードの500円券が出てきた。いや、出てきたってことも無いんだけど。
期限が今月中なんですが、今月はこれといって買わなきゃ無い新譜が出るってことも無いんだよなぁ。。うーん、なんか買うべきってあったかな
いや、はした金の金券を使うために欲しくも無いものを買う、というのは、完全なる駄目な散財だwww

政宗くんのリベンジ (一迅社文庫)
「政宗くんのリベンジ 《竹岡葉月一迅社文庫》」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「ドSの残虐姫を----惚れさせて捨ててやる!!!!  元デブ男からイケメンに変身した男の復讐ラブコメ!」とのことで。もうね、あらすじもおおむねそんなカンジなんですがね。
なんだこりゃ、と思いながら読んでたら、コレ、連載漫画のノベライズを原作者自らやりました、ということのようですな。
どんな仕掛けがあるんだ、と結構警戒しながら読んでたんですが、ワリとストレートなラブコメでした。
もうね、「わたしはハダピュア」が頭から離れませんww 
ハダピュアを見るためだけにコミックスを買おうかと……いや、そこまででは無いなw
【梅】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。