Posted by JET   0 comments   0 trackback

「マイルズの旅路 《ロイス・マクマスター・ビジョルド:創元SF文庫》」


にょいにょーいー
いやはや、みなさんどうですか。
わたしは、みをつくし料理帖のNHKドラマ、第一回目をまさかの見逃しです。
まぁ、ドラマの初回を見逃すのはいつものことではあるし、今回は帰ってきたらラストカットに間に合ったカンジでもあるので、むしろいつもよりはマシかって言うところではあるけれども。
黒木華のお澪坊、予想以上にしっくり来てる感ある。
って言うか、この人のなまえ、はな、じゃねぇんだ。今初めて知った。

マイルズの旅路 (創元SF文庫)
「マイルズの旅路 《ロイス・マクマスター・ビジョルド創元SF文庫》」
そんなこんなで今日の獲物はコレ。帯は「マイルズ拉致され、陰謀に立ち向かう  人体冷凍術が主産業の惑星で 密かに進行する宇宙規模の企み  大人気シリーズついに完結!」とのことで!
完結!!!
つーかおまえ、いつも拉致されてんなwww
今回も受難からスタートするマイルズ君ですが。加齢とともに切れ味が悪くなり、いよいよ愚痴は多くなり、ただでさえ少なかった体力はもう枯渇寸前。みたいなマイルズ君ですが、そのたぐいまれな経験値と、相変わらずの粘り腰でじりじりと自分の土俵に引きずり込んでいきます。
マークはマークで、屈折しながらもやっぱ憎めないイイコ。マイルズとマークの会話が、なんかこう、絶妙な緊張感と親愛があって、たまりませんなぁ。
そしてラストの国主閣下。
コレがラストカットか。しんみりするねぇ。
【松】

スポンサーサイト
Posted by JET   0 comments   0 trackback

「かわいいひと(4) 《斉藤けん:LaLaHC》」


にょいにょーいー。
いやぁ、スピリッツあるじゃ無いですか。ビッグコミックスピリッツ。正式な発売日は月曜日でありますが。
平成も29年目ともなると、この片田舎でも発売日に週刊誌がやってくるんですが。
イヤさ、やってきていたのですが。今までは。
どうもここ最近、月曜日に見かけないんですよ。月曜日、朝探しても昼探しても夕方探しても、いっくら探しても見つけられない。
イヤ別に、火曜日に読めるんで良いですけど。


かわいいひと 4 (花とゆめCOMICS)
「かわいいひと(4) 《斉藤けんLaLaHC》」
てなこんなで今日の獲物はこれ! 帯は「かわいい(死神顔の)お花屋さんは好きですか? 死神系男子のピュアラブコメ☆」とのことで。あらすじ的には
・今は少しお太りになられた
・みたいじゃない 天使だ!
・鈴木家で客人に肉を焼くのは歓迎の証だ!!
の三本立てで。なぜかみんな鈴木兄ww
もうさぁ、こんな、ただかわいいだけの少女漫画なんて許されるの!? くっそ、花園くんも日和ちゃんも可愛すぎるだろ……。。
日和パパの籠絡されっぷりもハンパ無いし。
こんな真正面から正攻法の少女漫画、久々に読んだけど、いやぁすげぇなぁ。
日和ちゃんがたまに攻めっ気出してくるところ、ホントかわいいよね!
【松】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「これは経費で落ちません!(2)-経理部の森若さん- 《青木祐子:集英社オレンジ文庫》」


にょいにょい。
職場が変わったとか、季節が変わったとか、あるいはなにが変わったのかよくわかりませんが、どうもこう、残業が減りそうです。
んで、ぼちぼちこの北国も春めいてきてですな。
だから、すこしは気力が続くんじゃ無いかなぁ。などと、自分に期待しているわけです。
あと、自由な時間が増えた結果、何ら生産性のある何かをするでも無く、amazonプライムビデオとか見ちゃってるダメ人間。

これは経費で落ちません! 2 ~経理部の森若さん~ (集英社オレンジ文庫)
「これは経費で落ちません!(2)-経理部の森若さん- 《青木祐子集英社オレンジ文庫》」
てな訳で今日の獲物はこれです。帯は「その経費、本当に必要ですか? 使える経費の多い社員は、たまに足を踏み外しかける----。経理女子の目線で見るお仕事ドラマ第2弾!」とのことで。
まぁ、今めっきり人気のこのシリーズ、さっそく読んでみましたが、いやー面白い。相変わらず森若さん仕事できるわぁ。つうか天天コーポレーションさん、みんな仕事できるよねぇ。
1巻の時は、ワリと「人間って、良い人もいないし悪い人もいない。ちょっとづつ良いしちょっとづつずるい」みたいな話だったんですが。今回はガッツリやらかしちゃってたりしますなぁ。
仮に職場に実際にいるとしたら、皆瀬さんも太陽も嫌いだわーwww
皆瀬さんみたいな人生の手練手管が上手なヒト、イヤだわーww そうしたら綺麗にトクできるのか。たいしたものです。
【松】


Posted by JET   0 comments   0 trackback

「大砲とスタンプ(3) 《速水螺旋人:モーニングKC》」


にょいにょい。
先日の、TUTAYA×B's-LOG文庫での、しおり配ってそれでこっそり短編を読めるぜ、的なキャンペーンとか(ワシはハブかれたけど)
村山早紀×明正堂書店の、フリーペーパーに掌編がのってるだとか。
今始まった商法では無いけど、今後はこういうカンジの手法は増えるんだろうなぁ。
どこの書店も必死だろうし。
ワシくらいの田舎者になるとですな。
なんつうか、テレビ東京で面白そうなドラマやっててもみれないし、みたいなスルーぢからが半端無いんですが。
この手の「レア短編商法(勝手に命名)」についても、「都会の本屋はなんか良いことやってるっぽいなぁ。」っつーカンジでスルーして生きていきますよ。

大砲とスタンプ(3) (モーニングKC)
「大砲とスタンプ(3) 《速水螺旋人モーニングKC》」
そんなわけで今日の獲物はコレ。帯が長いぞ「唯一無二の“Military法螺”漫画 「スラム育ち刑務所帰りの大公国兵站軍第二中隊所属 アーネチカ・A・アルセニエワ兵長戦闘中!」 素人は戦術を語り、玄人は戦略を語り、プロは兵站を語る」とかなんとか。
いやー、相変わらずすばらしい。
単なる架空の大戦モノっていうカンジでは無い、この独特のカンジが「Military法螺」の真骨頂というか、いや何とも言えないこの、良い味出してる。怪しい兵器群とか代用珈琲とか。
なによりやっぱりこの「兵站軍」つーのがすごいわ。思いつかないわー。今回もスィナンさんの悪逆非道っぷりが炸裂してるわけですが、いやホント、出来る子。知恵が回りすぎて嫌みですらあるわw
あと、今回はキリール大尉、ほとんど役に立ってねぇww もっと頑張れ。
【松】

Posted by JET   0 comments   0 trackback

「伯爵と妖精-新たなるシルヴァンフォードにて- 《谷瑞恵:コバルト文庫》」


にょいにょいにょい。
だいぶ寒さが緩んできたかなぁ。先週から最高気温がマイナスのまま、というワリとがっつり真冬だったんですが、今日は何とか、日中気温がプラスに転じる大金星。
寒すぎるとホント、何もする気が起きなくなっちゃうからなぁ。
いやまぁ、そうでなくても怠惰な生き物であるワシではございますが

伯爵と妖精 新たなるシルヴァンフォードにて (伯爵と妖精シリーズ) (コバルト文庫)
「伯爵と妖精-新たなるシルヴァンフォードにて- 《谷瑞恵コバルト文庫》」
そんなわけで今日の獲物はコレ! 帯は「また逢えたね、僕の妖精。 アルヴィンが誕生し、賑やかになったアシェンバート家の日常を描く後日談!」とのことで。
もうあらすじとかどうでも良いよね。平和を取り戻したイギリスとそして伯爵家。でも小さな問題は次から次へと……みたいな。
もうね、バターの話とか、だいたい話の流れが検討ついてるのにニヤニヤしちゃう。
いいなぁ。
つうか、レイヴン頑張れ。ちょー頑張れ。
ポールでさえも男を見せたんだww 魔法に阻まれてへこんでる場合じゃ無いwww
【松】